長期投資で含み損は損切りする?損切りしない?どちらが正しいのか。 – 長期投資でのんびり資産運用

長期投資で含み損は損切りする?損切りしない?どちらが正しいのか。

株式投資をしてしばらくすると直面する問題。

それは損切についてではないでしょうか。

損切りが必要であるという人、損切は必要でないとする人、どちらもいますよね。

私はというと場合によっては損切りすることもあるし、損切りしないで保有し続けていることもある。

どんな場合に損切して、どんな場合には損切しないのかについては、私なりの理由があります。

簡単に書いてみると、こんな感じでしょうか。

短期投資の場合(あまりしないけれども)

  • 思うように株価が動かない場合は、すぐに損切り

長期投資の場合

  • トータルで利益が出ている場合は、税金対策のために年末に損切りして書い直しする
  • 業績見通しが投資した時とは違っていた場合は損切りする
  • 米国株投資では売買手数料がかさむので、ほとんど損切しない。

スポンサーリンク

損切りの必要性は投資法によって違う

損切りについては、投資法によって損切するか、しないかはだいたい決めています。

  • 短期投資の場合は、損切する
  • 中長期投資の場合は、損切しない。(税金対策のために損切することはあります)

税金対策のための損切についてはこちらの記事をどうぞ。

オススメ 株の含み損銘柄を有効利用して節税対策

多額の含み損を抱えていると、ものすごく不安になります。買ったとたんにすぐ含み損になって、騰がる気配すらないときとか。

不安で夜も眠れないとか、日々の生活に支障がでるレベルならば、短期投資とか長期投資とか関係なく思い切って損切すべきです。

一旦、損失が確定することで心理的なダメージは大きいでしょうが、リセットした状態でもう一度よく考えて、やっぱり魅力的な企業だと思えばまた買い直せばいいのです。

冷静な判断ができなくなると困るので、投資する時は心の健康が大事です。

関連記事 含み損を抱えて不安な時に心の支えになったものとは?

短期投資の場合の損切りの必要性

あまり短期売買はやらないですけど、市場全体が急落した時や何かの材料が出た場合に株価の変動が高くなる時ってあります。

その時はたま~にですが、短期売買します。

本当は短期売買はやらないと決めているけど、儲けがでるかもしれないという欲に勝てずに取引してしまうことがあるのですよ…。弱い人間です。

そういう取引は自分の中では投機なので、思惑が外れた場合は含み損の金額が大きかろうが関係なく、さくっと損切します。

所詮、投機なので長期で持つつもりはなく買っているので、ダメだと思った時点で損切りします。長期保有するつもりもないのに思惑が外れて含み損になったからといって持ち続けることはできません。

これはいわゆる塩漬け株ですよね。絶対にイヤです!!

長期投資の場合の損切りの必要性

私の投資法は主に個別株の中長期投資。

日本株では長期投資を前提に投資先の企業をしっかりと調べて買うように努力はしています。

株を実際に買う前には、その会社の魅力、成長性、弱点などを、もう一度二分間だけ自問自答してみるとよい。子どもにも理解してもらえるまでに理解がこなれていれば、その会社の株に対する投資準備は万全と言えるだろう。

ピーター・リンチの株で勝つ

ピータ・リンチもこのように言っているので、きちんと調べた上で投資することが大切だということがわかりますよね。

そして、しっかりと下調べをした企業の場合は需給の関係で株価が下がってもそんなには不安になりません。

業績見通しが悪いために下げている場合でも売るべきか、そうでないかの判断くらいはできると思います。

その判断すらできないということは、はじめから投資してはいけないのではないでしょうか。

長期投資の場合でも、業績回復の見込みがないようならば、損切は必要だと思うので私なら損切りします。

長期投資で損切りをしない企業

私が投資している米国株(外国株)は誰もが知っているような優良企業ばかりです。

こういった企業の株式でも一時的な業績不振のために売られることはあっても、いつかはまた元の水準にまで戻ってくる可能性が高い。

最近の例を挙げると、エクソン・モービルは上流工程が利益の柱だけど、原油価格の低迷で利益は半減しているので業績は悪いです。

だけど、これは一時的なものだと思っていて原油価格もいずれはまた騰がってくることもあるでしょうし、不安に思っていないので今年も買い増ししています。

また、P&Gやジョンソン&ジョンソン、アルトリアグループ、フィリップモリスのような毎日のように世界中で消費されるような商品(生活必需品)を扱っている企業の株式については、たとえ含み損を抱えていたとしても損切りはしません。

生活必需品業界の優良企業
FMCG業界には優良といわれる企業が多いです。 FMCGとは日用品や一般消費財のこと。食料品や飲料や生活用品、化粧品などで、これらは世...

関連記事 生活必需品業界の優良企業

むしろ安値は絶好のチャンスだと思って、積極的に買い増していきたいくらいです。

インデックスファンドの場合の損切りの必要性

しっかりと時間をかけて選んだインデックスファンドの場合で数十年積み立てていこうと考えている場合は、損切りはまず必要ないと思いますね。

むしろ買い増しのチャンスだと思います。

株式市場が右肩下がりの時もこつこつと積立投資をするのは精神的にもしんどいだろうけれど、下がり続ける相場もないですし、下落相場ではむしろ買うべきであって損切りなどしない方がいいです。

インデックスファンドのメリットは、幅広く分散投資ができる点。

個別株投資と違って、投資先企業が数社が倒産しようがほとんど関係ないですよね。

だから損切りはしてはいけない。続けた方がいいです。

私もセゾン投信(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)をリーマンショック前から積立続けていますけど、3年ほど含み損を抱えていたのですが、積立をやめることなく継続したので、ちゃんと利益はでていますよ!

まとめ

損切りについてのスタンスは本当に人それぞれだと思いますし、正解なんてないのでしょう。

株の含み損を抱えた場合にどう対処するのか?
2008年の金融危機以降、株式市場は比較的堅調ですが、いつかは低迷するときがやってきます。 そういうときに心配なのは何といっても損失を...

関連記事 株の含み損を抱えた場合にどう対処するのか?

最悪なのは一時的なパニック相場で怖くなって損切りすること。これほど愚かなことはありません。

冷静で忍耐強い投資家になろう
投資で成功するために必要な事って何でしょうか? 財務諸表が読めることや定性分析ができることは投資をする上で重要だし、有利であることは確...

関連記事 冷静で忍耐強い投資家になろう

いつものことだけど、自分の投資法にぴったりと合った方法で投資していくしかないです。

そのためには自分なりの投資法というものを確立して地道に努力していく必要があるのではないでしょうか。

投資は続けていくことで、こうした方がよかったとか反省すべき点が見えてきます。

すると含み損を抱えた場合でも、あまり悩むことなく対処できるようになると思いますよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA