配当金生活のポートフォリオ、2018年の増配率を調べてみた – 長期投資でのんびり資産運用

配当金生活のポートフォリオ、2018年の増配率を調べてみた

米国株投資をする目的は、何といっても配当金を増大させるためです。

目標は老後の配当金生活ですから、保有しているだけで毎年受取配当金が増えていくだろうと考えられる企業に主に投資しています。

配当金生活するためには多額の資金が必要ですが、時間はまだあるので達成できるように努力していきます。

米国には50年以上も連続増配している配当王と呼ばれる企業も数多く存在しますし、日本株に投資するよりは、受取配当金が増えていきやすいのではないかと思うのです。

税金は米国で10%、日本でさらに約20%徴収されてしまうので、日本株よりも配当金にかかる税金は高くなってしまいます。だから、外国税額控除を上手く利用して少しでも支払う税金を少なくする努力はした方がいいかもしれません。

2017年は保有する企業で減配したところはなく、受取配当金は過去最高となりました。

関連記事 配当金生活のポートフォリオ、2017年の増配率について調べてみた

関連記事 配当金生活への道。2017年も受取配当金は過去最高を更新

10%を超える大幅な増配率の企業もあれば、わずか数%の増配率の企業や配当据え置きの企業もあり、さまざまでした。

2018年はどうなるのか、定期的にこの記事に書き加えていく予定。

スポンサーリンク

配当金生活のためのポートフォリオの2018年の増配率

2018年に入ってから新規投資したのは、BND(バンガード・トータル債券市場ETF)という債券のETFですので、こちらは増配率などは調べません。いつ売却するかもわからないですし。

現在の保有株が下記のとおり。

Name Symbol  増配率 増配宣言される時期
Altria Group Inc MO 6.1% 例年8月
Kinder Morgan Inc KMI 60%
BHP Billiton Limited (ADR) BHP
Merck & Co. Inc MRK 例年11月
Exxon Mobil Corporation XOM 6.5% 例年4月
Pfizer Inc PFE 例年12月
BP plc (ADR) BP
Johnson & Johnson JNJ  7.1% 例年4月
International Business Machines Corp IBM 4.6% 例年4月
Phillip Morris International Inc PM 6.5% 例年9月
AT&T Inc T 例年12月
Unilever plc (ADR) UL
Verizon Communications Inc VZ 例年9月
Procter & Gamble Co PG  4.0% 例年4月
Lockheed Martin Corporation LMT 例年9月
Gilead Sciences Inc GILD
Mastercard Inc MA 例年12月
Visa Inc V 7.7% 例年10月
Walt Disney Co DIS 例年12月
GlaxoSmithKline plc (ADR) GSK
H & R Block Inc
HRB
American Express Company AXP 例年9月
Anheuser Busch Inbev SA NV (ADR) BUD
Nike Inc NKE 例年11月
AbbVie Inc. ABBV 35.2% 例年10月
Hormel Foods HRL 例年11月

※この表は定期的に更新していく予定です。

例年、アルトリアグループ(MO)は8月に増配宣言することが多かったのですが、今年はすでに増配宣言がなされました。

1株あたり$0.66から$0.7へ6.1%の増配です。2017年よりは増配率は落ちてしまいました。

また、アッヴィ(ABBV)は去年10月に増配したのだけど、2月にまた増配宣言がなされました。増配率は驚きの35.2%です!

関連記事 アッヴィ(ABBV)の購入&企業分析

ビザ(V)は2017年10月に増配宣言をして、さらに2018年の1月にも増配宣言です!

$0.195から$0.21へ7.7%の増配となりました。もしかすると、今年中に再度の増配宣言があるかもしれません。

例年通りであれば4月には、エクソンモービル(XOM)、P&G(PG)、IBM、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の増配宣言があるでしょう。

株価は軟調ですが、配当金が増えていくのは楽しみであります。

直近の増配率だけ調査していますが、過去10年の平均増配率について調べました。

関連記事 米国株ポートフォリオの過去10年間の配当成長率をチェック

高配当利回りの株よりも優先して、配当成長が期待できる企業への投資をポートフォリオの中心にしようと考えています。

そのため、過去10年の平均増配率に加えて過去3年の平均増配率についても調べました。

関連記事 配当成長率の高い銘柄をポートフォリオの柱にする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA