配当利回り4%以上の大型優良株をスクリーニングしてみた | 長期投資でのんびり資産運用

配当利回り4%以上の大型優良株をスクリーニングしてみた

アイキャッチ

投資をする際にスクリーニングはあまりやらないのですが、久しぶりにSBI証券でスクリーニングをやってみました。

大型優良株で時価総額100億円以上、配当利回り4%以上という条件でやってみた結果、該当する銘柄が33銘柄あったのだけど、その大半がJ-REITでした。

J-REITだと5%以上の利回りは欲しいのだけど、その条件だと2つのREITしかありませんでした。

では、スクリーニングの結果を紹介します。

スポンサーリンク

配当利回り4%以上の大型優良日本株

まず、大型優良株の条件設定ですが、SBI証券では下記の通りの設定となっています。

 PER 10以上、ROE 5%以上

赤字の会社を除き、株主資本を有効に使っている銘柄を抽出するため

 1日平均売買代金 3億円以上

売買が極めて活発な銘柄を抽出するため

この条件にプラスして、時価総額100億円以上で配当利回り4%以上でスクリーニングしました。

J-REITを除いた企業を表にしてみます。

企業名 配当利回り PER PBR ROE
NTTドコモ 4.28% 12.8 1.51 11.79
ソフトバンク 5.61% 15.3 8.92 58.48
日本たばこ産業(JT) 5.49% 15.2 2.13 14.07
キヤノン 5.03% 17.7 1.50 8.49
ファナック 4.09% 27.6 2.68 9.71
東京海上HD 4.65% 12.1 1.02 8.41
東京エレクトロン 4.66% 10.8 3.35 30.89
SUBARU 5.13% 15.4 1.39 9.02
大和証券グループ本社 4.21% 12.1 0.76 6.28
昭和シェル石油 4.86% 32.5 2.56 7.89
松井証券 7.01% 22.5 3.15 13.99
NTN 4.24% 12.6 0.74 5.92
みらかHD 4.28% 16.6 1.54 9.29

※あくまでのスクリーニング結果です。

特に、配当については該当企業のホームページなどでご最新の情報を確認してください。

配当利回り5%越えの大型株

配当利回りが5%を超えている大型株もありますね。

時価総額の大きい順だと、

  • ソフトバンク
  • 日本たばこ産業(JT)
  • キヤノン
  • SUBARU
  • 松井証券

2018年の7月に大型株の配当利回りを調べた記事がありました。

関連記事 配当利回り3%超えの大型株は狙い目?JTやキヤノンは4%超えている

この頃に比べると、JTやキヤノン、ドコモは利回りが高まっています。

JTはすでに保有しているのですが、キヤノンも5%以上も配当利回りがあるのですね…。

2018年の12月下旬の株式市場の下落時には、JTは一時的に配当利回り6%超えのレベルまで売られました。

さすがに、少しは株価も戻してますけど、それでも配当利回り5%を超えてます。

ちょっと面白そうな企業を見つけたので、調べてみて良さそうだったら投資しようかな。

もうすぐ3月の配当取りもあるので(笑)

たまにはスクリーニングをしてみるのも、悪くはないですね。

米国株をはじめとした海外株式の情報が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA