配当金のみで投資元本回収までもうすぐの銘柄。コストゼロの恩株になる日も近い! | 長期投資でのんびり資産運用

配当金のみで投資元本回収までもうすぐの銘柄。コストゼロの恩株になる日も近い!

米国株への投資の目的は、受取配当金を増やすことです。

だから、投資先の米国株に関しては配当金のみでどれくらい投資元本が回収できたかに非常に興味があるので、定期的にチェックしています。

関連記事 配当金は雪だるま式に増えてる?配当金での元本回収率を調べてみた

関連記事 配当金だけでどれだけ投資元本が回収できたか?【2019年6月】

でも、日本株はキャピタルゲインが目的で投資していることが多いので、どれくらい配当金で元本回収が進んでいるかなんて定期的に調べたりはしていません。

でも、今回は日本株に関して配当金のみで元本回収できた銘柄があるのかを調べました。

すると、残念ながら税引き後の受取配当金だけで考えると、配当金のみで投資元本を回収できた銘柄はありませんでしたが、今年中(2019年中)に配当金のみで元本回収に成功できる銘柄がありました!

ちなみに優待を実施している企業もあわせると、配当金と優待で投資元本を回収した企業はいくつか保有していました。

関連記事 連続増配と株主優待株への投資で元本回収時期を早める!

とりあえず税引き後の受取配当金のみで投資元本が回収できれば、コストゼロの株になりますから、その銘柄への投資は成功したといってもいいでしょう。

今後、株価が下がろうが元本を回収しているので、全く問題はないのです!

スポンサーリンク

もうすぐ税引き後の受取配当金のみで投資元本回収できる企業は?

今年中(2019年)に受取配当金(税引き後)のみで投資元本を回収できる見込みの企業は船井総研HDです。

船井総研HDへの投資を開始して株数を増やしていったのが、2009年から2010年の間です。

船井総研チャート 2006-2019

船井総研への投資を開始し始めた2009年といえば、リーマンショックがあって大抵の企業は売り叩かれていた時期なので、今と比べると信じられないくらいの株価で放置されていたものも多かったです。

2010年に最後に買付してからは、ほぼ放置です。

途中で2回の株式分割があったタイミングで少し利益確定はしていますが。

増配のおかげでより早く、配当金のみでの投資元本回収が早まる!

ありがたいことに業績もよく、最近では毎年のように増配しています。

毎年増配してくれることで、より早く投資元本が回収できるようになるのです。

船井総研ホールディングス 配当金推移

出所:船井総研HD

日本株で増配してくれるということは、企業業績も好調な場合が多いです。

業績が良ければ株価も騰がることが多いので、増配+株価の値上がりを楽しめる状態になってます。

YoCは10%を軽く超えた

増配してくれることで、YoC(買値からの配当利回り)も10%を軽く超えてます。

今後も業績が順調に拡大していくかどうかはわからないけれども、業績が良ければ、さらにYoCが高くなる可能性も十分にあります。

長期投資は確実に利益がでるとは限らないけれども…

長期投資をしていれば必ず利益がでるとは限りません。

かなりの高値で投資した場合は、利益がでるまでにはかなりの時間がかかるでしょう。

また、業績が順調に拡大するとも限らないわけで…。

関連記事 長期投資は確実に儲かるというのは幻想

株式投資を開始してから、15年目で初めて受取配当金(税引き後)のみで投資元本を回収できる見込みになりました。

船井総研HDの6月の権利は取ったので、配当金が支払われる9月には配当金のみでの投資元本回収を達成できます。

かなり長い時間を必要としましたが、値上がり益以外で投資元本を回収するというのはうれしいことです。

次は米国株でも同じように配当金のみで投資元本を回収してみたいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA