含み損を抱えて不安でつらい時に心の支えになったものとは?

 

含み損の額が大きくなってくると不安だし、つらいですよね。

 

アベノミクス以降の数年の株式市場はほぼ右肩上がりの相場でした。とりあえず保有しておけば儲かるみたいな感じでしょうか。

テレビや雑誌で株式投資が取り上げられ、それまで投資に興味がなかった人も投資するようになりました。

 

最近になって投資を始めた人などは含み損を抱えている人も結構いると思いますし、投資を始めたばかりの時に抱えてしまった含み損は金額の多寡にかかわらず、とても不安でしょう。

 

昔の自分もリーマンショックのときに含み損を抱え、日に日に増えていく含み損の金額を見ていると不安でたまりませんでした。

 

含み損を抱えたことのない投資家はいません。

含み損を抱えてしまっていても損切するなり、買い直しするなり、買い増しするなり対処法はいくつかありますし、投資を止めるという選択だけはしてほしくないです。

 

リーマンショック当時、含み損を抱えて不安だったときに心の支えになった本があります。

それはテンプルトン卿に関する本でした。

今、不安で悩んでいる人の心の支えになってくれるかもしれません。

 

 

含み損を抱えた人は誰だって最初は不安だし、つらい

 

私は2005年の1月に株式投資を始め、その年は運よく利益を出すことができました。だけど、この時は投資初心者らしい重大な勘違いをしていたんですよね。

 

上げ相場では誰でも簡単に利益をあげられると心得よ

2005年後半はどんな銘柄でも保有しておけば株価が上る、そんな状況でした。

 

この時の私は投資なんて簡単ではないか!!などと何ともマヌケな考えをしてました。

今、考えるととても恥ずかしい考えをしていたのです。

 

2005年、特に後半はどんな銘柄でも持っていれば騰がるという相場でした。

こういう時って投資で利益をあげられたのは自分の才能があるからだと多くの人は勘違いします。

だけど、それは大きな誤りであることがほとんど。

そんな時はほとんどの人が利益をあげています。能なんかではなく、市場環境が良かっただけなのです。

 

リーマンショックの発生で多額の含み損に耐える日々

年が明けてすぐにライブドアに強制捜査が入り、株式市場は下落を始めます。何とか2006年は持ちこたえたけれど、翌年2007年に本格的な下げ相場がやってきました。

 

そして、2008年のリーマンショックの発生。

 

当時は高値から半値以下に株価が下落している銘柄もたくさんありました。倒産した企業も多数。2005年あたりに個人投資家に大人気だった不動産流動化銘柄なんてほとんど消えてなくなったような気がします。

 

私の保有している株でも一時期は半値以下になってたものもありましたし、実際に大きな損切も実行しました。

 

この時はかなり落ち込みましたよ。

それまでも小さな損切は何度かしたことはあったけれども、投資を開始して以来の初めての大きな損切でしたから。

関連記事 株式投資での壮絶な損切り経験、高値から90%も下落して大損!

 

確かに、リーマンショック発生して間もなくの頃はポートフォリオ全体でも凄まじい含み損でしたし、何度も心が折れそうになりました。

 

 

含み損でも勇気をだして投資する(投資をやめない)

 

リーマンショック後の数年間は含み損を抱えながらも、新規資金を投入して買っていました。

だってどう考えても激安だったから。

 

買っても、買っても下がるというのは、本当に不安でしたけどね。

 

含み損を抱えたときの心の支えはテンプルトン卿の流儀

この低迷している時期に何度も何度も読んだ本がテンプルトン卿の流儀です。

 

 

あまりの含み損に不安でたまらなくなった時に本当に繰り返し読みました。

めちゃくちゃ不安だった時に心の支えになったこの本は、今でも私の宝物。

だから、この本に書いてあるこの言葉をいつも頭の片隅において投資するようにしています。

 

他人が絶望して売っているときに買い、他人が貪欲に買っているときに売るには、最高の精神的強靭性が必要となるが、最終的には最高の報いが得られる。
(中略)

強気相場は悲観のなかで生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、陶酔のなかで消えてゆく。悲観の極みは最高の買い時であり、楽観の極みは最高の売り時である。

テンプルトン卿の流儀

 

皆が売りまくって、出来高も少なく、皆が投資に興味を無くしている時に買うということはとても不安です。

 

 

伝わってくるニュースも悪いものばかりなので、もっと下がったらどうしよう、今よりも損失を出したらどうしようと悪い事ばかり考えてしまうんですよね。

 

そういう時にテンプルトン卿の流儀を読んで、勇気を出して資金が許す限り買いました。

 

もちろん買ってからさらに下げるなんてことは日常茶飯事でした。

もう何度も心が折れそうになりましたよ。

 

市場が恐怖に満ち溢れている時は絶好の買い場

誰も買う人がいない時に買うのはとても勇気のいることですが、こういった状況で買うことが将来の利益につながるのです。

 

そして、相場が低迷していた2008年から2012年の間に買えた銘柄はその後、ものすごいパフォーマンスを叩きだしてくれましたよ。

 

10倍株(テンバガー)をゲットできたのも、この時に買った銘柄ばかりです。

その後、1銘柄だけは20倍株になりました。

関連記事 テンバガー(10倍株)達成の経験は自信になる

関連記事 テンバガー株の紹介から2週間ほどで20倍株になりました。ありえない…!

 

 

 

暴落中は買いなのか?それとも様子見するのがよいのか?

 

2008年のリーマンショックや2020年の今まさに発生しているコロナショックでは1日に10%以上下落することもありました。

 

株式市場の暴落中は買い時なのか、様子見するべきなのか?

これがわかれば簡単にお金持ちになれますが、私にはわかりません。

 

中途半端に買ってしまうと、含み損が増えるだけ。

こんなときはどう対処すればいいのでしょうか?

 

上げ相場のときはキャッシュの大切さは軽視されますが、暴落中はキャッシュは本当に大切な存在だと実感できると思います。

暴落の途中でキャッシュが途絶えないように、優良企業の株を納得できる価格以下になったときに、少しずつ買っていくのがいいかなと考えてますけど、どうだろう?

 

キャッシュを枯渇させないためにはポートフォリオの不必要な銘柄を切っていく必要もありますし、難しいですよね。

 

米国の優良情報サイトであるモトリーフールでは、暴落時における対処方法に関するアドバイスなども書かれてあり、とても参考になります。

例えば、定期的に買い増しできる人へのアドバイスや多くの現金や投資余力のある人へのアドバイスなども記事になっていますよ。

 

米国株の動向だけでなく、日本株や確定拠出年金(iDeCo)についての情報が満載なので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

モトリーフールの記事は含み損を大量に抱えて不安な人や悩んでいる人の力になってくれることでしょう。

 

 

 

資産運用するならしっかりと勉強すること

 

資産運用で、資産をそれなりに増やそうと思うならやはりある程度は勉強した方が良いです。

 

それも良書と呼ばれるものを読んでおくのが良いかと。私も好きな本は何度も何度も繰り返し読みます。

そうでないのは1回読んで終わりですが。

関連記事 おすすめ書籍!株式投資をするなら読んでおきたい投資本

 

インデックス投資を最近になって始めた人で含み損を抱えて不安な人もいるかもしれません。その時は半値になっても儲かる「つみたて投資」を読んでみてください。

 

 

投資を継続する力になってくれると思います。

諦めて投げ出したらそこで終わりです。

 

株価が下がって辛くて不安な時にも投資を中止せずにできるだけ買いましょう。今までよりも割安に購入できるチャンスなのですから。

 

株価が下がって含み損が増えていったとしても投資を続けていれば、また上がるときがきっときますよ。

関連記事 長期投資における含み損は損切りすべきなのか

 

2018年は米国の利上げの関係もあってか、米国のディフェンシブ株といわれているものが軒並み売られています。

 

含み損の銘柄も増えてきましたが、今までに受け取った配当金を考慮すると意外にも損をしていないのです。優良企業への投資は長期では負けにくいと感じます。連続増配企業ならなおさら負けにくいでしょう。

関連記事 含み損銘柄一覧、配当金を入れると意外と損をしていない

 

 

株の儲けは我慢料

すでに亡くなられました邱永漢さんは投資家として有名な方ですが、株の儲けは我慢料だとブログに書かれています。

 

株式投資は買う株を間違えないことも大切ですが、
なかなか上がらない間、
ずっと辛抱することはもっとずっと大切です。
私はどんな株をいつどんな値段で買うかに要する
エネルギーを1としたら、
上がらない間、ジッとそれに耐えて行くエネルギーは
9だと考えています。
ですから自分の株の本にサインをする時はいつも
「株の儲けは我慢料」と書きます。

引用元:株の儲けはガマン料です

 

どの銘柄に投資するかという選択はもちろん大事だけど、株価があがらなくて我慢する時間も大切だと書いてあります。

 

ただ、投資先を間違ったと思うのであれば、含み損に耐える理由はなにもないのですぐに損切りすべきですが。

我慢している時間がもったいないですから。

 

 

まとめ

 

下げ相場は苦しいです。

 

私もリーマンショックを経験しているので今年に入ってからの急落程度では大したことないと思っても、やっぱり資産が減っていくのを見るのはやはり辛いです。

それは皆同じだと思いますよ。

 

これからもまだまだ下がるのかもしれないし、もしかしたら何事もなかったかのようにまた騰がり始めるのかもしれません。

 

あそこが底だったとか、あそこが天井だったなんてことは、ずっと先にしかわからないことなので予想しても仕方がないです。

 

大事なのは自分の投資方針に沿って、愚直に投資を続けることです

 

ただ、含み損が気になって夜も眠れない、何も手につかないというのであれば、それはメンタルやられている証拠なのですぐに損切りしてスッキリした方がいいかもしれません。

 

損切りはつらく、苦しいことだけど、きれいさっぱり損切りすることで冷静さを取り戻せます。

関連記事 株の含み損は損切りしない?損切りする?損切りした方がいい場合もある!

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2016/01/25
[最終更新日]: 2020/03/14
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事