2018年夏のボーナスの予想金額と使い道は? – 長期投資でのんびり資産運用

2018年夏のボーナスの予想金額と使い道は?

ボーナスの時期ですが、使い道は決まっているでしょうか?

例年通りに全額貯金といきたいところですが、今から2~3か月間ほどは子どもの習い事の費用が一時的に跳ね上がる(60万円ほど)のでボーナスから出す予定のため、あまり貯金はできそうにありません。

古くなってきた家電もいくつか買い換える予定でし、出費が続きます(>_<)

ちなみに、ボーナスから投資にはまわす予定はなしで、教育費、家電などの特別費、夏の旅行(1泊2日の予定)の残りは貯金します。

スポンサーリンク

2018年ボーナス支給額の平均はいくら?

勤めている企業によってもボーナスが出るところと、出ないところがあるようですが、各社のアンケートを見ていると8割の会社にボーナスがあるみたいですね。

アンケートもいろんな企業が実施していますが、各社それぞれ結果は違っています。

日経新聞調査の平均支給額は82万円超えですが、市場調査ホノテの調査結果では45万円強でしたし、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査した民間企業(事業所規模5人以上)では37万円となっていて、アンケート対象の属性によって大きく隔たりがあります。

日経新聞の調査結果では平均支給額は82万9726円

平均支給額は82万9726円(税込み)でした。

製造業が89万2702円で、非製造業が62万8131円だそうで、製造業の引き上げが全体の底上げになったようです。

2018年、夏のボーナス平均支給額ランキング

出典元:マイナビニュース

会社別ボーナス支給額ランキング

こちらもマイナビニュースから。

会社別のボーナス支給額ランキングです。

ソニーは160万円超えですよ。冬のボーナスと合わせると300万円超えますね!

2018年、夏のボーナス会社別ランキング

出典元:マイナビニュース

ボーナスの使い道ランキング

消費者庁のアンケートによると、2018年夏のボーナスの使い道ランキングはこのようになっていました。

  1. 貯蓄(47.7%)
  2. 旅行(22.9%)
  3. ローンの支払い(20.0%)
  4. 教育関連費(18.1%)
  5. 家電製品やパソコンなど(10.9%)
  6. 商品・サービスの購入(10.0%)
  7. 投資(7.0%)
  8. 特に決めていない(22.3%)
  9. その他(5.3%)

貯蓄する人が半数もいます。

我が家は先ほども書いたように教育費、旅行、家電で残りが貯蓄です。

まとめ

ボーナスは勤務先の業績に左右されるものなので、基本的にはボーナスをアテにした生活はしていません。

昔はボーナスが出るとささやかなご褒美として、夫婦でお小遣いを増額していたときもありましたが、投資を始めてからはそういうのも止めてしまいました。

使うよりも株を買いたいと思うようになったんですよね。

今までは、株式市場が低迷しているときはほぼ全額を投資にまわすように心掛けていましたが、数年前からはボーナスを投資口座に入金することはなくなりました。

基本は全額貯金していたということです。

ただ、7~9月は教育関連費が通常よりもかなりかかるのでボーナスから出すことにしました。なるべくなら、ボーナスに頼ることはしたくはないのですが、仕方がないです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA