【ダウの犬投資法】2019年上半期はNYダウにアンダーパフォーム

 

米国株式市場は本当に驚くほど堅調ですね。

急落する場面があっても、すぐに元に戻ってしまうし、下がりそうなのになかなか下がりません!

 

年初からのリターンも米国株はかなり高いです。

一体、どこまで騰がるんだろう??

 

参考までに各指数の2019年の年初来リターンを記載しておきます。(2019年6月末時点)

  • S&P500のリターンは17.35%
  • ナスダック100のリターンは21.19%
  • NYダウは14.03%
  • 日経平均のリターンは6.3%
  • TOPIXのリターンは3.82%

 

S&P500のリターンは17%を超えているのに、TOPIXは4%を下回っています。

 

S&P500って本当に優秀ですね。

変に個別株投資するよりも、S&P500に投資しとけばとりあえず安心できる感じです。

 

バフェットがS&P500を推奨するのもうなずけます。

 

では、ダウの犬投資法の2019年上半期のリターンを見てみましょう。

 

 

2019年ダウの犬投資法2Qのリターンは13.27%

 

2019年も半年が経過しましたが、ダウの犬投資法のリターンは13.27%でした。

 

NYダウのリターンが配当金再投資なしで14.03%だったので、1Qに引き続きアンダーパフォームしています。

 

関連記事 【2019年】ダウの犬投資法スタートから3か月、リターンはどのくらい?

 

 

NYダウのリターンは6月末で14.03%だけど、6月の1か月だけでなんと7%も株価が上がりました。

6月の米国株は絶好調でしたね。

 

 

2019年のダウの犬の各銘柄の6か月リターンは?

では、2019年のダウの犬銘柄のおさらいを兼ねて、6月リターンをチェックしてみます。

 

symbol株価2018年末2019年6か月リターン
IBM113.6724.52%
XOM68.1912.10%
VZ56.223.40%
CVX108.7913.38%
PFE43.651.78%
KO47.3510.03%
JPM97.6215.57%
PG91.9224.11%
CSCO43.3330.35%
MRK76.4113.73%

 

このうち、MRK(メルク)とKO(コカ・コーラ)、PGが年初来高値を更新しています。

 

3か月前はファイザーとコカ・コーラがマイナスでしたが、どちらもプラスになりました。

 

 

まとめ

 

2019年も半分が終了しました。

今のところはダウの犬銘柄は、NYダウにもS&P500にもアンダーパフォームしていますが、まだまだどうなるかはわかりません。

 

今までにも最後の3か月で指数をアウトパフォームするということがありましたから!

 

ダウの犬投資法は、誰でも簡単に真似できる投資法だけど、なかなかリターンも良くて優秀です。

関連記事 ダウの犬戦略は有効なのか?

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2019/07/05
おすすめの記事