【不労所得】株の配当金を無理のない範囲で増やしていく方法 | 長期投資でのんびり資産運用

【不労所得】株の配当金を無理のない範囲で増やしていく方法

もう何年も前から老後は配当金生活するという高い目標を掲げてきました。

高い目標を掲げることでモチベーションは高まり、配当収入は一切使うことなく再投資に回しています。

ここ数年は新規資金を入金しなくても(配当金は除く)、配当金による不労所得は増え続けてるのです。

どうして、入金もしないのに配当金による不労所得が増えているのか?

それは、配当金の再投資と企業努力の末の増配との相乗効果で、毎年のように受取配当金は増え続けているのです。

この良い流れを止めないようにしたいものです。

スポンサーリンク

配当金による不労所得増加の流れを止めない!

まずは、株の配当金による不労所得を毎年のように増やしていく仕組みの紹介です。

  1. 配当金を受け取る
  2. 配当金を再投資に回す
  3. 株数が増えた分、配当金が増える(減配がないと仮定)

この一連の流れを止めないようにすることが重要。

関連記事 インカムゲインを最大化させるには再投資が有効

配当金による不労所得を増やしたいのに、なぜ新規資金を投入するのを止めたのか?

数年前からは新規資金を投資口座に入金するのを止めました。

配当金による不労所得を増やすスピードを早めようと考えるのであれば、普通はせっせと投資口座に入金して株を買いまくりますよね?

それなのに、新規入金を止めたのはなぜか?

新規資金を投入してまで買いたいと思える株がないからです。

また、中途半端な株価で投資して、後に大きく下落してきてリーマンショックの時のように多額の含み損を抱えるのを避けたいという思いも強いです。

今後、株式市場全体が下落するなり、欲しい株が買いたい水準まで下落してきたら、今まで貯めていたお金を新規投入する予定。

あせらず、じっくりと待つことができるのも個人投資家の特権ですし、忍耐力を鍛える練習にもなりますよ(笑)

関連記事 個人投資家の特権、それは待つことができること。

ある程度、資産が増えてくると株式のキャピタルゲインやインカムゲインも、無視できない金額になってきています。

それに伴って、毎月の入金額ではほとんど資産に与える影響がなくなってきます。

今のところは、キャピタルゲインやインカムゲインで投資したい企業の株を買うことはできているので、無理してまで新規資金を入金する必要は感じていません。

配当金という不労所得を増やし方。仕組みを作ってしまえば単純作業の繰り返し

投資資金が少ないときは、配当金のありがたみってよくわかりませんでした。

だって100万円投資したって、1年間で受け取る配当金はせいぜい2~3万円ですもの。

配当金で単元株を買えるわけでもなく、お小遣いの足しになるレベルでしかありません。

配当金という不労所得の増やし方のコツ。投資額が少ないうちは入金を継続して再投資すること。

受取配当金が少額だからといって、せっかくの配当金は使っていいわけではないのです。

投資額が少ないときは給与収入を使って、入金を継続して投資元本を大きくして株数を増やし続けることがポイント。

投資を始めた2005年から2007年頃までは、配当金再投資の重要性に気付きませんでした。

配当金再投資の重要性に気付いたのは、リーマンショック後。

含み損が膨らんで、泣きたい気持ちだった時です。

ちょっとでも投資に回すお金を増やしたかったので毎月せっせと入金し続けました。

ちょうどその頃は、サブプライムショックやリーマンショックがあったり、不況期で株価が低迷していた時期だったので投資するには最高の環境でした。

でも、こういう不況期ってなかなか投資するのに勇気がいるんですよね。

株価が安いときって恐怖に駆られているから、なかなか買えないんですよ。

下手すると、買わないといけない場面で売ってしまうんです。

関連記事 株式投資での壮絶な損切り経験、高値から90%も下落して大損!

でも、損切りしないといけないときもあるので、正しい判断ができるようにならないとダメです。

関連記事 長期投資で含み損は損切りする?損切りしない?どちらが正しいのか。

まだまだ下がる、含み損が増えていく恐怖に打ち勝たなければならないんですよ。簡単ではないです。

投資対象はよく吟味する必要はあると思うけれども、株価が大きく下落してきてメディアで騒がれだした時には無心で投資しましょう。

関連記事 株式市場の暴落は投資家にとっては友達だ!

配当金再投資の習慣がついてしまえば、配当金という不労所得は自然と増えていく

配当金を再投資させるのは手数料もかかるし面倒ですが、日本株には米国にあるようなDRIP制度(配当金再投資制度)はありません。

でも、配当金は使わずに再投資させると決めてしまえば、あとは投資銘柄を決めて買い付けるだけ。

投資先を考えるのも楽しくなってきます。

関連記事 不労所得を増やすポイントはお金を生む仕組みを作り上げること。

実際に、下記のグラフを見てもらえばわかるように、配当金を再投資することと増配してくれる企業が増えてきたので、受取配当金は増え続けています。

まぁ、配当金狙いで高配当株にも投資はしていますが。

2018年受取配当金推移

株主優待も立派な不労所得!優待株投資で楽しみも増える

基本的に未成年口座では、なるべく配当利回りの高い優待株を1単元だけ買うようにしています。

未成年口座でも資産が少しずつ増えてきたので、配当金で毎年いくつかの優待株に再投資できます。

優待株投資って賛否両論ありますけど、私は好きです。

楽しみながら投資ができますよ。

でも、優待が魅力的だからといってバリュエーションを無視した投資はしません。

それに、優待銘柄特有のリスクもあります。

関連記事 配当金と株主優待で楽しみながら投資をする

なかなか侮れないのが、生活費を抑えるのに株主優待は役立つのです。

ギフト券などの金券優待は大活躍で、ドラッグストアなどでも使えることも多いですから、薬や日用品を買ったりできますよ。

本当に家計の節約に大助かりです!

まとめ

配当金による不労所得が毎年のように増えていくのを見ると、楽しくて仕方がないです。

配当金再投資させていく投資法は、一気に資産が増えることはないですが、時間をかけて少しづつ増やしていこうとする投資家にはピッタリの投資法だと思います。

米国株をはじめとした海外株式の情報が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA