入金投資法を実践するには覚悟が必要 – 長期投資でのんびり資産運用

入金投資法を実践するには覚悟が必要

最近は入金投資法というものが流行っているようですね。

人的資本を活かして、毎月の収入から一定金額をせっせと投資口座へ入金し続ける投資法のことのようです。

入金投資法というのは、投資信託の積立投資に似ています。

運用資産が少ないうちは証券口座への定期的な入金はした方がよいと思いますし、資産を増やすにはかなり効果的な方法であると思います。

まずは投資元本を大きくしていかないと、いつまでたっても資産は増えていきませんから。

しかし、注意しなければならない点もあります。

スポンサーリンク

入金投資法はどんな時でも継続する覚悟が必要

入金投資法は株式市場が好調なときは、投資家も心地よいので投資口座へどんどん入金できます。

でも、反対に株式市場が暴落したら?暴落まではいかなくても、だらだらと下落する日々が続いたら?

株式市場が好調だったときと同じように入金を続けることができるでしょうか?

投資信託の積立投資と同じで、株式市場が大幅に下落を続けている時でも継続できなければ逆効果な気がします。

株価が値上がりしている時だけ、せっせと入金して買付しているとどうしても買い付け単価が高くなってしまいますから。

株式市場が好調なときは買えば買った分だけ値上がりしていくので、入金投資法も気持ちよく実践できるだろうけれど、反対に株式市場が下落し続けた時に入金投資法を止めてしまうとどうなるでしょうか?

下落し始めた恐怖で入金をストップしてしまうと、高値掴みした株の含み損だけが残ってしまいます。

買付をストップしてしまって高値掴みしていたとしても、優良企業の株式であれば、いつかは含み損も解消される日がくるだろうけど、回復するまでには非常に時間がかかるでしょう。

一方で、株式市場が好調なときだけでなく、下落を続けている時も入金投資法を実践することで買い付け単価も低くなっていきますし、相場が反転すれば株数も増えているために、より早く資産が回復します。

運用資産がかなり大きくなってくると毎月の入金はほとんど効果はなくなってきますが、投資元本が小さいときは特に、投資口座に新規資金を投入することは資産を殖やしていくには非常に効果的なのです。

買い付け単価を下げるためにも、下落している時にこそ同じように新規資金を投入し、株数を増やし続けることは本当に重要なのです。

関連記事 株式市場の暴落は投資家にとっては友達だ!

関連記事 弱気相場の時こそ持ち株数を増やすチャンス

入金投資法をするなら、計画的に!

入金投資法をするなら、計画的にすることをおすすめします。

株式市場に逆風が吹き荒れている時でも必ず決めた金額を入金し続けられるように努力すべきです。

下落しているときこそ、通常時よりも入金額を増やしていけるとさらによいです。

株価が低迷している時は同じ入金額でもより多くの株数を買い付けることができますから。

投資信託のつみたて投資の考え方と同じですね。

入金投資法はリーマンショックのときのように恐怖に包まれているときでも継続できるのであれば、資産を殖やすにはかなり効果があるけれども、途中で止めてしまうのであれば、最初からやらない方がよいでしょう。

最悪な場合には、損失だけ出して終わってしまうということにもなりかねません。

入金投資法をするのであれば、それなりの覚悟が必要だと思います。

何事も継続するのは大事ですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA