【JT・MO・PM・BTI】保有するタバコ株が株価の下落で全て含み損に突入! | 長期投資でのんびり資産運用

【JT・MO・PM・BTI】保有するタバコ株が株価の下落で全て含み損に突入!

お金がない

保有するタバコ株は4銘柄あります。

  • JT(日本たばこ産業)
  • MO(アルトリア)
  • PM(フィリップモリス)
  • BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)

唯一、含み益を保っていたMOも中途半端な買い増しが原因で、とうとう含み損になってしまいました(泣)

MOの値頃感からの買い増しを2018年の11月頃と今年の8月に実施したせいで、平均買値があがってしまいました。

関連記事 アルトリアグループ(MO)を値頃感から追加投資し、買い増し分は10%の含み損に

関連記事 米国株はMO、GILD買い増し。日本株はJT、三菱商事など大型株を中心に買い

まさか、こんなに株価が下がるなんて…。

PMとMOの合併の話がでた時は、相対的に割安なMOにプレミアがつくと考えられたため株価が騰がったんですけど、その後プレミアなしでの合併という情報があり、暴落してしまいました。


2019/9/25にフィリップモリス、アルトリアグループ両社の合併協議が終了し、合意には至りませんでした。

“While we believed the creation of a new merged company had the potential to create incremental revenue and cost synergies, we could not reach agreement,” said Howard Willard, Altria’s Chairman and Chief Executive Officer. “We look forward to continuing our commercialization of IQOS in the U.S. under our existing arrangement.”

引用元:altria investor relations


タバコ株4銘柄すべてが含み損なんて、かなりつらい…。

含み損は全く気にならない人もいるかもしれないけれど、私はやっぱり含み損の銘柄があるとやっぱり辛いし苦しいです。

相当昔に投資していない限りは、タバコ株に投資している人は含み損を抱えている人が多いんじゃないでしょうか?

だって、アルトリアだって4年ぶりとか5年ぶりとかの安値更新ですからね!

スポンサーリンク

タバコ株の含み損は苦しくてつらいけど、配当金は心のオアシスになってる(笑)

先ほども書いたように、タバコ株4銘柄の全てが含み損です。

特に、含み損の額はJTが一番多い。

去年(2018年末)に損出ししてるのにも関わらずですよ。

下記のチャートはJTの1年チャートなので2018年の9月末頃からのものしかないけれども、2016年の初めごろからJTの株価はほぼ右肩下がりで下落しています。

2016年2月の株価が高いときは4800円を超える値がついていたけれども、今では半額以下の株価ですからね。

JT201909

含み損は気にならないか?と言われれば、もちろん気になりますし、つらいです。

気になるものは仕方ないですよね。

だって、含み損なんてない方がいいに決まってますから。

でも、タバコ株に投資していることを後悔していないので、心配で不安で仕方ないということはありませんし、夜もぐっすり眠れます。

まぁ、今後も喫煙者数はゆるやかに減少していくでしょうし、紙巻きたばこの需要も減っています。

成長の柱とされていた電子タバコは米国での規制や中国、インド、タイなどでは禁止されてますし。

電子タバコだけでなく加熱式タバコも、インドでは禁止のようですね。

そう考えると、タバコ株に投資するのは賢明な判断ではないのかもしれません。

でも、タバコ株への投資はやめるつもりはないですけど。

MO、PMは含み損だけど配当金を入れると損してない!!

驚くことにMOとPMは今まで受け取った配当金を入れると、プラスなんです。

配当金のありがたみを実感しています。

MOは値頃感から50ドル以上のときに買い増しを開始してしまったせいで、もう少し下がると配当金を入れても含み損になってしまうんですけどね。

値頃感からの買い増しは注意しないと危険だと再認識しました。

まとめ

タバコ株は株価の下落でどこも高配当です。

タバコ産業の将来を考えると今のままでは明るい未来は想像しがたいから、追加投資しにくいけれども、たばこ企業から受け取った配当金はきちんと再投資したいですね。

米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

 

モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。

株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、さまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA