ダウの犬投資法の2019年の結果は?NYダウに完敗でした

 

2019年の株式市場も終了しました。

 

最後はNYダウは少しだけ上昇して終了でした。

自身の米国株ポートフォリオは、またもやS&P500にアンダーパフォームしてしまいましたが、1年を通して穏やかというか安定していたように思います。

 

1年前の今頃は、日本株も米国株も急落していましたから。

 

さて、今年もダウの犬投資法のリターンはNYダウを上回るのかをチェックしました。

 

ダウの犬投資法とは、NYダウの構成銘柄の中でも負け犬ともいわれる高配当の10銘柄に均等額を投資して1年間銘柄の入れ替えなしに投資するというものです。

 

ダウの犬投資方法についての詳細はこちらの記事で確認してください。

オススメ ダウの犬戦略は有効なのか?

 

 

 

2019年ダウの犬投資法の結果は+15%でダウの完敗!

 

ダウの犬投資法のリターンは+15.5%。

ちなみにダウの小犬のリターンは+5.8%でした。

 

S&P500とNYダウのリターンも記載しておきます。

  • S&P500のリターン 29%%
  • NYダウのリターン  22.8%

 

2019年はNYダウにもS&P500にもアンダーパフォームしています。

 

 

2019年ダウの犬投資法の構成銘柄と1年間のリターン

まずは、2019年のダウの犬投資法のポートフォリオを紹介しますね。

2019年ダウの犬の構成銘柄は、下記の10社になります。

 

symbol株価2018年末株価2019年末リターン
IBM113.67134.0417.92%
XOM68.1968.192.33%
VZ56.2256.229.21%
CVX108.79120.5110.77%
PFE43.6539.18-10.24%
KO47.3555.3516.90%
JPM97.62139.442.80%
PG91.92124.935.88%
CSCO43.3347.9610.69%
MRK76.4190.9519.03%

 

PFE(ファイザー)のみがマイナスリターン。しかも10%を超えるマイナスです。

一番値上がりしたのが、JPM(JPモルガン)でなんと+43%。

PG(プロクター&ギャンブル)も+36%と健闘しています。

 

PGは保有株ですが、めでたく買値から2倍以上に値上がりしたので半分を利益確定し、残りは恩株として配当金が支払われ続ける限りは保有する予定。

コストゼロで配当金が積みあがっていきます!

関連記事

【PG】株価2倍で半分売却し投資元本回収。残りは恩株として永久保有かな

 

 

 

2019年ダウの小犬投資法のポートフォリオ

参考までにダウの小犬投資法のポートフォリオも載せておきます。

 

symbol株価2018年末配当利回り2018年末
CSCO43.333.04%
PFE43.653.30%
KO47.353.29%
XOM68.194.81%
VZ56.224.29%

 

 

 

過去10年のダウの犬投資法のリターンを指数と比較

 

過去10年のダウの犬投資法とNYダウ、S&P500のリターンをグラフにしてみました。

グラフにするとわかりやすいです。

 

ダウの犬投資法は単純な投資法ですが、S&P500と比較しても遜色ないくらいのリターンなのです。

2019年は完敗でしたけど、2018年までは6年連続でS&P500をアウトパフォームしています。

 

しかも、ダウの犬銘柄は配当金も多いです。

 

ダウの犬投資法2019年結果

 

2020年もダウの犬投資法のリターンをチェックしていきます。

 

ダウの犬投資法の有効性や投資法に関しては、下記の書籍がわかりやすいです。

 

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2019/12/31
[最終更新日]: 2020/01/01
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事