マネックス証券で米国株の配当金再投資が自動で可能になる!

米国株投資をしている証券会社はマネックス証券です。

今までは振り込まれた配当金を手動で再投資していましたが、今後はマネックス証券で自動で配当金再投資できるようになります。(2021年6月6日から登録受付スタート)

 

SBI証券や楽天証券といった大手のネット証券では、自動で配当金再投資できる仕組みはありません。

今までマネックス証券で米国株投資やっててよかったと思いました(笑)

 

2021年の6月上旬からスタートなんですけど、詳細な日程はまだ決まってないです。

早く始まってほしい、、、。

 2021年6月6日から登録受付スタートになります

 

マネックス証券で配当金再投資が自動でできるとなると、心理的に買いたくない場面(株価が大暴落しているなど)でもしっかりとメンタルに左右されずに投資できることになるので、あなたも利用した方がいいですよ!

 

\米国株投資で自動で配当金再投資できる/

今なら為替手数料が無料!

 

 

マネックス証券での米国株定期買付サービスは配当金再投資と毎月買付の2種類

 

マネックス証券で2021年6月6日からスタートする定期買付サービスは2種類あります。

マネックス証券の定期買付サービス
  1. 配当金再投資サービス
  2. 日付指定 定期買付サービス(毎月買付)

 

配当金再投資サービスも毎月買付サービスも、課税口座だけでなくNISA口座でも利用可能です。

 

どちらのサービスも買付手数料は普通に米国株を売買するときの手数料と同じです。

マネックス証券の米国株の売買手数料については、こちらの記事に書いてありますので参考にしてください。

関連記事

楽天証券とマネックス証券、SBI証券の米国株最低手数料ゼロ円!配当金再投資しやすくなる

 

2つの定期買付サービスの詳細を解説します。

 

マネックス証券の米国株の配当金再投資サービスについて解説

マネックス証券での米国株の配当金再投資サービスの5つのメリットがあると考えています。

  • 配当金再投資する銘柄を選べる
  • 配当金再投資する金額を設定できる
  • 配当金が少なすぎて1株買えないときでも預り金から充当して買付できる
  • まだ保有していない銘柄でも約定を待つことなく配当金再投資の設定ができる
  • 株価の下落など買付しにくい心理状況でもきちんと買付できる

 

マネックス証券の配当金再投資については、かなり使い勝手のいいサービスになります。

 

自分で配当金を再投資する銘柄や配当金額を自分で設定することができるというのが大きなメリットです。

保有株の中でも配当金は再投資せずに、ほかの銘柄の買付資金にしたい銘柄もありますよね?

売却するほどでもないけれど割高な水準にまで達しているような銘柄は、配当金再投資せずに違う銘柄の買付資金にしたい保有株もあるので、銘柄を選べるのはうれしいです。

 

配当金再投資する金額の上限も自分で設定できるので、残りの配当金は違う銘柄の買付資金にもできますよ。

 

すごいなと思ったのが、注文中でまだ約定していない銘柄でも事前に配当金再投資の設定ができるので、約定後にわざわざログインして設定しなければならないという手間を省いてくれます。

それに、配当金が少なくて1株も買えない場合にも預り金から不足分を充当してくれるところも大きなメリットです。

 

また、自動で配当金再投資することで買付しにくい心理状況でもきちんと買付できるのも大きなメリットです。

どういうことかというと、買い増しするべき時(需給の関係で売られるとき)にきちんと実行してくれるということです。

 

株式市場が低迷しているような時って、買い増しした方がいいと頭ではわかっていても含み損が大きいなどの理由で買い増しするのが怖いときってあるんです。

17年も投資していても、買い増しするのが怖い時って本当にあるんですよ。

 

でも、このような恐怖の中で買い増しした銘柄は後に大きなリターンをもたらしてくれることが多いです。

100%確実ではないですし、中にはさらに下落し続けることもありますけどね。

 

注意してほしいのは、マネックス証券の配当金再投資サービスは保有しているだけでは配当金再投資されません。

最初に配当金再投資サービスの設定をする必要があります。

 

マネックス証券の米国株の日付指定 定期買付サービス(毎月買付)について解説

マネックス証券での米国株の毎月買付サービスには2つのメリットがあると考えています。

  • 定額で個別株に毎月積立感覚で投資できる
  • ボーナス月は通常時とは違う金額設定ができる

日付指定 定期買付サービス(毎月買付)については、すでにネット証券大手のSBI証券でも同じようなサービスが既に導入されているので、特に驚きはありませんでした。

 

 

定期買付サービスができることで、個別株も積み立て感覚で投資していけるので便利なサービスです。

忙しくてなかなか投資に時間を割けない人でも、一度設定してしまえばあとは自動で買い付けてくれるので、しっかりと設定しましょう。

 

マネックス証券で米国株の配当金再投資サービスについてのまとめ

 

2021年6月6日にスタートするマネックス証券の米国株配当金再投資サービスと毎月買付サービスについて解説しました。

 

配当金再投資サービスは待ち望んでいたサービスです。

買付手数料が無料ならもっとよかったのですが、自分で再投資しなくてもよくなったのでラクになります!

 

SBI証券や楽天証券も追随してくる可能性はありますね。

 

\米国株投資で自動で配当金再投資できる/

今なら為替手数料が無料!

 

 

 

ポートフォリオはアプリを使ってしっかり管理しよう!

カビュウ

 

カビュウは資産増減やポートフォリオの変化をグラフ表示してくれる投資管理アプリです。

証券口座を登録することで、毎日自動で株式の売買履歴や資産推移を自動で集計してくれる便利なアプリで無料でも使えます。

 

売買履歴も見れるし、ポートフォリオの管理を自動でできるのでとても便利なのでおすすめです!

 

日本株だけでなく、米国株にも対応しています。

日米株の決算スケジュールが表示されるので、かなり便利なアプリなんです。

 

ただし、日本株の管理は無料だけど、残念ながら米国株の管理は有料です。

初月は無料なので、使い勝手を試してみるのもアリです!

※米国株はSBI証券、楽天証券、マネックス証券にのみ対応しています。

 

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

Tecotec Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2021/06/01
[最終更新日]: 2021/06/05
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事