株式市場の暴落時の投資で来年受取る配当金が大幅アップ! – 長期投資でのんびり資産運用

株式市場の暴落時の投資で来年受取る配当金が大幅アップ!

NYダウ過去最大の上げ幅

昨夜のNYダウの上げ幅は史上最大でしたし、本日の日経平均は2018年最大の上げ幅でした!

2018年12月27日日経平均株価

先週から続いていた株式市場の大きな下落でポートフォリオの含み益は大幅に減りましたが、

ポートフォリオ全体では日米株ともに含み益は保っています。

もちろん、個別でみると当然ながら含み損の銘柄もありますが。

今回の連続した暴落でも恐怖を感じずに買いにいけたのは、含み益があったからかもしれません。

やはり、買値を抑えておくこととキャッシュを保有しておくことの重要性は、今回のような暴落といってよいレベルの下落があったときに身に沁みます。

関連記事 株式市場の暴落はチャンス、日本株を広く浅く買い付け

関連記事 株式市場の暴落は続く。優待銘柄や大型株を買い!

上げ相場のときは買ったら儲かるので高値でも買い増したほうが正解、現金にしておくのは機会損失だという考えもありますが、私の性格上なかなか割高な状態で買い上がっていくことはできません。

おそらく、私には順張りは向いていないのです。

関連記事 保有株の大幅下落で吐きそうだ!

投資の方法は正解がひとつではないので、ストレスがかからないような投資法を選ぶのがおすすめです。

今回の暴落で購入した比較的高配当な大型株、優待株、インフラファンドへの投資で来年以降の受取配当金額は大きく増える予定です。

そして、優待株にも少し投資したので、もらえる優待品もいくつか増えます(笑)

株主優待ってわりと好きなんですよね。

スポンサーリンク

心の平穏を保つためにも、できるだけ安い株価で投資したい!

昨夜のNYダウの上げでやっと日本市場もリバウンドしましたが、今晩からの株式市場はまた大荒れになるかもしれません。

信用取引をしていないので、強制退場させられることはまずない!と考えると、十分に割安だと納得できるのであれば、これからも投資していきます。

含み損を抱えて不安になるようならポジションが大きすぎ

JTのように割安だと思って投資しても、下げ続けることってわりとあります。

12月にはJTだけで2度損出しと買戻しをしていますから、どれだけ下落し続けたかがわかると思います。

JT株価チャート20181227

2018年の最大損失銘柄はJTに決定♪

この損失を配当金で埋めようとすると何十年かかるんだろう??

値上がりしてくれれば嬉しいのだけど、JTはキャッシュマシーンとして考えているので長期で保有する予定。

JTで多額の含み損を抱えても不安で眠れないということはありません。

一応、1銘柄に投資する金額の上限というものを設定しているので、特別不安になることはないのです。

ポートフォリオ全体で含み益を保っているということも、精神安定剤になっています。

それに、JTが倒産することも考えられないし、株価が低迷していても配当金を受け取り続けることができます。しかも、JTは今のところは高配当ですし。

もしも、株式市場の動向が不安で夜も眠れない、何も手につかないという状態であるならば、リスクの取りすぎかもしれません。

さっさと損切りしましょう!

損失を確定させるのは身を切られるように辛いことですが、一旦まっさらな状態に戻すと案外冷静に考えることができるようになります。

下落相場は配当金と優待を楽しみにする

下落相場って長く続きます。

2008年のリーマンショック後だって、何年も株式市場は低迷していました。

株式市場の低迷時はポートフォリオは含み損だらけで見るのも嫌な状態です。

でも、企業活動が続いていれば配当金は支払い続けられるし、優待実施企業であれば優待品もいただけます。

そして、給料からせっせと投資口座へ入金して売りたたかれている株を買って、株数を増やしていくという作業を続けます。すると、受け取る配当金も増えていく!

こういった作業を楽しく続けることで、いつか株式市場が盛り返してきたときには大きな利益となります。それまで、ひたすら待つ!

関連記事 テンバガー(10倍株)達成の経験は自信になる

関連記事 2017年もテンバガー(10倍株)ゲット!達成まで6年かかったよ。

関連記事 テンバガー株の紹介から2週間ほどで20倍株になりました。ありえない…!

今までテンバガーを何度か経験したことがありますが、いずれも株式市場が低迷しているときに購入した企業ばかりです。

株式市場の低迷は、普段は投資できないような優良企業への投資を可能にしてくれますし、後に大きな利益となるかもしれないと考えると、悲観することでもありません。

バフェットもマンガーも忍耐強さの重要性を何度も説いています。

関連記事 チャーリー・マンガー流、成功する投資家に必要不可欠な13の資質

関連記事 冷静で忍耐強い投資家になろう

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA