配当金生活するにはいくら必要なのか? – 長期投資でのんびり資産運用

配当金生活するにはいくら必要なのか?

老後に公的年金に頼らずとも生活できるだけの資産を築くことを目標に投資をしています。

最終的な目標は老後の配当金生活です。

受け取る配当金だけで生活できれば、現役時代に築いてきた資産を取り崩す必要はなくなりますから、どれだけ長生きしようが金銭面で心配する必要はなくなります。

世の中、お金が全てではないけれど、あるに越したことがないのがお金。やっぱりある程度は持っておきたいです。安心感が違いますから。

また昨年あたりから、高齢者の貧困についての記事をよく目にするようになりました。

嫌な言葉ですよね。老後破産や下流老人って。

世の中の人の不安を煽りすぎるのはやめてほしいなと思いますね。

だけど、富裕層が増えている一方で、貧困層も増えているのは事実なんでしょう。

お金の面で心配しないで老後に配当金のみで暮らすには、いったいどれくらいの資産を築けばいいのでしょうか。ちょっと考えてみました。

スポンサーリンク

いくらあれば配当金生活は可能なのか

各家庭によって生活レベルも違いますし、家族構成も異なりますので参考にならないかもしれません。あくまでも我が家の場合ということです。

老後ということで、今回は夫婦二人で考えてみたいと思います。

平均的な夫婦の生活費

以前に老後の生活費についての記事を書きました。

老後資金はいくら必要?老後の生活費は減らないからしっかりと準備するべし!
老後の生活のこと、考えたことがありますか? 私の場合、20年以上も先の事なので漠然とし過ぎていてよくわかりません。 だけど、早め...

関連記事  老後の生活費は減らない。老後資金の目安は?

この時の記事によると、平均的な夫婦二人の1カ月の生活費は24万円ほど。

  • 24万円とした場合は年間288万円が必要

だけどゆとりのある生活をしようとすると38万円必要だと書いてあるのもみかけます。年を取っても、趣味や旅行といったことも楽しみたいですから、我が家の場合は最低でも30万以上は欲しいです。

そう考えると、

  • 30万円とした場合は年間360万円が必要
  • 40万円とした場合は年間480万円が必要

ということになります。

投資元本はいくら必要か?

配当金だけで生活しようと思うと、投資元本はいくら必要なのかを上記のことから考えてみると、1億円なんかでは足りないでしょうね。

純金融資産で1億円あれば富裕層といわれますが、それでも配当金生活は無理そうです。

1人暮らしで無駄遣いも全くしない人であれば、1億円でも配当金生活は可能かもしれませんが。

投資額が少ないと配当金再投資の醍醐味を享受しにくい
何度も書いてますが、老後は配当金で生活することを目標にしています。 年を取ってからもお金がないから働かなくてはいけないなんてことになら...

関連記事  投資額が少ないと配当金再投資の醍醐味を享受しにくい

年間288万円受け取る場合(平均的な夫婦二人の生活)

配当利回り2%の場合

税引き後では利回り1.6%になりますから、1.8億円必要。

配当利回り3%の場合

税引き後では利回り2.4%になりますから、1.2億円必要。

配当利回り4%の場合

税引き後では利回り3.2%になりますから、9000万円必要。

年間360万円受け取る場合(通常の生活)

配当利回り2%の場合

税引き後では利回り1.6%になりますから、2.25億円必要。

配当利回り3%の場合

税引き後では利回り2.4%になりますから、1.5億円必要。

配当利回り4%の場合

税引き後では利回り3.2%になりますから、1.125億円必要。

年間480万円受け取る場合(ゆとりある生活)

配当利回り2%の場合

税引き後では利回り1.6%になりますから、3億円必要。

配当利回り3%の場合

税引き後では利回り2.4%になりますから、2億円必要。

配当利回り4%の場合

税引き後では利回り3.2%になりますから、1.5億円必要。

ということで、それなりに豊かな配当金生活をしようと思うと投資金額だけで億単位のお金が必要だということ。それも1億どころでは足りない。

ちょっとしたまとまったお金が必要になることもある(家の修理や車の買い替えなど)ので、投資資金にプラスしてある程度の予備のお金(預貯金)を持っておきたいですよね。

やっぱり配当金生活はかなりハードルの高いことだとわかります。

TOPIXやS&P500の過去の配当利回りの推移から配当金生活の難しさを知る

配当金生活を実現するためには巨額な投資元本が必要ですが、配当利回りが高ければ高いほど投資元本は少なくても済みます。

先ほども示した通り、税抜きで年間480万円の配当金を受け取ろうとすると配当利回りが2%の場合は3億円もの投資元本が必要ですが、配当利回りが4%もあれば投資元本は1.5億円ですみます。

1.5億円も一般人からしてみるとすごい金額なのですけどね。

ただし、配当利回りが4%というのは過去のTOPIXやS&P500の配当利回りを考えると、かなり難しいことがわかります。

1998年からの東証一部上場企業の配当利回りの推移をグラフにしてみました。

利回りが飛びぬけて高くなっているのが、リーマンショックが発生したころで約3%。

2008年以前は東証一部上場企業の配当利回りが1%ほどしかなかった頃に比べれば、配当利回りも高くなっているけれども到底4%には届きません。

しかも、この恐怖に包まれている状況でどれだけの人が全力買いできるでしょうか。

それほど多くはないでしょう。

では、S&P500の配当利回りの推移を見てみましょう。

S&P500の配当利回りは昔はかなり高かったことがわかりますね。

1980年代前半までは4%ほどの利回りがありましたが、最近では2%ほどしかないので日本株の配当利回りとほとんど同じ水準です。

これらのことを考えてみると、本当に配当金生活するにはハードルが高いことがわかります。

しかし、連続増配する個別株に投資したり、分配金利回りの高いREITに投資することによって配当利回りを高くすることも可能なので、あきらめる必要はありません。

実際に、企業業績の成長とともに増配を繰り返すことによって買値からの配当利回り(YoC)が13%を超えた日本企業も保有しています。

オススメ 高配当利回り株と配当成長株への投資。より良い投資先は…

オススメ 米国株への長期投資で配当金はどれだけ成長するのか?

スポンサーリンク

老後が不安だと思う理由

配当金だけで生活しようと思うと3億円くらいは欲しいですね。

なかなか現実離れした金額なので実感が湧きませんが…。

まぁ、実際には65歳からは年金の給付が始まります(今後はどうなるかはわかりませんが)し、3億円もいらないでしょうけど。でも、あったらあったでうれしい。

老後の生活について不安に思うのは、年金制度がほぼ破綻しているように思えるからです。資産が多ければ年金をもらわなくても何も困らないですから。

配当金生活を実現させるための近道についてはこちらを読んでみてください。

配当金生活を実現させる近道とは?
公的年金制度について不安を持っているのだけど、あながち間違いではないなと思える記事を見てしまいました。 元政治家で経済学者の竹...

関連記事  配当金生活を実現させる近道とは?

年金が必ず現行通りに支給されると思うのは考えが甘いかなと思うわけです。

一昔前までは確か、60歳から年金の受給開始だったのに、今では65歳から。私が年金を貰えるようになる頃には70歳から受給開始ということになっているかもしれません。

60歳で退職して10年間も年金が支払われないと考えると数千万円の蓄えがないと生活できません。いざ、年をとってみてお金が貯まってなかったなんていうのは悲劇ですよ。

かといって、老後の費用を貯めるためだけに、まだまだ若くて元気な現役時代を楽しめないのでは本末転倒。

それなりに楽しみながら、贅沢する時はして、締める所は締めるというメリハリのある生活を心掛けています。

なので、自分や家族が価値があると思っていることにはお金を出すのを惜しまないし、子供が小さい間にはできるだけたくさん旅行してます。大きくなると一緒に旅行なんて行かないですから、行ける間にたくさん行きたい。

まとめ

1億円で富裕層ですが、富裕層とはいってもギリギリのラインだと不労所得のみでの生活は厳しそうです。

今の時代、投資で成功した20代の若者でも1億円以上の資産を保有している人はたくさんいますね。投資家という枠組みで見ると、富裕層というのはそんなに特別なものではないような気がします。

別に不労所得のみで生活しなければいけない理由なんてどこにもないですけどね。

仕事をしていても、いざとなった時に不労所得のみで生活できるということは、大きな安心感につながります。

仕事はいつ辞めてもいい状態なのだから。

相当な高収入でなければ、労働からの収入だけでは3億円などという資産は築けませんから、相続や宝くじを除くと、やはりそれなりの資産を一般人が築こうと思うと投資しかないのかなと思います。

道のりはまだまだ長いですが、地道に勉強しながら投資していこうと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. ありあり より:

    参考になりました。ありがとうございました!

    • もも より:

      ありありさん、コメントありがとうございます!

      返信が遅れてしまい、申し訳ありません。
      この記事がお役に立てたようで、とてもうれしく思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA