毎月配当金を受け取れるポートフォリオの作り方 – 長期投資でのんびり資産運用

毎月配当金を受け取れるポートフォリオの作り方

将来的には株式投資から得られる配当金で生活をすることを目標にしています。

毎月の生活費を配当金でまかなうとなると、同じような金額が毎月振り込まれるのが理想じゃないですか?

でも、日本株への投資だけだと配当金の受取月は偏ってしまうのです。

たとえば3月決算の会社だと配当金が振り込まれるのが6月や12月。6月や12月決算の会社だと振り込まれるのは3月や9月になります。

だから、どうしても月によっては配当金が全く振り込まれないなんてこともありました。

どうやって解消するのか?

それは、アメリカ株や決算期が違うREIT、インフラファンドへ投資することで毎月配当金を受け取れるようになるのです。

実際にアメリカ株へ投資する事によって、毎月のように配当金が受け取れるようになりましたよ。

といっても、月ごとに受け取る配当金額には波がありますけどね。

でも、多少なりとも毎月配当金が受け取れる状態にあるということは、老後の配当金生活を目指している私にはありがたいことです。

アメリカ株は企業によって配当支払い月は本当にさまざまです。

日本株だと権利を取った後、3か月してからでないと配当金は支払われないけれども、アメリカ株だと権利取りの翌月には配当金が振り込まれます。

ですから、配当金付け取り月をよ~く考慮したポートフォリオを作ることによって、毎月配当金を受け取ることが可能なのです。

なるべくなら、1年間を通して均等に配当金を受け取れるようにしたいものです。

スポンサーリンク

配当金生活のポートフォリオ。配当金の入金月を調べた

今は日本株から受け取る配当金の方が圧倒的に多いけれども、アメリカ株をはじめとした外国株への投資も地道に継続していくつもりでいます。

最終的な目標は、投資資産の5割を外国株に投入すること。

アメリカ株を調べれば調べるほど、日本株よりも魅力的な企業が多いと感じます。

しかも、連続増配株も多いので、保有しているだけで受取配当金が増えていくというのは、のんびりと資産運用したい私としては本当にありがたい。

一度、インカムゲイン狙いの投資をしたら余程のことがない限りは売りません。

つまらない投資法ですけど、アメリカ株に関してはそれでいいのです。

アメリカ株からの配当金の権利月と入金月

保有株からの入金月と権利月を調べてみました。

調べてみてわかったことは、配当金の入金月がほどよく分散されているということ。

Name Symbol 権利月 入金月
Altria Group Inc MO 3/6/9/12 1/4/7/10
Kinder Morgan Inc KMI 2/5/8/11 3/6/9/12
BHP Billiton Limited (ADR) BHP 3/9 4/10
Merck & Co. Inc MRK 3/6/9/12 1/4/7/10
Exxon Mobil Corporation XOM 2/5/8/11 3/6/9/12
Pfizer Inc PFE 2/5/8/11 3/6/9/12
BP plc (ADR) BP 2/5/8/11 3/6/9/12
Johnson & Johnson JNJ 2/5/8/11 3/6/9/12
International Business Machines  IBM 2/5/8/11 3/6/9/12
Coach Inc COH 3/6/9/12 1/4/7/10
Phillip Morris International Inc PM 3/6/9/12 1/4/7/10
AT&T Inc T 1/4/7/10 2/5/8/11
Unilever plc (ADR) UL 2/5/8/11 3/6/9/12
Verizon Communications Inc VZ 1/4/7/10 2/5/8/11
Procter & Gamble Co PG 1/4/7/10 2/5/8/11
Lockheed Martin Corporation LMT 2/5/8/11 3/6/9/12
Gilead Sciences Inc GILD 3/6/9/12 1/4/7/10
Mastercard Inc MA 1/4/7/10 2/5/8/11
Visa Inc V 2/5/8/11 3/6/9/12
The Western Union Company WU 3/6/9/12 1/4/7/10
Walt Disney Co DIS 3/6/9/12 1/4/7/10
GlaxoSmithKline plc (ADR) GSK 1/4/7/10 2/5/8/11
H & R Block Inc
HRB 1/4/7/10 2/5/8/11
American Express Company AXP 2/5/8/11 3/6/9/12
Anheuser Busch Inbev SA NV BUD 5/11  6/12
Nike Inc NKE 3/6/9/12 1/4/7/10
Colgate-Palmolive Company CL 1/4/7/10 2/5/8/11
AbbVie Inc. ABBV 1/4/7/10 2/5/8/11
Hormel Foods HRL 1/4/7/10 2/5/8/11

こうやって保有しているアメリカ株を見てみると、毎月わずかながらでも配当金の入金があることがわかります。

配当金入金額が多い月と少ない月

アメリカ株からの配当金の入金額が多いのは、1月・4月・7月・10月。

アルトリアグループ(MO)やフィリップモリス(PM)といった高配当株のおかげで多いのです。

アルトリアグループは投資した時期がとてもよかったので、買値からの配当利回りは7%を超えていて、さらに今後も毎年の増配が予想されるのでありがたい。

2017/4の株価だと配当利回りは、アルトリアグループで3.41%、フィリップモリスで3.78%とそこまで高配当というわけではないので買い増しは見送り。

やっぱりタバコ株は配当金生活を目指すポートフォリオからは外せませんね。

配当金再投資するならタバコ銘柄はポートフォリオに欠かせない
ジェレミー・シーゲル博士の株式投資の未来を読むとよくわかるのですが、配当金を再投資して雪だるま式にお金を増やそうと思うならタバコ銘柄...

関連記事 配当金再投資するならタバコ銘柄はポートフォリオに欠かせない

だけど、アメリカ株からの配当金以外にも日本株からの配当金があるので、6月と12月が突出して配当金の入金額が多いということになってます。

逆に少ないのが、2月・5月・8月・11月。

この月は日本株での配当金入金もほぼないと思うので、AT&Tやベライゾンなどの高配当アメリカ株で補強するか、5月と11月が決算のJ-REITで補強するしか思いつかないです。

結局、2月、8月の受取配当金はタカラレーベンインフラファンドへ投資することで補強しました。(5月、11月権利なので支払いは2月、8月になる)

関連記事 インフラファンドを利用して毎月配当金ポートフォリオを構築

REITのETFは高利回りになったタイミングで投資する
REITは不動産に投資できて、高利回りな点が魅力的です。 しかも不動産はインフレに強いことから、インフレ対策としてもREITは使えます...

関連記事 REITのETFは高利回りになったタイミングで投資する

まとめ

受取配当金が順調に増えているとはいっても、配当金だけで生活できるほどにはなっていないので、今後も配当金再投資はきっちりと継続してやっていきます。
関連記事 配当金生活への道。2016年も受取配当金額は過去最高に!

関連記事 配当金生活への道。2017年も受取配当金は過去最高を更新

関連記事 配当金生活への道。2018年も受取配当金は9.2%UPで過去最高額を更新♪

配当金生活への道はまだまだ長そうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA