フィリップモリス決算発表とタバコ株の大幅下落 – 長期投資でのんびり資産運用

フィリップモリス決算発表とタバコ株の大幅下落

フィリップモリス(PM)の株価が一日で15.58%も下落しました。暴落といってもよいレベル。

決算発表があって、タバコの出荷量が減少していることがわかったのですが、そのことが売られる原因になったのでしょうか?

ほかにも、加熱式タバコのアイコスの日本での売上成長が鈍化していることも原因のひとつのようです。

でも、ここまで売られるほど減少しているわけでもない気がするのですが…。

スポンサーリンク

フィリップモリス(PM)が大幅下落

4/19までのフィリップモリス(PM)のチャートです。

それにしても、凄まじい出来高と大幅下落です!

PM-chart-20180419

タバコ株全般が軟調な推移

2018年になってからは、PMもそうですが、アルトリアグループ(MO)やブリティッシュアメリカン(BTI)、JT(日本たばこ産業)のどれもが株価は軟調な推移です。

有名な投資本であるジェレミー・シーゲルの株式投資の未来には、フィリップモリスのリターンの凄さについて書かれています。

簡単に説明すると、タバコ株というのは訴訟問題などの問題もあるために不人気銘柄で株価が低迷していたにもかかわらず、配当金を再投資させ続けた場合のリターンは驚くほど高かったという過去のデータが紹介されているのです。

株式投資の未来のデータはあくまでも過去のことなので、今後も同じことが繰り返されるかどうかはわかりません。

ただ、私はフィリップモリスを初めとするタバコ株を現時点で売却するつもりもないですし、まだ下落するのであれば、買い増しするつもりですが、まだ買値より高いので積極的に買い増ししていこうとは思えないので、もうしばらくは様子見です。

最近の軟調な株価推移で、タバコ株を保有することに不安をおぼえる人もいるかもしれませんが、私はフィリップモリスの潤沢なキャッシュフローを見ると、保有することに不安もありません。

保有継続することで、最終的に報われる投資になるのか、失敗に終わるかはわかりませんが、確固たる信念をもって臨んだ投資であれば、失敗しても素直に受け入れられます。

生活必需品は全般的に軟調な株価推移

タバコ株だけでなく、生活必需品銘柄は全般的に株価が冴えません。

P&Gやキンバリークラーク(KMB)、コカ・コーラ(KO)、コルゲート・パルモリブ(CL)、ゼネラルミルズ(GIS)、ウォルマート(WMT)など、どれも年初来でマイナスリターンです。

これらの企業はゆっくりとしか成長しませんから、増配率も低いです。

成長率が低いということは、株価の大幅上昇も期待できないですし、保有していてもつまらないです。

でも、米国株投資はこのつまらない企業に投資して配当金を再投資させる投資法を続けていきます。本当に配当金を再投資させていく投資法が今でも有効なのかが知りたいですから。

それにしても今年の米国株ポートフォリオは全般的に軟調です。

保有株のうち、年初来でプラスリターンな銘柄ってあまりないような気がしてます。ビザ(V)、マスターカード(MA)、ロッキード・マーチン(LMT)、ナイキ(NKE)ぐらいでしょうか。

心の平穏を保つためにも、ある程度は業績の伸びがそれなりに期待できる銘柄にも投資している方がいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA