ビル・ゲイツの資産運用ポートフォリオが興味深い

 

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツを知らない人はほとんどいないでしょう。

 

ビル・ゲイツと妻のメリンダが2000年に創設した世界最大の慈善団体基金であるビル&メリンダ・ゲイツ財団をご存知でしょうか。

 

この財団の運用しているポートフォリオが大変興味深いのです。

 

wikipediaによると、財団の管理・運営しているのがマイケル・ラーソンという人物で、財団以外にもゲイツの個人資産の管理(カスケード・インベストメント)も行っています。

 

 

ビル・ゲイツのポートフォリオ

 

2020年の2月下旬から3月下旬にかけてコロナショックが発生し、株価が大暴落しました。

 

そのときに、ビル・ゲイツの財団のポートフォリオに新規で加えられた銘柄は6社。

今を時めくバリバリの成長株ばかりです。

  • アルファベット(GOOGL、GOOG)
  • アップル(AAPL)
  • アリババ(BABA)
  • アマゾン(AMZN)
  • シュレーディンガー(SDGR)
  • ツイッター(TWTR)

減らしたのが

  • バークシャー(BRKB)

 

10%ほどバークシャーを売却していますが、それでも財団のポートフォリオの約半分はバークシャーが占めています。

 

シュレーディンガー(SDGR)という企業は2020年2月に上場したばかりの企業で、ビル・ゲイツはシュレーディンガーが上場する前から同社の株主であります。

 

シュレーディンガー

 

シュレーディンガーは世界でも首位を争う、製薬およびバイオテクノロジーの研究に有用である最先端の化学シミュレーション・ソフトウェアの開発事業を手がけている企業。

 

現時点では新規投資した6社はすごい含み益でしょうね。

 

 

ビル・ゲイツのポートフォリオを管理・運営しているのはマイケル・ラーソン

 

ウォールストリートジャーナルによると、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の資金を運用しているマイケル・ラーソンはあのリーマンショックの年は損失をもたらしたようですが、指数にはアウトパフォームしていたようで、運用が素晴らしいのです。

毎年寄付や慈善事業へ資金が出ていっているのにもかかわらず、毎年5%以上を確実に増やしています。

 

投資先も株だけに制限せず、債券、通貨、商品、不動産などにも投資しているようです。

 

1994以降ずっと、ゲイツの個人資産や財団の資産運用をしている人物で、基本的には長期投資家。

 

そして、ビル・ゲイツが全幅の信頼を置いている人物です。

 

 

ビル・ゲイツのポートフォリオについてのまとめ

 

ビル・ゲイツの資産を運用するマイケル・ラーソンは基本的にはバイ&ホールドの長期投資家。

 

運用が素晴らしいのでビル・ゲイツのポートフォリオを参考にするのも面白いですね。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/06/17
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事