配当貴族の配当利回りランキング【2018年11月】 – 長期投資でのんびり資産運用

配当貴族の配当利回りランキング【2018年11月】

米国株投資の目的は受取配当金を雪だるまのように増やしていくことです。

日本株でも受取配当金を増やしていきたいという思いは強いのだけど、業績不振になるとすぐに減配する企業が多いので、なかなか長期で保有しようと思える企業は少ないです。

ただ、日本企業でも花王のように連続増配にこだわりのある企業もありますし、実際に20年くらい連続増配している企業もあるので、そういった企業をポートフォリオに加えるというのもアリです。

少し古い記事になりますが、参考までに載せておきます。

関連記事 2016年日本株とアメリカ株での連続増配企業ランキング

前回は2018年8月に配当貴族の配当利回りについて調べました。

あれから3か月経過しますが、米国市場は下落傾向にあるので配当利回りが高くなっている企業が多くなっているだろうから11月時点での配当利回りを調べてみました。

米国の配当貴族指数の構成銘柄に選ばれるためには高いハードルがあります。

  • S&P500を構成する企業であること
  • 25年以上連続増配していること
  • 優良企業であること

これらの条件を満たすのは簡単ではありません。

配当金に着目した投資先を検討するのであれば、配当貴族を構成する企業を参考にするのは非常に有益だと考えています。

スポンサーリンク

配当貴族指数の構成銘柄の配当利回りランキング【2018年11月】

3か月前の配当貴族の配当利回りランキングの記事です。

関連記事 配当貴族の配当利回りランキング【2018年8月】

米国株指数であるS&P500の推移はどうなっているのでしょうか?

  • 2017年8月時点ではS&P500は$2430近辺
  • 2018年8月時点ではS&P500は$2850近辺
  • 2018年11月時点ではS&P500は$2630近辺

3か月間で大きく下落しましたが、それでも2017年11月頃の株価と同じくらいです。

2018年11月23日の株価における配当利回りを表にしてみました。

構成銘柄 ティッカー セクター 株価 配当利回り
 AT&T T information 29.36 6.72%
 AbbVie ABBV Healthcare 86.15 4.36%
 Exxon Mobil  XOM Energy 78.96 4.24%
 Leggett & Platt  LEG Consumer Discretionary 37.79 4.05%
 Chevron CVX Energy 117.57 3.86%
 Consolidated Edison  ED Utilities 77.11 3.69%
 Cardinal Health CAH Healthcare 53.11 3.60%
 Kimberly Clark  KMB Consumer Staples 110.67 3.58%
 Target TGT Consumer Staples 69.26 3.29%
 Pepsico  PEP Consumer Staples 115.28 3.20%
 Federal Realty Investment Trust  FRT Real Estate investment trust 128.44 3.15%
 Coca-Cola  KO Consumer Staples 48.73 3.16%
 Procter & Gamble  PG Consumer Staples 92.1 3.06%
 Illinois Tool Works  ITW Industrials 134.05 2.99%
 T.Rowe Price  TROW Financial Services 94.65 2.96%
 Archer Daniels Midland  ADM Consumer Staples 45.2 2.94%
 Franklin Resources  BEN Financial Services 32.27 2.89%
Genuine Parts  GPC Consumer Discretionary 100.01 2.89%
 Emerson Electric  EMR Industrials 67.28 2.86%
 Air Products & Chemicals  APD Basic Materials 159.18 2.79%
 3M  MMM Industrials 209 2.75%
 Colgate-palmolive  CL Consumer Staples 61.78 2.71%
 Cincinnati  CINF Financial Services 78.81 2.67%
 Nucor  NUE Basic Materials 60.66 2.53%
 Johnson & Jhonson  JNJ Healthcare 141.99 2.46%
 Clorox  CLX Consumer Staples 159.71 2.39%
 VF Corporation  VFC Consumer Discretionary 79.51 2.30%
 Aflac  AFL Financial Services 44.39 2.29%
 Dover  DOV Industrials 85.02 2.26%
 Sysco  SYY Consumer Staples 64.48 2.21%
 Walgreens Boots  WBA Consumer Staples 80.81 2.21%
 Wal-Mart Stores  WMT Consumer Staples 94.17 2.21%
 McDonald’s  MCD Consumer Discretionary 182.72 2.20%
 Medtronic  MDT Healthcare 92.97 2.17%
 Stanley Black & Decker  SWK Industrials 125.64 2.13%
 General Dynamics  GD Industrials 178.26 2.09%
 Lowe’s  LOW Consumer Discretionary 86.18 2.06%
 Automatic Data Processing  ADP Industrials 140.89 1.96%
A.O. Smith AOS Industrials 45.64 1.93%
 W W Grainger  GWW Industrials 302.51 1.83%
 PPG Industries  PPG Basic Materials 106.81 1.81%
 Pentair  PNR Industrials 41.59 1.69%
 Homerl Foods  HRL Consumer Staples 45.43 1.67%
 Abbott Laboratories  ABT Healthcare 68.53 1.62%
 McCormick &  Co  MKC Consumer Staples 144.44 1.39%
 Becton Dickinson  BDX  Healthcare 242.04 1.25%
 S&P Global  SPGI Industrials 177.64 1.14%
 Cintas  CTAS Industrials 180.05 1.13%
 Ecolab  ECL Basic Materials 153.24 1.06%
 Brown-Forman  BF-B Consumer Staples 68.83 0.91%
 Sherwin-Williams  SHW Basic Materials 415.10 0.83%
Roper Technologies  ROP  Healthcare 285.20 0.65%

下落を続けているAT&T(T)の配当利回りは約6.7%と非常に高くなっています。

他を圧倒するほどの高利回りですが、増配ではなく株価の下落によって利回りが高くなっているだけなので複雑な気持ちです。

一方でアッヴィ(ABBV)は大幅増配によって配当利回りが高くなっています。

アッヴィも保有株なのでこちらの利回りアップは素直にうれしいです。

  • 2017年8月には配当利回りが3%を超える銘柄は15社
  • 2018年8月には配当利回りが3%を超える銘柄13社に減少
  • 2018年11月には配当利回りが3%を超える銘柄は13社

買いたい企業と買い増しする企業を考える

配当成長率の高い銘柄をポートフォリオの柱にすると決めているのですが、今年は下落を続けるタバコ株やAT&Tの買い増しを続けてしまっていて、なかなか配当成長率の高い企業をポートフォリオに組み入れることができていません(>_<)

タバコ株やTはもともと高配当なので、受取配当金が増えるのはうれしいのですが、長い目でみるとやはり配当成長率の高い銘柄を保有したいです。

前から買いたいと考えていたLOWは株価が下がってチャンスと思っていたらスルスルと騰がってしまって指をくわえてみていたのだけど、最近になってまた下落してきたので、そろそろ投資を開始しようかと考えています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA