コロナ禍でダウの犬投資法のリターンが悲惨なことに!(2020/5時点)

 

ダウの犬投資法のリターンについて定期的にウォッチしているのですが、2020年5月中旬現在で悲惨なことになっていました。

 

NYダウの年初来リターンは約-17%なのですが、ダウの犬は圧倒的にアンダーパフォームしています。

バフェットも投資を推奨するS&P500は非常に優秀で、年初来リターンが約-12%。

 

 

S&P500に関しては2020/3/23辺りを底にだいぶ株価も復活してきているのだけど、ダウの犬は悲惨としか言いようのないリターン。

NYダウも-17%と冴えないリターンですけどね。

 

2020年のダウの犬投資法の銘柄の中でも足を引っ張っているのが、年初来リターンが約-40%のDOW(ダウ・ケミカル)とXOM(エクソンモービル)です。

他にも、WBA(ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス)も約-36%と軟調です。

 

では、2020年5月中旬現在のダウの犬銘柄の株価を見ていきます。

 

 

2020年ダウの犬投資法(ダウの負け犬)の10銘柄を確認

 

2020年ダウの犬銘柄を紹介します!という記事でも紹介しているのですが、もう一度ダウの犬10銘柄を書いておきます。

2020年ダウの犬の構成銘柄は、下記の10社になります。

 

symbol株価2019年末配当利回り2019年末
DOW54.735.21%
XOM69.784.99%
IBM134.044.82%
CVX120.514.02%
VZ61.44.05%
PFE39.183.91%
MMM176.423.39%
WBA58.963.21%
KO55.352.97%
CAT147.682.80%

 

 

ダウの負け犬のリターンは悲惨

 

ダウの負け犬銘柄が2020/5/14終値でどうなっているかというと、これがもう悲惨なのです。

 

symbol株価2020/5/14リターン
DOW33.51-38.77%
XOM42.3-39.38%
IBM116.95-12.75%
CVX90.05-25.28%
VZ54.91-10.57%
PFE37.92-3.22%
MMM135.99-22.92%
WBA38.85-34.11%
KO43.7-21.05%
CAT106.19-28.09%

 

一番マシなのがPFE(ファイザー)で、S&P500よりも高いリターンですね。

PFEとVZ、IBM以外はどれも年初来リターンが-20%を超えており、NYダウにアンダーパフォームしています。

 

ダウの犬全体でのリターンは-23.61%となっています。

もう、ボロボロですね!

 

 

ダウの勝ち犬のリターンはやはり高い!

 

勝手にダウの勝ち犬って名前を付けちゃいましたが、2020年ダウの犬銘柄を紹介します!という記事でも紹介しているようにダウの負け犬と違って配当利回りの低い順に5銘柄をピックアップしたポートフォリオです。

 

symbol2019年末株価配当利回り
V187.900.65%
NKE101.310.98%
AAPL293.651.10%
DIS144.631.20%
MSFT157.701.32%

 

このポートフォリオはやはり優秀で、年初来リターンは約-5%と大健闘です。

5銘柄中なんと2銘柄が年初来リターンはプラスなのですよ。

 

symbol株価2020/5/14リターン
V180.9-3.73%
NKE86.55-14.57%
AAPL309.545.41%
DIS105.91-26.77%
MSFT180.5314.48%

 

コロナ禍で、このリターンは凄いですよね。

 

プラスリターンの2銘柄はなるほどと頷けるものです。

  • AAPL(アップル)
  • MSFT(マイクロソフト)

 

どちらも保有していない(泣)

 

一時的にAAPLに投資していた時期もあったんですけど、薄利で売却しちゃったんですよね。

関連記事

銘柄選びで大幅に変わる利益!子供の希望通りにAAPLをホールドしておけばよかった

まとめ

 

2020年のダウの犬投資法は後半で巻き返すことができるのでしょうか?

S&P500はコロナ禍でも年初来リターンが-12%ほどなのに、NYダウは-17%とすごい差がついてます。

そして、ダウの負け犬は約-24%でボロボロ、ダウの勝ち犬は約-5%と大健闘と非常に差がつく結果となりました。

 

今後も定期的にダウの犬投資法のリターンは記事にしていきます。

 

ダウの犬の投資方法や過去のリターンなどを詳しく知りたい人は読んでみて下さい。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/05/15
おすすめの記事