アイキャッチ

 

今年の春ごろからJ-REITへの投資を開始しました。

なぜかというと、とある日本株を利益確定したのでキャッシュポジションが大きくなるのを避けたかったのと、受け取る配当金が減るのが嫌だったので、代わりとなるような投資先はないかなと探していたところ、J-REITの株価がだらだらと下げ続けていて利回りが高くなっていることに気付いたからです。

 

金融庁が毎月分配型の投資信託を批判したことから、毎月分配型の投資信託の顧客離れが進んでいるという記事を読みました。

そして、金融機関の販売自粛や顧客離れにより、J-REITへ投資していた毎月分配型の投資信託が売り越してきたのもJ-REIT下落の一要因のようです。

 

J-REITやインフラファンドは利回りで買う投資商品だと考えているので、利回りが高いときに投資することにしました。

また、資金調達のこともあるのでスポンサーがある程度しっかりしたREITを保有しています。

関連記事 REITのETFは高利回りになったタイミングで投資する

 

本当はリスク低減のためにも、REITのETFを保有したいのだけど、ETFだと利回りがいまいちなので個別のREITを保有しています。

 

日本株だと大概の企業の決算は3月、6月、9月、12月のいずれかが多いので、配当金を受け取る月が偏ってしまいます。

老後のことを考えると、なるべくならどの月も均等に配当金は受け取りたいです。

 

J-REITは決算月がバラバラなので、うまく組み合わせてポートフォリオを構築すると、毎月のように配当金を円で受け取ることができるのです。

 

毎月のように配当金を受け取りたい場合のポートフォリオ

 

日本株投資をメインにしていると、どうしても配当金を受け取る時期は偏ってしまいます。

私の場合だと、3月決算の企業が多いので、配当金受取は6月、12月が突出して多くなります。

一方で、2月や8月はほとんど配当金は受け取れません。

 

今はまだ配当金は全額再投資しているので、まとまって受け取ると再投資しやすいから便利なのですが、配当金を使っていく段階になるとどの月であっても満遍なく受け取りたいです。

それが無理でも、ほとんど配当金を受け取れないという月を作りたくないです。

 

では、どうすればよいのか?

対処法としてぱっと思いつくのが2つ。

  1. 外国株へ投資して、外貨建てで配当金を受け取る
  2. J-REITも利用して、配当金の受取時期をずらす

 

外国株へ投資して、外貨建てで毎月配当金を受け取る方法

老後は配当金生活がしたいという思いが強いので、今後も増配が見込めそうな米国株を柱にポートフォリオを作ろうとしています。

実際に米国株に投資することで、少ないながらも毎月のように配当金を受け取ることができるようにはなりました。

関連記事 毎月配当金を受け取れるポートフォリオ

 

ただ、外国株投資は銘柄選択さえ間違わなければ日本株に比べて減配しにくいというメリットはあるけれども、デメリットも当然あります。

 

考えられるデメリットは、3つ。

  • 米ドルで受け取って円転するのは面倒
  • 日米での税金が30%近く引かれる
  • 円転するのに為替手数料がかかる

 

ドルのまま使えるのが一番良いけれども、使うとしても旅行のときくらい。

大半は円転することになる。

円に戻すときに円安なのが理想だけど、為替がどうなってるかなんて想像もつかないです。

 

とりあえず受け取った配当金を使い始めるのはまだまだ先の予定なので、少しずつどうするのかを考えていきたいです。

 

ポートフォリオの一部にJ-REITもいれて毎月配当金や分配金を受け取る方法

以前に上場しているJ-REITを調べた時の一覧が下記の表です。

どうでしょうか?決算月が見事に分散されてます。

上場企業の決算が少ない1月や5月、7月、11月が決算月というREITも散見されます。

だから、うまくJ-REITも組み合わせることで、円建てで毎月のように配当金を受け取ることができるようになります。

 

コード銘柄用途区分決算期
8951日本ビルファンド投資法人 オフィス6・12月
8952ジャパンリアルエステイト投資法人 オフィス3・9月
8953日本リテールファンド投資法人 商業施設2・8月
8954オリックス不動産投資法人総合型2・8月
8955日本プライムリアルティ投資法人オフィス+商業6・12月
8956プレミア投資法人オフィス+住宅4・10月
 8957 東急リアル・エステート投資法人オフィス+商業1・7月
 8958 グローバル・ワン不動産投資法人オフィス 3・9月
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 総合型5・11月
8961 森トラスト総合リート投資法人 総合型 3・9月
8963 インヴィンシブル投資法人総合型6・12月
8964 フロンティア不動産投資法人商業施設6・12月
8966 平和不動産リート投資法人オフィス+住宅5・11月
8967 日本ロジスティクスファンド投資法人物流施設1・7月
8968 福岡リート投資法人総合型2・8月
 8972 ケネディクス・オフィス投資法人総合型4・10月
8973 積水ハウス・SI レジデンシャル投資法人住宅3・9月
8975 いちごオフィスリート投資法人 オフィス4・10月
8976 大和証券オフィス投資法人オフィス5・11月
8977阪急リート投資法人 総合型5・11月
 8979 スターツプロシード投資法人 住宅4・10月
8984 大和ハウスリート投資法人総合型2・8月
8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人ホテル12月
8986 日本賃貸住宅投資法人住宅3・9月
8987 ジャパンエクセレント投資法人 総合型6・12月
 3226 日本アコモデーションファンド投資法人 住宅2・8月
3227 MCUBS MidCity投資法人総合型6・12月
3234 森ヒルズリート投資法人総合型1・7月
3249 産業ファンド投資法人物流+インフラ1・7月
3269 アドバンス・レジデンス投資法人住宅1・7月
3278ケネディクス・レジデンシャル投資法人住宅1・7月
 3279アクティビア・プロパティーズ投資法人 オフィス+商業5・11月
3281 GLP投資法人 物流施設2・8月
3282コンフォリア・レジデンシャル投資法人住宅1・7月
3283 日本プロロジスリート投資法人物流施設5・11月
3287 星野リゾート・リート投資法人ホテル4・10月
3290SIA不動産投資法人オフィス+商業2・8月
3292イオンリート投資法人商業施設1・7月
 3295 ヒューリックリート投資法人総合型2・8月
3296 日本リート投資法人総合型6・12月
3298インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人オフィス4・10月
3308 日本ヘルスケア投資法人ヘルスケア4・10月
3309積水ハウス・リート投資法人総合型4・10月
3451 トーセイ・リート投資法人 総合型4・10月
3453ケネディクス商業リート投資法人 商業施設3・9月
3455 ヘルスケア&メディカル投資法人ヘルスケア1・7月
3459 サムティ・レジデンシャル投資法人住宅1・7月
3460 ジャパン・シニアリビング投資法人ヘルスケア2・8月
3462 野村不動産マスターファンド投資法人総合型2・8月
3463いちごホテルリート投資法人ホテル1・7月
 3466 ラサールロジポート投資法人 物流施設2・8月
3468スターアジア不動産投資法人総合型1・7月
3470 マリモ地方創生リート投資法人総合型6・12月
3471 三井不動産ロジスティクスパーク投資法人物流施設1・7月
3472 大江戸温泉リート投資法人ホテル5・11月
3473 さくら総合リート投資法人総合型2・8月
3476投資法人みらい総合型4・10月
 3478森トラスト・ホテルリート投資法人 ホテル2・8月

 

次は、太陽光発電を主とするインフラファンドの一覧です。

J-REITに比べて分配金利回りが高いのが特徴。

20年間の固定価格での買い取りがあるので、しばらくは大丈夫そうかなと考えて、投資資金の一部で投資しています。

 

ただし、20年間の固定価格での買取は安定しているということがメリットである一方で、インフレになると致命傷になるというデメリットも抱えています。

コード銘柄決算月
9281タカラレーベン・インフラ投資法人4月、10月
9282いちごグリーンインフラ投資法人6月
9283日本再生可能エネルギーインフラ投資法人1月、7月
9284カナディアン・ソーラー・インフラ法人6月、12月

 

 

J-REITの分配金利回りの推移をチェック!

 

不動産証券化協会で発表されているデータを元に、J-REITの分配金利回りの推移をグラフにしてみました。

 

J-REIT予想分配金利回り2017

 

2008年ごろにREITのETFに投資していれば、7~8%近くの分配金利回りだったのです。

そういうときに投資できていれば、ずーっと保有していてもいいんじゃないかと思えるような利回りでした。

 

今後、もしREITのETFの利回りが同じような水準になるのであれば、ぜひポートフォリオにいれたいなぁと思います。

 

まとめ

 

REITへの投資は長期で保有するのには向いていないと考えていますが、とりあえず配当金を減らさないようにすることと、勉強のためにも投資資産の5%を目安に投資していく予定です。

 

自分で不動産投資や太陽光パネルの設置をした方が、REITへ投資するよりも利回りがよいのかもしれないけれども売りたいときに売れないリスクがあります。

また、不動産投資ではそもそもどのような物件がよいのかわからないですし、空室リスクもある。

太陽光発電に関しても、パネルのメンテナンスなども必要だろうし、撤去するときの費用、将来のインフレなども考えると、不確定要素が多すぎて怖いです。

 

不動産投資や太陽光発電もそうですが、身軽に投資できるREITは私みたいな素人には最適です。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2017/12/15
[最終更新日]: 2018/08/20
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事