配当金生活のポートフォリオ、2019年の増配率を調査【随時更新】 – 長期投資でのんびり資産運用

配当金生活のポートフォリオ、2019年の増配率を調査【随時更新】

労働を伴わない収入(不労所得)って、最高ですよね。

もちろん、株式投資から得られる配当金は立派な不労所得です。

しかも、企業の利益の質が良ければ毎年のように勝手に増配していってくれるのですよ。

内部留保優先する企業もありますけど、米国の優良企業は株主還元意識が強いので、ある程度企業成長が落ち着いてきたら増配してくれる可能性が高いです。

目標は老後の配当金生活ですから、保有しているだけで毎年受取配当金が増えていくだろうと考えられる企業(配当成長株)に主に投資しているつもり。

米国には50年以上も連続増配している配当王と呼ばれる企業も数多く存在しますし、何よりも滅多に減配はしない。

だから、日本株に投資するよりも受取配当金が増えていくことを予想しやすいです。

2018年はレパトリ減税の影響か、増配企業が多かったです。

とくに、アッヴィの増配率が50%とか、考えられないレベルでした。

ただ、アッヴィの株価は一時期は買値から2倍以上にまで株価が上昇していたのだけど、今ではすっかり株価も下がってしまいましたが(泣)

利益確定するべきだったのか??

2019年の米国株からの配当金はどうなるのか、定期的にこの記事に書き加えていきます。

スポンサーリンク

配当金生活のためのポートフォリオの2019年の増配率

現在の保有株が下記のとおり。

2018年に比べて、ポートフォリオの構成銘柄数が少なくなりました。

Name Symbol  増配率 増配宣言される時期
Altria Group Inc MO 例年8月
Merck & Co. Inc MRK 例年11月
Johnson & Johnson JNJ 5.6% 例年4月
International Business Machines Corp IBM 3.2% 例年4月
Phillip Morris International Inc PM 例年9月
AT&T Inc T 例年12月
Unilever plc (ADR) UL
Verizon Communications Inc VZ 例年9月
Procter & Gamble Co PG 4.0% 例年4月
Lockheed Martin Corporation LMT 例年9月
Gilead Sciences Inc GILD 10.5% 例年2月
Mastercard Inc MA 例年12月
Visa Inc V 例年10月
Walt Disney Co DIS 例年12月
GlaxoSmithKline plc (ADR) GSK
American Express Company AXP 例年9月
Nike Inc NKE 例年11月
AbbVie Inc. ABBV 例年10月
Hormel Foods HRL 例年11月
Fastenal FAST 11.6% 例年1月
British American Tobacco PLC BTI

※この表は定期的に更新していく予定です。

※ドル建てでないものは、記載しません。

現時点で増配の発表があったのは、GILD(ギリアド)とFAST(ファステナル)の2銘柄。

どちらも10%を超える増配でした!

やはり、配当成長率の高い企業へ投資すると楽しみも増えますね。

例年通りであれば、今月中にはJNJやP&G、IBMから増配の発表があると予想します。

P&Gは4月上旬に4%の増配、JNJは5.6%の増配を発表しました!

これでP&Gは63年連続増配の記録更新かな?

2017年は3%の増配、2018年と2019年は4%の増配です。わずかな増配率とはいえ、保有しているだけで毎年受け取れる配当金が増えていくのはうれしいことですね。

長期投資なら配当成長率(増配率)の高い企業への投資がおすすめ

高配当株への投資と配当成長株への投資で、どちらが有利なのかを調べた記事も書いています。

関連記事 高配当利回り株と配当成長株への投資。より良い投資先は…

関連記事 高配当銘柄よりも配当成長銘柄に投資する

高配当利回りの株よりも優先して、配当成長が期待できる企業への投資をポートフォリオの中心にしようと考えています。

上記の表では直近の増配率だけ調査していますが、過去10年の平均増配率や過去3年の平均増配率についても調べました。参考にしてみて下さい。

関連記事 配当成長率の高い銘柄をポートフォリオの柱にする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA