2020年ダウの犬銘柄を紹介します! | 長期投資でのんびり資産運用

2020年ダウの犬銘柄を紹介します!

2019年は残念ながらダウの犬投資法はS&P500にもNYダウにもアンダーパフォームしてしまいました。

関連記事

ダウの犬投資法の2019年の結果は?NYダウに完敗でした

2020年はリベンジできるのでしょうか?

ダウの犬投資法とは、NYダウの構成銘柄の中でも負け犬ともいわれる高配当の10銘柄に均等額を投資して1年間銘柄の入れ替えなしに投資するというものです。

投資方法についての詳細はこちらの記事で確認してください。

オススメ ダウの犬戦略は有効なのか?

ダウの犬投資法は誰でも再現可能な投資法のわりには、なかなかのリターン。

ダウの犬投資法2019年結果

おまけに高配当銘柄への投資なので、銘柄選びが面倒だという人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

2019年のダウの犬投資法のポートフォリオ

まずは、2019年のダウの犬投資法のポートフォリオを紹介しますね。

2019年ダウの犬の構成銘柄は、下記の10社になります。

symbol 株価2019年末 配当利回り2019年末
DOW 54.73 5.21%
XOM 69.78 4.99%
IBM 134.04 4.82%
CVX 120.51 4.02%
VZ 61.4 4.05%
PFE 39.18 3.91%
MMM 176.42 3.39%
WBA 58.96 3.21%
KO 55.35 2.97%
CAT 147.68 2.80%

ちなみに、NYダウ構成銘柄で配当利回りが低い順に5銘柄並べてみると、

symbol 2019年末株価 配当利回り
V 187.90 0.65%
NKE 101.31 0.98%
AAPL 293.65 1.10%
DIS 144.63 1.20%
MSFT 157.70 1.32%

ダウの犬銘柄よりも、こっちの方がリターンが良さそうな気がしませんか?

でも、2019年が良かった分、その反動で2020年はイマイチということも十分考えられますけどね。

本来のダウの犬はダウの負け犬ともいわれているので、こちらのポートフォリオはダウの勝ち犬と呼ぶのがしっくりくるかも。

2020年はこのダウの勝ち犬ポートフォリオのリターンもウォッチすることにします。

2019年ダウの小犬投資法のポートフォリオ

参考までにダウの小犬投資法のポートフォリオも載せておきます。

2020年ダウの小犬構成銘柄は下記の5つです。

symbol 2019年末株価 配当利回り
DOW 54.73 5.21%
VZ 61.4 4.05%
PFE 39.18 3.91%
WBA 58.96 3.21%
KO 55.35 2.97%

ダウの小犬に関しての詳細はこちらの記事を読んでください。

関連記事

ダウの小犬戦略のパフォーマンス

2020年ダウの犬銘柄のWBAは非公開化を検討中

2020年のダウの犬銘柄10種の中にWBA(ウォルグリーン)が入っているけれども、非公開化を検討中との報道があります。

【ニューヨーク=西邨紘子】米薬局・医薬品流通大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが株式非公開化の検討に入った。ロイター通信などが5日、関係者の話として報じた。

ウォルグリーンのステファノ・ペッシーナ最高経営責任者(CEO)率いる経営陣が、複数の投資ファンド大手が示した株式買い取りの提案を検討しているという。ペッシーナCEOはウォルグリーン株の16%を保有する最大株主でもある。ウォルグリーンの時価総額は550億ドル規模とされ、実現すれば買収対象の資産を担保に資金を借り入れる案件で過去最大となる可能性がある。

米ブルームバーグ通信は、ウォルグリーンに株式の買い取りを提案したファンドにコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が含まれると報じた。ウォルグリーンは近年、処方薬流通・販売事業の伸び悩みや、米アマゾンなど他業種の参入による競争激化に直面している。

引用元:米ウォルグリーンが非公開化を検討か ロイター通信など

もしも、非公開化されてしまうとダウの犬のリターンがわかりづらくなってしまいます。

念のため、11位であるJNJをダウの犬に入れて、WBAを抜いたポートフォリオにする方が安全かもしれませんね。

2020年日本版ダウの犬10種についてはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

2020年の日本版ダウの犬銘柄と2019年のリターンを紹介します。

米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

 

モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。

株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、さまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。


スポンサーリンク

コメント

  1. Marshal より:

    初めまして。

    このブログは驚異的ですね。
    今まで色々な株式投資ブログを見て来ましたが、ここは投資において重要な書籍はほとんど全て網羅していますし、投資知識も投資手法も正統かつ王道です。レヴェルも非常に高いです。

    海外の文献や資料も、英文のままチェックされていますし、記事の内容から、かなり知的レヴェルが高い人物によって運営されていると思いました。

    株式投資に関する書籍を出版したり、投資セミナーを開催できるレヴェルですね。それも他を圧倒できるレヴェルで。

    自分自身、書物は何万冊と所有しており、同世代の人間の中では読書家の方だと思っていますが、こちらのブログ主も相当な読書家だと思いました。

    これからも楽しみに読ませて戴きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    追伸

    私自身は、バブル崩壊後 30 年間もの長きにわたり低迷し続けて来た日本株とは対照的に、長期にわたって米国株は上昇し続けて来た為に、現在「割高」な水準になっていると判断しています。逆にバブル崩壊後、30 年にわたり低迷し続けた日本株は、かなり割安な水準で、 2021 年以降は世界の中でも最も良い投資先になると考えています。

    (2020 年は、割高な米国株の暴落(調整)、さらに中国、韓国、北朝鮮、イギリス、ドイツ、フランスなどが経済的に悪化する可能性が高く、その煽りを受けて日本株も一時的に下落あるいは低迷するリスクがあるので、なんとも言えません)。

    ということで、米国株(インデックス)の積み立て投資は続けますが、メインの投資先は米国株から日本株に大幅にシフトさせています。

    (もちろん、一時的な暴落(調整)の後、超長期的には米国株は過去同様に上昇して行くでしょう)

    ブログ主のお考えや見通しを伺えたら、とても光栄に思います。

    • もも より:

      Marshalさん、コメントありがとうございます。

      ブログを楽しんでいただけているようで、とてもうれしく思います。
      ただ、私は株式投資が好きな平凡な主婦ですので、買いかぶりすぎです(^^;)

      2020年の株式市場についてですが、どうなるかはわかりません。(申し訳ないです)
      全体的に米国株は日本株と比べると少々割高な気もしますが、低金利ですから今くらいの株高は許容範囲ではないでしょうか。

      日本株、米国株に関わらず、業績のよい企業へ投資していれば、少々割高でも長い目でみれば報われるでしょう。

      バフェットは2018年の秋ごろのインタビューで米国債30年物と比較していると発言しています。
      よければ、そのときのバフェットのインタビューを元に記事を書いているので読んでみて下さい。

      バフェトが言うような魅力的な企業を妥当な価格で買うというのは簡単ではないですけど…。
      そもそも妥当な価格を見積るのは非常に難しいです。

      米国株についての記事が多いブログですが、私自身は日本株をメインに取引しています。
      個人的には米国株よりも日本株の方が利益を出しやすいです。

      恥ずかしながら銘柄選択が下手なせいで、米国株の個別株投資は毎年のようにS&P500をアンダーパフォームしているような状況なので、今はまだ米国株を資産運用のメインにはできそうにありません。

      世界経済はどうなるか?については予想もつかないので、今まで通りに今年も日本株をメインにして、米国株投資は今まで通り続けていく予定です。

  2. Marshal より:

    ももさん

    ご高見、誠にありがとうございます。

    確かに、投資雑誌「ZAI」その他で有望株として注目を集めていた某不動産会社・社長の電撃的逮捕に伴う株価のストップ安など、ごく一部の関係者はともかく、一般の日本人には予想もできなかったことでしょうし、ましてや遠き異国の米国人には予測は不可能だったでしょうから、我々が日本から米国や、その他の外国株に投資するのは同様の困難さがありますね。仮に、ごく一部の人間が事前に知り得たとしても、それはそれで「インサイダー取引」の疑いが出て来てしまいますし・・。

    貴ブログは、ブログ主の豊富な読書量に基づく知識と、それを支える知力によって書かれているので、とても面白いです。今後も楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます

    • もも より:

      Marshalさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      プレサンスコーポの社長逮捕の報道はビックリしました。
      社長が逮捕される2週間ほど前にも従業員が逮捕されたとの報道がありましたけど、社長まで逮捕されるとは…。
      こういうことって事前にはわからないので、投資していた場合は不運としが言いようがありませんよね。

      Marshalさんに今後もブログを楽しんでもらえるように頑張ります。
      またのお越しをお待ちしております。

Marshal にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA