毎年貯めなければいけないお金(貯蓄率)はどのくらい? – 長期投資でのんびり資産運用

毎年貯めなければいけないお金(貯蓄率)はどのくらい?

経済評論家の山崎元さんの記事で興味深いものを読みました。

毎年マジで貯めないとヤバイ金額はいくらか

よく老後資金には1億円必要とか、3000万円は必要とか色々と見聞きします。

だけど、老後の生活に必要となる金額は各人で違うのは当然ですよね。だって、生活スタイルも家族構成も収入も違うのですから。

この記事によると人生設計の基本公式というものがあるそうで、この公式を用いればその人の必要な貯蓄率がわかるのです。

自分に必要な貯蓄率がわかれば、老後の生活資金についての不安を煽るような情報に振り回される必要はありません。

スポンサーリンク

人生設計の基本公式

個々人の現在から将来にかけての可処分所得(手取りの年収)を基準にして、「老後は現役時代の何倍(普通は「ゼロ点何倍」)の生活をしたいか」に対して「今後の現役時代に可処分所得のうちいくらを貯蓄したらいいのか」を求める計算式を作ってみました。%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e5%85%ac%e5%bc%8f

出典元:毎年マジで貯めないとヤバイ金額はいくらか

老後の生活比率は、現役時代の手取り収入の何割で生活したいかによって自分で数字を変えて計算してみます。

現役時代の手取りの8割で計算したり、6割で計算したりと自分でシミュレーションできます。

ただ、FPは一般的に老後の生活費は現役時代の7割必要と考えている人が多いようですよ。

この公式にあてはめていくと、必要な貯蓄率が簡単に算出できますし、退職金や保有している資産を考慮した形で算出できるのでとても便利です。

ただ、難しいのが年金額ではないでしょうか。

この額については毎年送られてくる年金定期便で確認すればいいそうです。

この年金定期便の数値は信頼してもよいものなのかどうか、不安なのですけどね。

一番手堅く考えるならば、この年金額を完全なゼロで考えることかな?

もしくは厚生年金の部分は含めずに、国民年金分くらいは最低でも給付してもらえると考えるのが安心かもしれません。

子供の教育費を考慮する場合

先程の人生設計の公式を使って、子供の教育費にどれくらいなら無理なく支出できるかについても計算することが可能。

子供の教育費などを考慮する場合は、現在資産額から想定する教育費を差し引いたもので考えればいいみたい。

教育費だけにとどまらず、住宅購入資金やその他、大きな支出に関しても考慮して計算できるので本当にすごく便利です。

リスク資産はどう考えるのか?

現在の資産については、リスク資産を入れて計算したとしても運用次第では減ったり増えたりします。

殖えたならば、毎年の必要な貯蓄率が下がるだけなので問題ないけれど、大きくマイナス運用になってしまうと、毎年の必要な貯蓄率が上がってしまうので、しんどくなってきますね。

我が家の場合は、リスク資産の割合が大きいので現在の保有資産額を控えめにして計算してみました。

いつも最悪ケースを想定して行動しておくと、余裕があるのでわりと安心できます。

豊かな老後生活を送るために、現時点での必要な貯蓄率を簡単に計算できるのでやってみてはいかがでしょうか。

しっかりとした数値が出てくれば、むやみやたらに老後貧乏や老後破産などという言葉に惑わされたり、不安になったりしないのではないでしょうか。

でも、あくまでも目安として利用した方がいいとは思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA