【朗報】ギリアドのレムデシビルは新型コロナ重症患者に効果が期待できる

 

2020年2月にWHOの高官がレムデシビルについて発言した「世界で感染が拡大する新型コロナウイルスの治療薬として最も効果が期待できそうだ」というのは、あながち間違いではないかもしれません。

 

4月に入ってから、新型コロナ患者へレムデシビルを投与した臨床試験の結果が出始めていますが、どれも期待してもいいのかもしれないと考えられるようなものでした。

 

トランプ大統領も先月にはレムデシビルについて、非常に良い結果が得られたようだと発言しています。

また、カーソン米住宅都市開発長官(新型コロナ対策チームのメンバー)もレムデシビルが有望であるようにみられるとの認識を示しています。

 

これらのことから、本当にギリアド(GILD)のレムデシビルが新型コロナの治療薬となる可能性に期待できそうですね。

 

 

新型コロナ(Covid-19)の臨床試験を行っているシカゴ大学でのレムデシビル投与の結果は?

 

ヘルスケア・ライフサイエンス系専門メディアのSTATが発表した内容では、7割の患者(重症患者と中等患者)がレムデシビル投与によって症状が改善し、1週間ほどで退院できているそうです。

 

この臨床試験はシカゴ大学で実施されています。

 

A Chicago hospital treating severe Covid-19 patients with Gilead Sciences’ antiviral medicine remdesivir in a closely watched clinical trial is seeing rapid recoveries in fever and respiratory symptoms, with nearly all patients discharged in less than a week, STAT has learned.

引用元:STAT

 

シカゴ大学ではギリアドの第3相臨床試験に新型コロナ患者125人が参加し、そのうち113人は重症患者でした。

そして大半が既に退院しているとのこと。

 

ただし、この臨床試験にはプラセボ群は含まれません。

 

今回STATから発表されたのはシカゴ大学でのものでしたが、同様の試験が他の施設でも試験中なのではっきりしたことは言えないのかもしれないけれども、ギリアドのレムデシビルは新型コロナ治療薬の第一候補として期待してもいいかもしれませんね。

 

 

NEJMに掲載された53人のコホート分析結果では68%に効果あり

 

The New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載されたのは、重度の合併症のある新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の入院患者53例での試験結果によるものです。

 

この53人は臨床試験に参加できない重症患者を対象としたレムデシビルの思いやり使用プログラムを通じて治療を受けました。

 

過半数の症状が改善し、レムデシビル投与による新たな懸念を示す兆候は認められませんでした。

 

この53人のうちの64%にあたる34人は人工呼吸器を使用し、そのうちの4人は体外式膜型人工肺(ECMO)を使用していたとのこと。

 

テレビで見たのですが、このエクモ(ECMO)を使用しなければならない状況というのはかなり症状が重いということだそうです。

 

死亡したのは7人(13%)です。

死亡リスクを高める要因としては、以下の2点が挙げられています。

  • 年齢が70歳以上
  • 腎機能が低下している(血清クレアチニン値が相対的に高い)

 

ギリアドは現在2つの第3相臨床試験を実施中

 

ギリアドのCEOのメッセージがHPで公開されています。

 

その一部を引用します。

Two Phase 3 studies are being run by Gilead in areas with a high prevalence of COVID-19 in the United States, Asia and Europe. One of these is for patients with severe disease and the other studies remdesivir in patients with more moderate symptoms. One of the many questions that these studies aim to answer is whether treatment duration can be shortened from 10 days to 5 days. The severe arm fully enrolled the number of patients it was originally designed for and we have now expanded the study so that thousands more patients can participate, including those on mechanical ventilation.

The U.S National Institute of Allergy and Infectious Disease (NIAID) began a global trial on February 21. This trial randomly assigns patients to treatment with either remdesivir or with a placebo to enable a controlled comparison of outcomes. The trial is enrolling approximately 800 patients with a broad spectrum of symptoms.

The World Health Organization is also conducting a global trial, Solidarity, and the Inserm DisCoVeRy trial recently began in Europe. A summary of remdesivir trials with upcoming data readouts can be found here.

引用元:An Open Letter from our Chairman & CEO

 

米国、アジア、欧州のCOVID-19の有病率が高い地域で2つのフェーズ3試験を実施中。

 

1つは重症患者を対象とした試験で、もう1つは症状が中等度の患者を対象としたレムデシビルの試験です。

 

これらは治療期間を10日から5日に短縮できるかどうかを試験しています。

 

他にも、米国国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)や世界保健機関(WHO)でもレムデシビルの試験を開始しています。

 

レムデシビルの結果はいつ出る?

 

きちんとした結果でるのはいつなのでしょうか。

 

ギリアドのCEOからのメッセージに書かれてありました。

 

We expect that we will have preliminary data from the study of remdesivir in severe patients at the end of April and will work quickly to interpret and share the findings. The publication of data from the China remdesivir trials rests with the Chinese investigators, but we have been informed that the study in patients with severe symptoms was stopped due to stalled enrollment. We look forward to reviewing the published data when available. In May, we anticipate the initial data from the placebo-controlled NIAID trial as well as data from the Gilead study of patients with moderate symptoms of COVID-19.

引用元:An Open Letter from our Chairman & CEO

 

4月末には重症患者のデータが出ると考えているようです。

中国での臨床試験の結果については、中国の研究者に委ねられていると書かれてあるので、中国がきちんとしたデータを開示してくれることを願うしかないですね。

また、重症患者を対象とした試験は中止されているとのことです。

 

5月にはCOVID-19の中等度症状の患者を対象としたギリアドのデータだけでなく、米国国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)からのプラセボ対象の初期データが得られると見込んでいます。

 

 

レムデシビルについてのまとめ

 

4月中旬現在は、ギリアドのレムデシビルは新型コロナウイルス患者にとって、有効でありそうだと期待できるデータが徐々に出てきました。

 

5月頃にはいろいろなデータが出てきそうですね。

 

富士フィルムのアビガンも有望みたいですし、早く治療薬が見つかって今のような混乱が一刻も早くおさまることを望みます。

 

 

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2020/04/18
[最終更新日]: 2020/04/19
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事