米国株(ナスダック100)配当利回りランキング、値上がり益も狙える?

 

米国株式市場を代表する指数のひとつであるナスダック総合指数は、コロナショックがあったにも関わらず、2020/6に過去最高値を更新しました。

 

ハイテク株の値上がりが本当にすごいです。

 

また、ナスダック総合指数から金融を除いた時価総額上位100位の時価総額加重平均によって算出されるナスダック100指数というものが存在します。

 

今をときめくグロース株は無配の企業も多いのですが、アップル(AAPL)やマイクロソフト(MSFT)もナスダック100を構成する企業です。

 

数年前にこういった企業に投資していればなぁとちょっと後悔しています(笑)

 

ナスダック100を構成する企業の配当利回りを調べたので紹介します。

 

 

ナスダック100指数とは?

 

米国株で有名な指数といえば、NYダウやS&P500、そしてナスダック総合指数、ナスダック100指数もあります。

 

ナスダック100指数(NASDAQ-100)は、アメリカ合衆国(米国)のNASDAQ(ナスダック市場)に上場する、非金融業(金融セクター以外)の時価総額と流動性が高い上位100銘柄で構成される、浮動株調整済時価総額加重平均方式の株価指数をいいます(対象銘柄には、米国以外の企業の株式も含む)。これは、1985年2月1日を基準日とし、その日の時価総額を125として算出され、また定期的な採用銘柄の入替えは毎年12月に行われますが、それ以外にも臨時に入替えが行われることがあります。

一般にNASDAQにおいて、「ナスダック総合指数」が全ての上場銘柄で構成されのに対して、ナスダック100指数は金融以外の時価総額上位100銘柄のみから構成されるのが大きな違いとなっています

引用元:iFinance ナスダック100指数

 

ナスダック100を構成する米国株の配当利回りランキング

 

では、ナスダック100を構成する米国株の配当利回りを見てみましょう。

 

企業 ティッカー 株価 配当利回り
Kraft Heinz KHC 31.80 5.03%
Broadcom AVGO 300.25 4.66%
Walgreens Boots Alliance WBA 41.40 4.54%
NetApp NTAP 42.46 4.52%
Exelon EXC 37.91 4.13%
PACCAR PCAR 73.17 4.02%
Gilead Sciences GILD 73.20 3.85%
Maxim Integrated Products MXIM 57.15 3.50%
Paychex PAYX 73.76 3.38%
Fox B FOX 27.95 3.29%
Fox A FOXA 28.29 3.25%
Cisco Systems CSCO 45.07 3.22%
Pepsi PEP 129.00 3.20%
Texas Instruments TXN 123.97 3.19%
QUALCOMM QCOM 85.24 3.09%
Amgen AMGN 217.90 3.08%
XCEL Energy XEL 63.65 2.77%
Automatic Data Processing ADP 147.01 2.68%
Fastenal FAST 40.06 2.65%
Mondelez International MDLZ 50.73 2.40%
Comcast A CMCSA 39.46 2.38%
Intel INTC 59.33 2.29%
Starbucks SBUX 76.38 2.26%
Analog Devices ADI 118.41 2.13%
KLA KLAC 184.69 1.84%
Xilinx XLNX 90.70 1.69%
Lam Research LRCX 284.52 1.67%
NetEase NTES 409.48 1.62%
Cognizant Technology CTSH 54.80 1.61%
Applied Materials AMAT 56.55 1.57%
CSX CSX 69.57 1.55%
NXP Semiconductors NXPI 106.17 1.54%
CDW CDW 114.10 1.52%
Skyworks Solutions SWKS 126.91 1.51%
Microchip Technology MCHP 99.63 1.48%
eBay EBAY 47.66 1.38%
Microsoft MSFT 187.74 1.17%
Cintas CTAS 266.20 1.09%
Cerner CERN 66.96 1.08%
Citrix Systems CTXS 140.74 0.99%
Apple AAPL 338.80 0.99%
Sirius XM Holdings SIRI 5.93 0.97%
Costco Wholesale COST 298.70 0.96%
Intuit INTU 280.68 0.82%
ASML Holding ASML 343.07 0.74%
Verisk Analytics VRSK 162.67 0.69%
Activision Blizzard ATVI 71.68 0.60%
NVIDIA NVDA 357.30 0.19%

※2020/6/12終値での配当利回り

 

ナスダック100には上記の銘柄以外にも無配の企業も含まれます。

たとえば、アルファベット(GOOGL、GOOG)、ネットフリックス(NFLX)、アドビ(ADBE)などは無配です。

 

 

ナスダック100の配当利回りランキングまとめ

 

ナスダック100を構成する企業で配当利回りは、5%を超える高配当株はクラフトハインツ(KHC)のみ。

 

無配の企業を除いた平均配当利回りは2.27%なので、平均的な米国株の配当利回りといえるかな。

無配の企業を入れた場合のナスダック100の配当利回りは1.06%まで下がります。

 

マイクロソフトやアップルは、ニューヨーク証券取引所にも上場していてダウ構成銘柄の優良企業ですが、配当利回りは高くはない。

株価の値上がりが凄いですから、配当なんて霞んで見えますね。

 

連続増配株である配当貴族指数を構成する企業の配当利回りについての記事です。

関連記事

【連続増配株】配当貴族指数構成銘柄の配当利回りを調査

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2017/05/02
[最終更新日]: 2020/06/14
コメント一覧
  1. ガチャピン より:

    超長期目的で、ランキングに掲載されている銘柄全てに投資・保有しています。
    リーマンショック後の平成21年(2009年)3月上旬に安値(成り行き)でまとめて購入しました。
    大変有難い事です。還って、旨く行きました。

    • もも より:

      ガチャピンさん、コメントありがとうございます。

      恥ずかしながら、このランキングに書いてある企業で知らないところもありました。
      まだまだ勉強不足なのです(^_^;)

      2009年3月というと底値付近でしょうか?
      素晴らしいタイミングでの投資ですね!
      さすがです。
      今度、同じようなチャンスが到来した際には、果敢に買えるように資金の準備はしておきたいです。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事