お金はいくらあれば安心?リタイアできるくらい必要? – 長期投資でのんびり資産運用

お金はいくらあれば安心?リタイアできるくらい必要?

このブログを読んで下さる方はお金や投資に興味のある方だと思うのですが、目標とする資産額はいくらでしょうか?

アーリーリタイア(セミリタイア?)するために、投資を頑張っているという人もいるでしょうし、私みたいに老後に配当金生活がしたいから投資を頑張っている人もいる。

目標金額に関しては本当に人それぞれだと思いますが、もしその目標金額を達成したら投資をやめたり、仕事を辞めますか?

ある程度の資産を築いたらセミリタイア(リタイア)する人はいるかもしれないけど、おそらく投資を止める人はほとんどいないのではないかなと思います。

当初の目標金額に到達してリタイアしたとしましょう。

その後、投資からの収入がなく、貯金を取り崩していくだけの生活は私は怖くてできませんし、多数の方は資産運用は多かれ少なかれ続けるでしょう。

投資をしていれば定期的に配当金を受け取ることもできる(インカムゲイン)し、キャピタルゲインも期待できるので、セミリタイア後の貴重な収入になりますからね。

お金って不思議な魅力があります。

たくさん持ってても、もっともっと欲しくなる。そうでない人もいるかもしれないけど、私はもっと欲しくなる危険なタイプ(笑)

では、お金ってどれだけ保有していれば人は満足するのでしょうか?

スポンサーリンク

安心できる資産額はいくら?

これだけ持っていれば、安心という資産額(純金融資産)ってどのくらいなんでしょう。

いくらお金があれば安心できるか?アンケートの回答

とあるアンケートによると最低では50万円から5億円以上と幅広い回答が得られたそうですよ。

50万円はさすがに少なすぎだと思うけれど、5億円なんてお金はほとんどの人が生涯保有することのない金額です。

もしも純金融資産(不動産を含まない)で5億円以上保有となると、野村総合研究所の定義では超富裕層になります。しかも日本には超富裕層は5.4万世帯しかいません。

それなのに5億円以上ないと安心できないってすごい不安症の人なんでしょうか。5億円なんて想像もできないです。

5億円もの純金融資産があれば、投資などから得られる不労所得だけで家族がいても、十分に生活していけるレベルですから、お金の心配は何もしなくてもよいです。

超富裕層、うらやましぃ~。

5億円ないと不安と回答した人はおいといて、多くの人は1億円と答えたそうです。

確かに色んな投資ブログを読んでいると1億円を目標にしている人が多いなと思います。

1億円はキリがいいですからね。一応、富裕層という区分になりますし。

多くの人は1億円あれば安心らしい

1億円はほとんどの人が一生をかけても保有することのない金額で確かにすごい。

だけど、1億円はお金持ちの入り口でしかないとお金持ちの教科書には書いてありましたし、実際に1億円では独身でなく家族のいる世帯だと投資から得られる不労所得(配当金生活)だけで生活するのは難しいです。

配当金生活をするためには、いくらお金があれば達成できるのかについて記事にしましたので参考にしてみてください。

想像以上に配当金生活のハードルは高いです!

関連記事 配当金生活するにはいくら必要なのか?

1億円保有していて、給与収入などの定期的な収入が継続できるのであれば、安心してよいでしょう。

でも、給与収入などの定期的な収入が見込めない場合は、1億円だけでは安心できないことが多い。

何歳で保有しているかによって、安心度は違ってきますが。

日本ではおよそ6000世帯のうち、富裕層は100万世帯ほどありますから、1億円を保有している世帯というのは珍しいことではないのですよね。

60歳や70歳の時点で1億円を保有していれば安心できると思うけれども、30歳で1億円だとまだまだ安心はできないし、アーリーリタイアなんてできません。

ひとり暮らしだとか、その他の安定した収入があれば話は別ですよ。

一般的な世帯だと子育てや教育にもお金がかかる、家も買わなくてはいけない、老後資金も必要だし、お金は次から次へと必要になってきますから、30歳で1億円を保有していたとしても私だったら、リタイアなんて到底できないし全く安心なんてできません。

やはり、不労所得だけで何の不自由もなく生活できるだけの資産を保有していないと安心できない。そうなると数億円は必要になってきます。2~3億円くらい?

2億ではまだちょっと不安なので、やっぱり3億円は欲しい!

だけど、そこまで到達するのは至難の業ですが。だからこそ、そこを目標にしています。

お金に関して不安になりすぎるのはやめよう

お金に縛られない生活を送りたいと思っても相当の資産家でもない限り、不労所得での生活って想像以上に難しいです。

お金に関しては色々と不安はあるけれども、心配ばかりしていても仕方がない。

「何とかなるさ。」という開き直りの精神も大事かと。

上を見ればキリがないし、下を見てもキリがない。

貯金もゼロだったり、仕事もしていなかったりした場合はあまりにも楽観的な考えは禁物だと思うけれど、大抵は何とかなるんじゃないでしょうか。

あまりにも心配しすぎると、せっかくの人生が楽しめませんからね!

だけど、適度に遊びつつも、お金を貯める、殖やす努力は続けるべきです。

まとめ

結局はいくらお金があったら安心できるのかというのは、自分自身の考え方次第ですよね。

私なら、配当金生活など不労所得から得られる収入で何の不安もなく好きなことをしながら生活できるレベル(3億円くらい)になれば、お金の不安は消えると思います。

でも、そんなことは現実的な話ではないですよね?

そう考えると、お金について心配しすぎもよくないし、楽観的すぎるのもよくないのです。

将来を悲観して貯めこみすぎるよりは、一度しかない人生を楽しみながら、できる範囲で貯めていった方がより有意義に過ごせる気がします。

お金を貯める理由は、将来使うためです。お金を貯めることが目的ではないはずです。

好きなことをできるだけやって、生きていきたいですよね?

貯めるだけ貯めて、使わないうちに寿命が来てしまったら、それこそ悲劇。

だから、日々の生活を楽しみつつも、お金に働いてもらう仕組みづくりに専念して、少しずつでも受取配当金を増やしていく努力は惜しみません。

関連記事 お金が貯まる仕組みをできるだけ早く作り上げる!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA