【2020年】S&P500配当貴族指数の構成銘柄は大幅増加!

 

老後は配当金生活を目標にしています。

夫婦二人の生活費が配当金でまかなえるレベルになれば、年金がもらえなかったり、70歳から受給開始になったとしても問題ないです。

 

一番大きな安心は、何歳まで生きようがお金で悩むことがなくなること。

配当金生活ができるほどの資産を保有していれば、何かあった際に子供や孫への援助も可能でしょうし。

 

配当金生活を手に入れるのは簡単ではないけれども、目標達成まではあきらめません(笑)

 

配当金生活するためには配当金が滞りなく支払われる企業への投資が不可欠です。

 

あなたなら、どうやって投資先を選びますか?

絶対的な正解はないけれども、S&P500配当貴族指数の構成銘柄は25年以上の連続増配している優良企業なので、配当金生活のポートフォリオに組み入れる参考にはなります。

 

 

配当貴族指数の条件は3つ

 

S&P500配当貴族指数の構成銘柄になるための条件は3つ。

  • 25年以上連続増配
  • S&P500構成企業
  • 優良大型株

この3つの条件を全て満たすものが、配当貴族指数に採用されます。

 

S&P500配当貴族指数を構成する企業は適宜(四半期ごと?)見直しされるので、毎年数銘柄の入れ替えがあることが多いです。

 

 

【2020年】S&P500配当貴族指数の構成銘柄

 

2020年は2019年と比べて7銘柄も増えました。

 

新規組み入れ企業は下記の7銘柄。

  • Albermarle Corp(ALB)
  • Amcor PLC(AMCR)
  • Atmos Energy Corp(ATO)
  • Essex Property Trust (ESS)
  • Expeditors International (EXPD)
  • Realty Income Corp (O)
  • Ross Stores (ROST)

 

聞きなれない企業が多いですね。

 

2020年も2019年に引き続き、除外されたものはありませんでした。

 

2018年まではS&P500配当貴族指数の構成銘柄も50銘柄くらいだったのが、最近は増加傾向にあります。

 

今年は64銘柄で構成されています。

 

構成銘柄ティッカー増配年数セクター
DoverDOV64Industrials
Emerson ElectricEMR63Industrials
Genuine PartsGPC63Consumer Discretionary
Procter & GamblePG63Consumer Staples
3MMMM61Industrials
CincinnatiCINF59Financial Services
Johnson & JhonsonJNJ57Healthcare
Coca-ColaKO57Consumer Staples
Lowe’sLOW57Consumer Discretionary
Colgate-palmoliveCL56Consumer Staples
Homerl FoodsHRL54Consumer Staples
Federal Realty Investment TrustFRT52Real Estate investment trust
Stanley Black & DeckerSWK52Industrials
TargetTGT52Consumer Staples
SyscoSYY50Consumer Staples
Becton DickinsonBDX48Healthcare
W W GraingerGWW48Industrials
Leggett & PlattLEG48Consumer Discretionary
PPG IndustriesPPG48Basic Materials
Kimberly ClarkKMB47Consumer Staples
NucorNUE47Basic Materials
PepsicoPEP47Consumer Staples
VF CorporationVFC47Consumer Discretionary
AbbVieABBV47Healthcare
Abbott LaboratoriesABT47Healthcare
S&P GlobalSPGI46Industrials
Wal-Mart StoresWMT46Consumer Staples
Automatic Data ProcessingADP45Industrials
Consolidated EdisonED45Utilities
Illinois Tool WorksITW45Industrials
Archer Daniels MidlandADM44Consumer Staples
McDonald’sMCD44Consumer Discretionary
PentairPNR44Industrials
Walgreens BootsWBA44Consumer Staples
CloroxCLX42Consumer Staples
MedtronicMDT42Healthcare
Sherwin-WilliamsSHW41Basic Materials
Franklin ResourcesBEN40Financial Services
AflacAFL37Financial Services
Air Products & ChemicalsAPD37Basic Materials
CintasCTAS37Industrials
Exxon MobilXOM37Energy
Brown-FormanBFB36Consumer Staples
AT&TT36Communications
Atmos Energy CorpATO36Utilities
McCormick &  CoMKC34Consumer Staples
T.Rowe PriceTROW33Financial Services
Cardinal HealthCAH32Healthcare
Chevron CorpCVX32Energy
EcolabECL28Basic Materials
General DynamicsGD28Industrials
PraxairPX27Basic Materials
Roper TechnologiesROP27Industrials
A.O. SmithAOS27Industrials
People’s United FinancialPBCT27Financial Services
Chubb LimitedCB26Financial Services
United TechnologiesUTX26Industrials
CaterpillarCAT26Industrials
Albermarle CorpALB25Basic Materials
Amcor PLCAMCR25Basic Materials
Essex Property TrustESS25Real Estate
Expeditors InternationalEXPD25Industrials
Realty Income CorpO
25Real Estate
Ross StoresROST
25Consumer Discretionary

 

2017年から2019年の配当貴族指数の構成銘柄についてはこちらの記事を見てください。

関連記事

S&P500配当貴族指数の構成銘柄と増配年数【2019年】

 

関連記事

S&P500配当貴族指数の構成銘柄【2018年】

 

関連記事

S&P500配当貴族指数の構成銘柄【2017年】

 

各企業の配当利回りについても記事にしています。

関連記事

配当貴族指数構成銘柄の配当利回りランキング【2019年2月】

 

 

 

リターン対決!S&P500配当貴族指数 vs S&P500

 

S&P500配当貴族指数とS&P500の10年間のリターンを比較してみます。

S&P500配当貴族指数パフォーマンス

出所:S&P500 Dow Jones Indices

 

  • S&P500の10年の年率リターンは+14.03%
  • S&P500配当貴族指数の10年の年率リターンは+14.80%

 

ということで、配当貴族指数の方がリターンはよかったです。

 

 

S&P500配当貴族指数に投資する方法

 

S&P500配当貴族指数に連動することを目的としたETFにはNOBLがあります。

でも、残念ながら日本のネット証券では取り扱いがない。

 

だから、S&P500配当貴族指数に投資したい場合は投資信託を利用して積立しましょう。

  • SMT米国配当貴族インデックス・オープン
  • Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族(野村)

 

SMT米国配当貴族インデックスオープン、Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族が買える主なネット証券は下記になります。

 

ただ、通常のインデックスファンドと比べると信託報酬を含む管理費用は高めです。

 

  • SMT米国配当貴族インデックス・オープン(0.605%)
  • Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族(0.55%)

 

ちなみに、楽天・全米株式インデックスファンドの信託報酬を含む管理費用は0.162%です。

 

長期で積立てる場合はコストがリターンに与える影響は大きくなっていくので注意が必要です。

 

 

 

2020年配当貴族指数のまとめ

 

S&P500のリターンは大半のアクティブファンドよりも高いですが、配当貴族はS&P500よりもさらに高い。

 

しかも、市場が下落しているときには配当貴族指数に優位性があることがわかっています。

 

長期投資を前提に銘柄選択するのであれば、配当貴族指数の構成銘柄を参考にしてみるのもよいでしょう。

 

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/01/27
おすすめの記事