おすすめ書籍!株式投資をするなら読んでおきたい投資本 – 長期投資でのんびり資産運用

おすすめ書籍!株式投資をするなら読んでおきたい投資本

投資をするにあたって重要だと思うことのひとつが、有名な投資本(名著)を読むことで知識を増やしていくことだと思っています。

多くの方がすすめているような投資本はとりあえず読んでおいて損はないのではないでしょうか。その中でも自分に合う、合わないはあると思いますが。

投資家の間では絶賛されているような本でも読んでみて、大したことないなと思うこともしばしば。

だから私がとても良いと思う本と、このブログを読んで下さる方が良いと思う本は違うかもしれません。

だけど今回は私が特に気に入っていて、もう何度も何度も読んでいる投資本を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめする投資本

私は気に入った本は繰り返し読みます。一度だけ読むよりも複数回読むことで、毎回違った気づきがあるので面白いです。

これだけは読んでほしい投資本

お気に入りの本の中でも、これだけは絶対に読んでほしいなと思う本を紹介したいと思います。

オススメ 投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

今まで紹介したことはなかったけれど、ハワード・マークスの投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識はすごくおすすめです。

バフェットが大量に買って、株主総会で株主たちに配ったといわれる本です。

この本では、2次的思考の大切さと今の株式市場がどのあたりにいるのか(サイクル)を常に意識しておくことの大切さなどについて書かれてあります。

また心理面についても書かれてあるので、投資をする上で大変役立ちます。

オススメ テンプルトン卿の流儀

リーマンショック後の株式市場が低迷して含み損だらけだったときに出会えたテンプルトン卿の流儀を読んで、恐怖の中で買い向かうことの大切さを知ることができましたし、誰も買わない時に買う勇気を持つことができました。

ただし、どんな銘柄でも買っていいわけではないので注意してくださいね。

普通の投資家は倒産してしまうような危険性をもった株式には近寄らない方が無難だと思います。プロの投資家ならそこで儲けることも可能だと思うけれども…。

買っても買っても下がり続ける恐怖、ものすごいスピードで資産が毀損する恐怖は経験した人にしかわからないと思いますが、この本を読んで気持ちを切り替えることができました。

含み損を抱えて不安な時に心の支えになったものとは?
アベノミクス以降の数年の株式市場はほぼ右肩上がりの相場でした。とりあえず保有しておけば儲かるみたいな感じでしょうか。 テレビや...

関連記事 含み損を抱えて不安な人へ

オススメ 新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~《改訂版――現代に合わせた注解付き》 (ウィザードブックシリーズ)

賢明なる投資家はバフェットの師匠であるグレアムの著書。

投資家の中では大変有名な本ですし、以前にも記事にしています。

個別株投資の中でもバリュー株投資を実践されてる方なら、絶対に読むべき本です。

安全域の大切さがよくわかります。

ただし、ある程度の投資経験のある人が読むべき本であるとは思います。投資を始めたばかりの人には少々ハードルが高いと思います。

賢明なる投資家を再読しました
株式投資のバイブルともいわれる新賢明なる投資家を再び読み直しました。 個別株投資をする人は一度は読んでおいた方がよい本だと思います。投...

関連記事 賢明なる投資家を再読しました

オススメ 株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

このブログでも何度も紹介してきました。

この本を読んだことがきっかけで、米国株投資をしてみようと思いました。

ジェレミー・シーゲル博士の投資戦略にとても影響を受けていますから、私の米国株(外国株)ポートフォリオも生活必需品銘柄を中心に組み入れています。

あとはポートフォリオ戦略として、老後資金は米国個別株投資&インデックスファンドへの積立の2本柱で準備しようとしています。

配当金生活を実現させたいと思っている人は必読の書です。

オススメ バフェットからの手紙 第4版 (ウィザードブックシリーズ)

投資の神様であるバフェットから株主へ宛てた手紙をまとめた本。

過去から現在に至るまで、部分的に紹介してくれています。

年ごとにまとまっているわけではないのですが、バフェットの考えが非常によくわかります。

この本は何回読んでも、新たな気づきを与えてくれる貴重な本です。

投資へのヒントやシンプルな考え方が散りばめられています。

未だにしっかりと理解できない章があるので、まだまだ勉強しなければいけないと自己嫌悪に陥ることもありますが…。

初心者には少し難しいと思います。そんな人はバフェット・コードがおすすめです。同じような内容ですが、バフェットからの手紙よりもバフェットの考えが投資初心者でもわかりやすく書いてあります。

オススメ バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

バフェットのパートナーシップ時代の頃について書かれてある書籍ってあまりないと思うので非常に興味深く読むことができました。

バフェットの過去最高の投資成績はパートナーシップ時代に築かれたのですが、投資への基本的な考えはパートナーシップ時代も今もほとんど変わっていません。

投資を始めたばかりの人にはちょっと難しいかもしれません。

関連記事 バフェット伝説の投資教室~バフェット・パートナーシップ時代の運用実績~

関連記事 バフェット伝説の投資教室~分散投資しすぎず、より良い企業について自分で考える~

オススメ 敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲームはインデックス投資家の中では有名なチャールズ・エリスの書籍。

短期的には市場に勝つことはあっても、長期的に市場平均以上のリターンを得るのは至難の業であるので、インデックスファンドを活用しましょうという書いてあります。

税金、手数料の投資成績にあたえる影響についてもわかりやすく書かれています。

個別株投資家でもインデックス投資家でも読んで損はないです。

オススメ ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

マゼランファンドの運用で驚異的な成績を収めたピーター・リンチ。

テンバガー(10倍株)という言葉をこの本を読んで知りました。この本を読んだ当初はテンバガーなんて夢のような話だと思っていたけれど、私も4回テンバガーをゲットできました。

セクター毎の投資法がとても参考になります。

この部分を読むだけでも価値はあると思います。

オススメ 千年投資の公理

バフェットやチャーリー・マンガーが投資先を選ぶ時に用いる考え方と非常に似たことが書かれています。

基本はワイド・モートと呼ばれる競争優位性のある堀をもつ企業に投資すること。

このような特徴をもつ企業は優良ブリッジ企業ともいわれたりします。

この本を読めば銘柄選定するうえで非常に役立つ考えを手に入れることができるので、おすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA