J-REITやインフラファンドの株価上昇が止まらない | 長期投資でのんびり資産運用

J-REITやインフラファンドの株価上昇が止まらない

米国株や日本株が下落しようが、おかまいなしに株価上昇が続いているJ-REITやインフラファンド。

保有するJ-REITとインフラファンドのうち、3銘柄が2019/10/4(金)年初来高値を更新しました。

保有株が値上がりするのはうれしいことだけど、上昇のピッチが急すぎる…。

J-REITもインフラファンドも利回りで買うものだと考えているので、このまま株価が順調に値上がりすることで分配金利回りが低下するのであれば、躊躇することなく利益確定します!

スポンサーリンク

東証REIT指数とTOPIXの推移(配当金込)

東証REIT指数とTOPIX201910

2018年頃から東証REIT指数は堅調に推移しています。

2018/3頃からはTOPIXは下落しているにも関わらず、REITは好調なのが上記のチャートから読み取れますね。

分配金込のチャートなので、利回りの高い東証REIT指数は有利だということは考慮しないといけませんが。

一時期は日本株は堅調なのに、REITは売られまくっていた時期がありました。

ちょうど毎月分配金を支払う投資信託が問題視されていたころ(2017年春ごろから)です。

関連記事 受取配当金を増やすためにREITを打診買い

さきほどの記事を投稿したのは2017年6月ですから、ちょうど良い時期に投資できていたにも関わらず、11月頃には住宅系REITを利益確定してしまってます(泣)

そして、物流系REITを購入しました。

関連記事 配当金目的で購入した住宅系J-REITを利益確定

あのまま売らずに今まで保有していたら、もっと利益が得られたのに~。

と後悔もあるけれども、当時の記事を読んでると2~3年分の分配金はゲットできた模様。

REITは長期投資には向いてないと思うので、利回りが低下するなら売却するという方針は間違ってないと考えてます。

どのREITがいいのかも、未だによくわからないし(^_^;)

インフラファンドは継続して保有しているよ

2017年から投資を開始したインフラファンドについては、少々勉強しました。

投資開始当初は想定しなかった出来事がいろいろと発生し、そのたびに売られてきましたからね!

当初は自然災害くらいしか、リスクはないんじゃないかと思ってたのが全然違って、考えが甘かったことが露呈しました。

  • 九州電力による出力制御
  • 政府によるFIT制度の見直し

関連記事 インフラファンドのリスクの一つとなる出力制御

関連記事 太陽光発電などの固定価格買い取り制度(FIT)が廃止される?

ただ、どちらも現時点では保有するインフラファンドへの影響は軽微だということでホッとしています。

インフラファンド市場は規模が小さく機関投資家が投資しない

インフラファンドは順調に値上がりしています。

でも、市場規模がJ-REITなんかと違って小さいので、機関投資家は参入しにくい。

個人だけではなかなかインフラファンドの市場規模って大きくなりにくそうですよね。

大きな上昇は見込めなくても、高い分配金利回りを享受しながら20年の期限が切れる頃まで長期で保有するのも悪くはない。

今保有しているインフラファンドは下記の3銘柄になります。

  • タカラレーベンインフラファンド
  • カナディアンソーラーインフラファンド
  • 日本再生可能エネルギーインフラファンド

このうち、タカラレーベンインフラファンドとカナディアンソーラーインフラファンドが高値を更新しました。

去年(2018)の12月なんて、カナディアンソーラーなんて売られまくってたんですけどね。

関連記事 下落が続くインフラファンドの利回りが高い!買い場到来か?

分配金利回りが7%を超えるレベルまで下落していました。

カナディアンソーラー上場来高値更新

その後、今年(2019)に入ってからは順調な株価推移です。

関連記事 【インフラファンド】株主のほとんどが利益を得ている上場来高値更新銘柄は?

9月の初めに上場来高値を更新したんですけど、その後もずーっと値上がりして1か月後の今も上場来高値を更新し続けてる!

ここまで上昇しても、まだ利回りは高いので、まだまだ保有継続して分配金をもらい続けます。

  • タカラレーベンインフラファンドは5.5%
  • カナディアンソーラーインフラファンドは6.4%
  • 日本再生可能エネルギーインフラファンドは6.3%

エネクスインフラ投資法人というところは、今でも利回りが7%を大きく超えてますけど、今のところは投資する予定はなし。

まとめ

REITもインフラファンドも利回りで投資していく方針に変更はありません。

どんな投資先でもいえることだけど、やはり不人気な時に投資しておくのがいいですね。

米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!

⇒ モトリーフール

 

モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。

株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、さまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA