つみたてNISAの投資期間20年は確保の見込み。一般NISA終了後に利用しようかな。 | 長期投資でのんびり資産運用

つみたてNISAの投資期間20年は確保の見込み。一般NISA終了後に利用しようかな。

つみたてNISAと一般NISAってどちらが利用者が多いと思います?

2018年末時点では圧倒的に一般NISAの利用者が多いです。

証券会社におけるNISA口座数の推移

出所:日本証券業協会の資料より

2018年末でのつみたてNISA利用口座数は53万だったのに、2019年6月末では147万口座まで増加してます。

すごい勢いでつみたてNISA口座数が増えてますね。

つみたてNISAをこれから利用しようかという人には朗報。

当初は2037年が投資期限だったのが、いつ開始しても20年間は非課税で積立できるようになる見込みなのです。

スポンサーリンク

つみたてNISAの投資期間はいつ開始しても20年間は確保される

 政府・与党は、「少額投資非課税制度(NISA)」の一つである「つみたてNISA」の投資期限を今の2037年から延長し、20年間の積立期間を確保する方向で調整に入った。年末にまとめる来年度の与党税制改正大綱に盛り込む。「貯蓄から投資へ」の流れの後押しに加え、若い世代の老後の資産形成のために必要だと判断した。

つみたてNISAは年40万円の投資額を上限に、株式投資信託の運用益が投資から20年間非課税になる制度。若い世代などの未経験者を投資に導く狙いで18年に始まり、6月末時点で147万の専用口座がある。

投資できる期限は37年までのため、金融庁は、今年始めれば19年間、来年に始めると18年間しか積み立てが出来ないことを課題に挙げ、開始時期にかかわらず20年間確保できるように延長・恒久化を求めている。

朝日新聞社

引用元:つみたてNISA延長へ 投資期間20年を確保

まだ決定ではないようだけど、ほぼ決まりということでよいのかな?

  • つみたてNISAは年間40万円まで投資が可能で、期間は20年
  • 一般NISAは年間120万円まで投資が可能で、期間は5年

両方を利用することはできないので、つみたてNISAか一般NISAのどちらかを選ばなければなりません。

どちらを選ぶかは好みの問題。

一般NISAの終了後につみたてNISAを利用

投資開始時期に関わらず20年間の運用が可能になるんだったら一般NISA終了後の2024年からはつみたてNISAを利用しようと思います。

今までだったら、つみたてNISAの期限は2037年までだったけど、投資開始から20年間確保されるのであればちょっとうれしいかも。

きちんと利益がでているということが条件だけどね。

NISA勘定で損失を出すと非常に不利!何とかして欲しい。

私は一般NISAを利用してますけど、2015年に投資した分の期限が年内で終了。

  • ロールオーバー
  • 課税口座への払い出し
  • 売却

のどれかを選ばないといけない。

2015年にNISA勘定で投資したのは、JNJとPMでした。

JNJは利益確定済みで、PMは損切り済み。

トータルではプラスだし、NISA勘定分で投資したPMも5年間で受け取った配当金込で考えるとプラスにはなる。

でも、キャピタルロスで終了っていうのは、なんだかモヤモヤする…。

まぁ、私の銘柄選択眼がないのが一番の理由なんですけどね。

貯蓄から投資へというスローガンのもと、始まった制度だと思うんだけど、初めての投資がNISAで、しかも損失を出して終わったなら「やっぱり投資はやめよ」って思う人がいてもおかしくないような気がする。

NISA口座で損切りは本当に最悪なんですよ。

確定申告しても譲渡損の繰り越し控除の対象にはなりませんから。

課税口座へ払い出すにしても時価が適用されるので、将来的に売却するときに利益が出てると、本来支払うべき税金以上を支払う必要があるので、どっちもどっちですね。

関連記事

2015年のNISAのロールオーバーの書類が到着。含み損銘柄はどうする?

一般NISAも、つみたてNISAも恒久化を望む

一般NISAも非課税期間も5年といわずに、もっと延長して欲しい。

5年じゃ、全然長期投資ではないし。

願うのは一般NISAの恒久化ですけどね!

イギリスのISAも当初は10年が期限だったが、のちに恒久化

イギリスのISAをモデルにしたんだったら、期限なんて設けずに恒久化してほしい。

ISAは1999年に導入された当初は期限が10年でした。

その後、2008年には恒久化されたんですよね。

日本もイギリスを見習って、恒久化しましょうよ。

しかも、イギリスは夫婦に限り相続までできるようだし。

関連記事

NISAの恒久化に期待したい

米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

 

モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。

株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、さまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA