キャピタルゲイン優先して暴落時に投資した大型株を利益確定 | 長期投資でのんびり資産運用

キャピタルゲイン優先して暴落時に投資した大型株を利益確定

2019年の株式市場は今のところ、非常に堅調です。

2018年末は世界経済に減速懸念とかいわれて悲惨な暴落に襲われていたのに、わずか2か月でガラリと変わるものですね。

日経平均終値で2万円割れ

そして、2か月後の今は日本株も米国株も株価は急回復!

S&P500とTOPIXチャート20190220

青線:S&P500  赤線:TOPIX

特に米国市場の回復が急ですね。どこまで騰がるんだろう??

前回の暴落時には残念ながら米国株の買い付けはしなかったのだけど、日本株は大型株や優待株を中心に広く浅く買い付けました。

関連記事 株式市場の暴落はチャンス、日本株を広く浅く買い付け

関連記事 株式市場の暴落は続く。優待銘柄や大型株を買い!

このときに投資した大型株は全て利益確定して、キャッシュを増やしました。

当時はインカムゲインが増えると喜んでいたのだけど、決算発表も微妙なものもあったのでキャピタルゲインを優先することに。

キャピタルゲインとインカムゲインのどちらを優先するかは悩ましい問題ですよね。

基本的には今でも日本株はキャピタルゲイン狙い、米国株はインカムゲイン狙いが多いです。

関連記事 キャピタルゲインとインカムゲインの違いとどちらが重要なのか

スポンサーリンク

2か月で40%以上値上がりしたソフトバンクGを利益確定

もともとソフトバンクGの株は長く保有するつもりはなかったのだけど、今年の1月は株式投資は放置状態だったのが功を奏しました。

自社株買いの発表があったりして、ストップ高になったこともありました。

孫さんは、今の株価でもまだまだ安すぎると決算発表でもおっしゃってましたし、定期的に自社株買い(上限は6000億円)が入るだろうからまだ騰がるかもしれないけど、もう十分すぎるくらい値上がりしたので、欲張らずに利益確定しました。

他にも、昭和電工やマブチモーターなどの大型株も全て利益確定。

マブチモーターは優待がもらえるので200株だけ残しておこうか迷ったけれど、今後の業績に不安が残る決算だったので全部売却です。

これでキャッシュがまた手厚くなりました!

いつ来るかわからない次の下落に備えたいです。

優待目当てで投資したスターマイカは損切り!

2018年の12月の暴落時には優待株も未成年口座と私の口座でいくつか買いましたが、ある程度はこちらも利益確定しました。

パイオラックスは全部売却、優待が魅力的なトラスコ中山は1単元を残して売却。

スターマイカは全部損切りしました。

スターマイカは知らない間に株主優待も改悪されていましたし。

以前は入浴剤がもらえていたけど、次回からはクオカードのみになります。

利益の一部を使って含み損のインフラファンドを買い増し

分配金目当てでインフラファンド3社に投資しているのですが、その中でも含み損である日本再生可能エネルギーインフラファンドを買い増しました。

増資したという理由もあってか、株価がダダ下がり…。

いろいろと売却したために受取配当金予定額も減ってしまいましたし、ちょうどよいタイミングです。

でも、本当にインフラファンドって人気ないですよね。

値上がり益が期待できないからでしょうか?

私はインフラファンドは数年間は保有し続けて、分配金が受け取れればいいやくらいに考えてます(笑)

関連記事 インフラファンドを利用して毎月配当金ポートフォリオを構築

まとめ

やはり今は守りの投資を心掛けたいので、キャッシュは厚めにしておくに限ります。

これでいつでも、また買い下がりができます。

次は米国株の買い増しもしていきたいけど、なかなか欲しい銘柄は下がってきません。

待ってる日々が長くて暇すぎる(>_<)

関連記事 攻めの投資と守りの投資、今は守りの投資を重視する。

2018年末の暴落は運よく反発しましたから、こうやって利益が出ましたがいつも暴落のたびに反発するとは限りません。

次の暴落は長く続く下落相場の始まりかもしれませんし。

暴落がきたからといって、全額を一気にぶち込むようなことはせず、納得できる範囲で納得できる銘柄にコツコツと投資していくのが安心です。

米国株をはじめとした海外株式の情報が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA