予算200万円で毎月優待がもらえるポートフォリオを考えた

 

株式投資をする理由って人それぞれだと思うのですが、株主優待が欲しくて投資を始める人もいるかと思います。

 

我が家でも実際にたくさん優待品はいただいていますし、節約にもつながるのでかなり重宝していますよ。

 

毎月、何かしらの優待品は届いています。

 

カタログギフト、地域特産品、クオカード、ギフトカード、図書カードなど本当にいろいろな物が送られてきます。

 

6月は配当も1年間で一番多い月なので、優待と配当金とダブルで楽しみな月になります。

 

今回は優待をもらってみたい!と考えている人向けに200万円という予算で毎月優待がもらえるポートフォリオを考えてみました。

 

 

優待株投資で気を付けたいこと

 

株主優待投資で気を付けたいのが、割高すぎるものはできるだけ避けるということ。

 

業績もよくないのに、株主優待が魅力的すぎて考えられないほどの割高な水準まで買われている銘柄もあります。

無配&優待廃止なんかになったら、株価はフリーフォール状態になるかもしれません。

 

割り切って投資するのもありだけど、あまりおすすめはしない。

 

自社の商品が優待品になっている企業なら優待継続は大丈夫かもしれないけれど、金券系の優待だったら業績が悪化したりしたら廃止や改悪になるかもしれないということは承知の上で投資することをおすすめします。

 

実際に私も何度も優待改悪や優待廃止された経験があります。

 

もともと優待株投資は100株や200株だけ投資することが多いので、たとえ優待が廃止されたとしても実害はそこまで大きくはないけれども、まあイヤなものですよ。

 

中には業績が良くても株主平等の原則に従って優待を廃止しますなんていう企業もありましたからね。

そんな理由なら、最初から優待制度なんて導入するなよって感じですが。

 

 

予算200万円で毎月優待品がもらえるポートフォリオを考えた

 

今回は予算200万円で毎月優待品がもらえるポートフォリオを考えてみました。

 

権利月 銘柄 優待内容 株価
1月 ダイドーグーループHD 自社商品詰め合わせ

(ジュースやゼリーなど)

4780
2月 トランザクション 自社製品(選択制) 1082
3月 KDDI カタログギフト

(長期優遇あり)

3199
4月 正栄食品工業 自社商品詰め合わせ

(お菓子などのセット)

4345
5月 宝印刷 カタログギフト

(長期優遇あり)

1882
6月 ALサービス 食事優待券 1968
7月 ダイドーグーループHD 自社商品詰め合わせ

(ジュースやゼリーなど)

4780
8月 トランザクション 自社製品(選択制) 1082
9月 ステップ クオカード

(長期優遇あり)

1517
10月 正栄食品 自社商品詰め合わせ

(お菓子などのセット)

4345
11月 スターマイカ クオカード 1467
12月 ALサービス 食事優待券 1968

 

2020/6/5終値で計算して合計200万円くらいです。

 

1月、7月に優待がもらえるダイドーグループ以外は過去に保有していた or 現在も保有している銘柄ばかりです。

 

 

予算200万円毎月優待株ポートフォリオについてのコメント

 

そこそこ業績がよい企業を選んだつもり。

トランザクションなんかは株価の伸びしろはあると考えてます。

 

クオカード、飲み物、お菓子、カタログギフト、食事優待券など1年間でいろいろと楽しめるラインナップだと思います。

 

6月と12月のアークランドサービスは『かつや』や『からやま』が有名ですが、コロナ禍でも月次はそれなりによかったですよ。

前年比でマイナスになったのは、4月だけですからね。

 

KDDIは連続増配企業ですし、業績は安定、配当利回りも高い、そして優待までついているのでおすすめです。

 

1月や7月の優待実施企業がほとんどなくて、ダイドーグループHDにしましたが50万円弱もするので、優待目当ての投資ではちょっと難しいかもしれませんね。

 

ダイドーグループHDの代わりだと、イナバ物置で有名な稲葉製作所だと14万円ほどで7月に図書カードがいただけます。

そして、1月はミサワにすると300株以上でunicoのタオルなどがもらえますよ。

 

4月と10月の正栄食品工業も40万円を超えますが、優待の中身が素晴らしいのでおすすめです。

ここは優待の中身だけで決めました(笑)

オススメ

正栄食品工業の株主優待は豪華なお菓子セットがもらえておすすめ

 

 

毎月優待株がもらえるポートフォリオを考えるのは楽しい

 

毎月優待株がもらえるポートフォリオを考えるのはすごく楽しいです。

 

今回は予算200万円で考えたポートフォリオなのであまりいろいろな優待株を紹介できませんでしたが、個人的に好きな優待株はもっとたくさんあるので別の機会にでも紹介します。

 

本 の 売れ筋ランキング

 

日本企業や米国企業の業績チェックにはマネックス証券の銘柄スカウターがおすすめです。

 

\銘柄スカウターが無料で使える/

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/06/08
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事