【確定拠出年金のスイッチング】コロナショックによる株式暴落も恐れずに買い!

 

新型コロナウイルスの影響で株式市場は連日よく下げますねぇ。

最近は米国株の動向をついつい見てしまうので、寝不足気味。

そんなもの見ないで寝ろよって感じだけど、気になるんですよねー。

 

2020/3/12は3/9に続き、サーキットブレーカー発動しました。

この記事を書いているのは日付が変わった3/13の夜中ですけどNYダウが2000ドルを超える下落中です。

 

明日の日本株もまた暴落でしょうか。

 

保有する米国株も軒並み大暴落中で、10%を超えて下落している銘柄もチラホラありますよ!

 

米国株はちょっとバリュエーションが高すぎたので、水準訂正されていると考えると今回の下げも仕方ないのかもしれませんね。

でも、気が滅入るわ。

 

さて、放置中の確定拠出年金に久しぶりにログインしてみました。

(確定拠出年金には個人型のiDeCoや企業型があります。)

 

連日の株式の暴落といってもいいほどの下落でリスク資産の割合が減って、40%以上が元本確保型の商品になっていたので預け替え(スイッチング)指示を出しておきました。

 

 

 

確定拠出年金(iDeCo)のスイッチングは2019年7月末以来8か月ぶり

 

前回、株式の投資信託を売却して元本確保型商品へ預け替えしたのが2019年の7月末でした。

 

関連記事

【確定拠出年金】1年ぶりのスイッチング。iDeCoでの売り時と今までのリターン

 

 

今回のスイッチングは元本確保型商品の10%分だけ解約し、株式に100%投入。

約定価格は数日後にしかわかりませんけど、おそらく去年売却した時の基準価額よりも安く買えるでしょう。

 

相変わらず、確定拠出年金の毎月の積立は全額株式100%の投資信託に積立しています。

 

今回のコロナショックによる株式の暴落でどこまで下がるのかわからないけれど、下落が続く限りは元本確保型を売却し、株式へスイッチングしていく予定。

 

コロナショックによる暴落で現在の確定拠出年金の評価損益がどうなっているのか記事にしました。

関連記事

コロナショックによる株価暴落で確定拠出年金(iDeCo)の評価損益はどうなった?

 

 

株式暴落中は生き残ることを最優先にする

20200312ダウ大暴落

 

コロナショックって予想していたよりも、激しいです。

NYダウが1日で2000ドル以上下げてるんですよ!

 

ただの風邪レベルだと思っていたんだけど、自粛ムードもすごくてビックリです。

いつ頃収束するのだろう?

 

収束するまで様子見がいいのかもしれないけど、多分待てない。

待てないどころか、すでにたくさん買っちゃってますからね(泣)

 

コロナショック前はキャッシュポジション高めだったのに、買いに入るのが早すぎて現時点ではあと少しでキャッシュがなくなりそう。

 

だけど、新規資金を投入するのはまだ先。

だからしばらくは、口座内でやりくりしながらやり過ごしますよ。

 

ここ数年は配当金を除いては新規資金を投入していなくてよかったと心から思います。

 

 

まずは生き残ることが最優先!冷静に対処しましょう

 

我が家の株式はすべて現物なんで、破産することはありません。

そう考えると、リーマンショックのときと同じように別に今回の下落だってそこまで深刻に考える必要はないかなと思うんですよね。

 

もしかすると、1929年の世界恐慌のときみたいに数十年間株価が低迷するのかもしれないけど、そうなっても株式市場から退場しないといけないようなことにはなりません。

 

今回も最大で50%~60%くらいの下げを想定しておけば大丈夫じゃないでしょうか。

3/12時点で高値から20%以上下落しているけれども、半値となると日経平均12000円あたりまで下がるかも??

 

そう考えると恐ろしいですね。

中途半端な買いは自分の首を絞めることになりそうだ…。

 

ITバブルの時も50%くらい下がってましたよね?

あのときはまだ投資していなかったんで、どういう状態だったのかはわからないんですけど。

 

リーマンショックはリアルタイムで経験しましたが、高値から60%ほど下がってたのできつかったです。

数年間は我慢の日々でしたが、その後はテンバガーをいくつかゲットするなどと幸運に恵まれました。

 

関連記事

テンバガー(10倍株)達成の経験は自信になる

 

今回の暴落もやり過ごせたら、数年後にはリーマンショックのときと同じような幸運に恵まれる可能性もあります!

 

株式市場の暴落は富の移転があるのでチャンスと考えることもできるのです。

 

 

 

今は買う時なのか?様子見するのがよいのか?

 

今は買い時なのか、様子見するべきなのか?

これがわかれば簡単にお金持ちになれますが、私にはわかりません。

 

優良企業の株を納得できる価格以下になったときに、少しずつ買っていくのがいいかなと考えてますけど、どうだろう?

 

米国の優良情報サイトであるモトリーフールでは、今回の暴落における対処方法に関するアドバイスなども書かれてあり、とても参考になります。

例えば、定期的に買い増しできる人へのアドバイスや多くの現金や投資余力のある人へのアドバイスなども記事になっていますよ。

 

米国株の動向だけでなく、日本株や確定拠出年金(iDeCo)についての情報が満載なので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コロナショック時の確定拠出年金のスイッチングについてのまとめ

 

コロナショックによって株式市場は大暴落中なので、元本確保型商品から株式100%の投資信託(MSCI-KOKUSAI連動)へ確定拠出年金のスイッチングを実施しました。

 

前回、株式から元本確保型商品へスイッチングしたときよりの売値よりもだいぶ安く買えるでしょう。

 

今後も下がり続けるかもしれないけれど、そんなんこと言ってたらいつまでたっても買えませんから、適宜スイッチングしていきますよ~。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/03/13
[最終更新日]: 2020/05/20
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事