含み益に耐える!ポートフォリオ1位の銘柄の含み益が2000万円を行ったり来たり

 

普段はなるべく含み益の金額は気にしないようにしています。

でも、最近とっても気になるんです。

 

なぜなら、ポートフォリオ1位の銘柄の含み益が2000万円をはさんで行ったり来たりしているから。

心がソワソワする感じが非常に居心地が悪いです。

 

 

含み益に耐えるか、利益確定するか悩む

 

ポートフォリオ1位の銘柄はもちろん日本株なんですけど、複数の証券会社で分散させて買付しているので2000万円も利が乗っていることに気付いていませんでした。

 

先日、久しぶりにバラバラの口座をまとめて銘柄ごとに含み益や含み損をチェックしているとポートフォリオ首位の銘柄の含み益が2000万円近くあることに気付いたんです。

 

その日を境に、この銘柄の株価が気になって仕方がなくなってきました。

2000万円の含み益を挟んで、ウロチョロしている感じ。

毎日、何回か株価のチェックをしてしまうんです。

 

非常に心が乱されている自分にちょっとビックリです。

もう少し、どっしりと構えていられるようになったかと思っていたのに。

 

含み益に耐える?コロナショックでは株価が半値になったから悩む

どうしてこんなに気になるのか、原因を考えてみて思い当たることがひとつ。

ポートフォリオ1位の銘柄はコロナショックのときに、高値から半値になったんですよね。

 

もちろん、コロナ前からずーっと保有しているのでコロナ以前の高値から含み益も半分になってるんです(笑)

このときは、さすがにちょっと利確しておけばよかったかなと思ったんですけど、こういう失敗は何回もしてるのでそこまで気にしてませんでした。

 

結局は、コロナで半値になってから株価は上昇して今年は株価もまずまず好調で、コロナ前の高値は超えています。

 

この出来事(高値から半値にまで下落)があったから、こんなにも気になってしまうんでしょうね。

 

 

また含み益が減るかもしれない恐怖と戦う

17年投資してきて、株価の上げ下げや投資口座の金額の変動については耐性がついたと思ってたんですけど、まだまだでした。

 

投資口座トータルでの含み益が数千万円というのは、慣れてしまっているのでもうなんとも思わないけれど、1銘柄の含み益が2000万円というのはさすがに気になってしまいます。

 

本当に、銘柄ごとに含み益なんて計算しなきゃよかった、、、。

でも、大きな利益を得ようと思うと、この含み益に耐えるということは避けて通れないんですよね。

 

おそらく、成功している投資家さん達はみんなこの含み益に耐えていた時期がかつてはあったと思うんです。

含み益に耐えることを乗り越えてしまえば、慣れてしまって1銘柄の含み益が数千万円だろうが、数億円だろうが関係なくなってくるんでしょうか。

 

ここは未知の世界なんで、私にはまだわかりません。

 

 

含み損に耐えるよりも含み益に耐えることの方が難しい

 

含み損に耐えるよりも含み益に耐える方が難しいです。

 

投資を始めた時は含み損が気になって仕方なかったんですけど、今は気にならないというか、気にしないようにしてます。

含み損だったらスパッと損切りして、税金を圧縮できるわって思えるようになりました。

 

含み益に耐えられなくて利確して後悔しない自信がない

このポートフォリオ1位の銘柄を今、利益確定したとして代わりの投資先はあるか?と言われると難しい。

 

一番自信がある銘柄なので、代わりが見つかりません。

探せばあると思うけど、そこまで調べる気力が今はないし(笑)

 

支払う税金のことを考えても、売るのを躊躇してしまいます。

 

でも、今のこの居心地の悪さはなんとかしたいんですよねぇ。

株価が気になってソワソワする感覚なんて、もう何年も味わってないです。

 

 

多分、含み益に耐える方を選びたいんだと思う

こんな記事をアップするということは、多分、本心では売らずに耐えろって考えてるのかなと思います。

 

数年後にこの記事を見た時に、将来の自分がどう思うんだろう??

売らずに株価が下がったら、売っときゃ良かったのにって思うし、売ってしまって株価が上がったら、売らずに持っとけばよかったのにって思うだろうし。

 

私の中での投資先の判断は、まだ成長する!です。

投資先企業の将来的な価値は今よりも、もっと高いと考えてます。

だったら、含み益の多寡に関係なく保有継続するべきですよね。

 

でも、また含み益が半分とかになったらどうしようという恐怖もあるんです。

 

多分、売らずに含み益に耐えると思います。

投資って本当に孤独だわ(笑)

これで投資家として、少しは成長できるといいんだけどなぁ。

 

投資を始めてからメンタルは強くなったって思ってたんですけど、相変わらずヘタレでした、、、。

 

 

まとめ:株式投資は忍耐の日々?

 

株式投資って精神修行の場のように思えてきます。

含み損にも耐え、含み益にも耐える。

 

含み損に耐えるっていうのは、もう乗り越えられたような気がします。

案外あっさりと損切りできるようになりました。

含み損であっても税金圧縮に使おうって思えるようになったから。

 

17年の投資を経て、私のお金の器は大きくなってるって思ってたんですけど、1銘柄2000万円の含み益は売らずに我慢するのが難しいことがわかりました。

 

でも、将来の配当金生活の実現のためにも含み益に耐えることにします。

頑張れ、私(笑)

 

こんなこと書いて、即効で売ってたら笑うな、、、。

数年後に答え合わせをすることにします。

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2021/06/30
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事