ブロードリーフの株主優待がクオカードからギフトカードに変更!

 

優待目的で保有しているブロードリーフから株主優待決定のお知らせがありました。

 

2018年は保有株数に応じたクオカードで、最高額はなんと10万円!

 

10万円分のクオカードをもらおうと思うと、1万株以上の保有が必要だったんですけどね。

 

2019年はクオカードの優待からVISAギフトカードに変更です。

個人的にはクオカードよりもVISAギフト券の方が使い道が多いので、大変ありがたい変更となります。

 

 

ブロードリーフは株主優待内容がよく変わる?

 

ブロードリーフへ投資してから数年経過してますが、今回の発表で

  • 優待基準
  • 優待内容

これらがよく変わるという印象を持ちました。

 

2017年以前はかなり高利回りの投資先だったので優待目当てで保有している人も多かったようです。

 

その後、株式分割を経て2018年には株主優待が少し改悪となりました。

関連記事

未成年口座で保有のブロードリーフ、株主優待が改悪へ

 

 

2017年のブロードリーフの株主優待

さきほどの記事を見てもらえばわかるのだけど、ブロードリーフは2017年まではかなり利回りの高い投資先でした。

 

株式分割前とはいっても、100株保有するだけで5000円程度の優待+配当金がもらえたのですよ。

100株保有でもクオカード3000円、部品MAXで利用できる2000円分の優待券という内容。

 

保有株式数クオカード部品MAX優待券
100株~499株3000円2000円
500株~999株6000円3000円
1000株~4999株10000円10000円
5000株以上30000円20000円

 

2017年12月末の株価が1048円だったので、優待だけで約5%の利回りです。

 

 

2018年のブロードリーフの株主優待は?

2018年には1:2の株式分割があり、優待基準は変更(改悪)になりました。

 

変更後のブロードリーフの株主優待

保有株式数クオカード
500株~999株5000円
1000株~1999株10000円
2000株~9999株20000円
10000株以上100000円

 

なんといっても凄いのが、1万株以上の保有でクオカード10万円分!

改悪されたといっても優待の他に配当も貰えますし、十分満足のいくレベルです。

 

 

2019年のブロードリーフの株主優待内容

 

2018年とたいして変わりませんが、優待内容がクオカードからVISAギフトカードに変更です。

 

それと、優待金額の上限が10万円から2万円に減額

 

10万株以上保有している株主にとっては改悪ということだけど、対象者はそんなにいないでしょう。

 

 

2019年のブロードリーフの株主優待

保有株式数VISAギフトカード
500株~999株5000円
1000株~1999株10000円
2000株~9999株20000円

 

2019/10中旬のブロードリーフの株価は約600円なので、30万程の投資で5000円のギフトカードがもらえます。

 

ブロードリーフは業績もそこそこ良いので買い増してます。

 

よほどのことがない限りは売却しないと思うので、今年は2万円分のVISAギフトカードがいただける予定。

 

ギフトカードはいくらあっても使いきれる自信がある!!

 

クオカードは私には使い切れないので、最近は子供にお小遣いにプラスしてクオカードを渡してます。

学校帰りによくコンビニに立ち寄ってるみたいで、順調に消費されてます(笑)

 

今年の12月優待は、モノタロウやブロードリーフなど優待が楽しみな企業が多くてうれしいです。

関連記事

【モノタロウ】12月権利で初取得予定の株主優待が楽しみで仕方ない!

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2019/10/18
[最終更新日]: 2019/10/22
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事