2020年の日本版ダウの犬銘柄と2019年のリターンを紹介します。

 

米国ではダウの犬投資法はそこそこ良いリターンをあげますが、日本版ダウの犬投資法も例外ではないです。

 

関連記事

日本株でも米国株でもダウの犬戦略は有効!

 

 

2020年日本版ダウの犬の構成銘柄について

 

日本版ダウの犬投資法ではどうやって銘柄を決めるのでしょうか?

日経平均採用銘柄の中でも特に時価総額が大きく流動性の高い企業で構成されたTOPIX Core30の中から選びます。

 

日本を代表する大型株という認識でよいです。

 

TOPIX Core30の中で配当利回りが高い順に上位10銘柄を選んで、日本版ダウの犬とします。

 

 

2020年の日本版ダウの犬10銘柄を紹介

 

TOPIX Core30の中で配当利回りが高い順に上位10銘柄を選びました。

 

企業名株価配当利回り
日本たばこ産業2432.56.33%
キヤノン2986.55.36%
三菱商事29004.55%
三井住友FG43084.46%
みずほFG168.34.46%
三菱UFJ593.24.21%
武田薬品工業43324.16%
三井物産19464.11%
NTTドコモ30383.95%
東京海上61193.68%

※株価は2019/12/30終値

 

この10社を金額が均等になるように投資するのが日本版ダウの犬投資法です。

 

2019年の日本版ダウの犬10種とあまり顔ぶれは変わりません。

  • ホンダ
  • NTT

が抜けた代わりに、

  • キヤノン
  • 東京海上

が組み入れられました。

 

日本版ダウの犬投資法の結果は2020年末に発表したいと思います。

 

 

2019年日本版 ダウの犬投資法のリターンは?

 

以前、2019年日本版ダウの犬投資法について記事を書いています。

関連記事

2019年日本版ダウの犬構成銘柄は?

 

企業名株価(2019/8/1)株価(2019/12/30)配当利回り
日本たばこ産業2408.52432.56.39%
武田薬品工業390443324.61%
本田技研工業2722.530994.11%
三井物産176319464.54%
三菱商事288429004.33%
三菱UFJフィナンシャル539.1593.24.64%
三井住友フィナンシャル382040384.71%
みずほフィナンシャル159168.34.72%
日本電信電話493627573.85%
NTTドコモ2621.530384.58%

 

上記の10種は2019/8/1の終値で選んだ日本版ダウの犬です。

 

この結果はどうだったでしょうか?

 

 

日経平均の2019/8/1の終値は21540.99でした。

そして、2019/12/30の終値は23656.62なので、この期間の日経平均のリターンは+9.82%

 

一方、日本版ダウの犬10種のこの期間のリターンは+8.59%です。

 

残念ながら、2019/8/1から年末までのリターンは日経平均の方がよかったです。

 

リターンが高いTOP3は、

  1. NTTドコモ 15.89%
  2. ホンダ   13.83%
  3. NTT    11.71%

NTTドコモはこれだけ騰がっても、2020年の日本版ダウの犬に残ってるくらい高配当です。

 

 

まとめ

 

JTを筆頭に高利回りの大企業はそれなりに多いですね。

 

株価がグダグダのJTは今年は挽回できるかな?

保有株なので頑張って欲しいですが…。

 

JTは連続増配株なんだけど、今年も増配はあるのか?に注目しています。

今でも配当性向は高すぎるくらいなので、あまり期待はしていません。

減配にならないように願うのみ(笑)

 

本家のダウの犬投資法の2020年10種についてはこちらをどうぞ。

オススメ

2020年ダウの犬銘柄を紹介します!

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/01/05
おすすめの記事