アイキャッチ

 

投資をする際にスクリーニングはあまりやらないのですが、久しぶりにSBI証券でスクリーニングをやってみました。

 

大型優良株で時価総額100億円以上、配当利回り4%以上という条件でやってみた結果、該当する銘柄が33銘柄あったのだけど、その大半がJ-REITでした。

J-REITだと5%以上の利回りは欲しいのだけど、その条件だと2つのREITしかありませんでした。

 

では、スクリーニングの結果を紹介します。

 

 

配当利回り4%以上の大型優良日本株

 

まず、大型優良株の条件設定ですが、SBI証券では下記の通りの設定となっています。

 PER 10以上、ROE 5%以上

赤字の会社を除き、株主資本を有効に使っている銘柄を抽出するため

 

 1日平均売買代金 3億円以上

売買が極めて活発な銘柄を抽出するため

 

この条件にプラスして、時価総額100億円以上で配当利回り4%以上でスクリーニングしました。

 

J-REITを除いた企業を表にしてみます。

企業名配当利回りPERPBRROE
NTTドコモ4.28%12.81.5111.79
ソフトバンク5.61%15.38.9258.48
日本たばこ産業(JT)5.49%15.22.1314.07
キヤノン5.03%17.71.508.49
ファナック4.09%27.62.689.71
東京海上HD4.65%12.11.028.41
東京エレクトロン4.66%10.83.3530.89
SUBARU5.13%15.41.399.02
大和証券グループ本社4.21%12.10.766.28
昭和シェル石油4.86%32.52.567.89
松井証券7.01%22.53.1513.99
NTN4.24%12.60.745.92
みらかHD4.28%16.61.549.29

※あくまでのスクリーニング結果です。

特に、配当については該当企業のホームページなどでご最新の情報を確認してください。

 

 

配当利回り5%越えの大型株

配当利回りが5%を超えている大型株もありますね。

時価総額の大きい順だと、

  • ソフトバンク
  • 日本たばこ産業(JT)
  • キヤノン
  • SUBARU
  • 松井証券

 

2018年の7月に大型株の配当利回りを調べた記事がありました。

関連記事 配当利回り3%超えの大型株は狙い目?JTやキヤノンは4%超えている

 

この頃に比べると、JTやキヤノン、ドコモは利回りが高まっています。

JTはすでに保有しているのですが、キヤノンも5%以上も配当利回りがあるのですね…。

 

2018年の12月下旬の株式市場の下落時には、JTは一時的に配当利回り6%超えのレベルまで売られました。

さすがに、少しは株価も戻してますけど、それでも配当利回り5%を超えてます。

 

ちょっと面白そうな企業を見つけたので、調べてみて良さそうだったら投資しようかな。

もうすぐ3月の配当取りもあるので(笑)

たまにはスクリーニングをしてみるのも、悪くはないですね。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2019/03/06
[最終更新日]: 2019/03/28
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事