配当利回りが6%超えのJTを買い増し。どこまで下がるのだ?

 

トランプ大統領が中国への追加関税が2.5倍(10%から25%へ)に引き上げる意向というニュースがあり、米国株も寄り付きから大幅に下落していましたが、今朝確認すると大きく戻してました!

 

米国株は本当に下がりませんね。

持ち株では大きく下落したものもあったけど、全体としてはそんなにも下がってないです。

 

日本株はJTが小幅に下落したため、また配当利回りが6%を超えてきたので、少量だけ買い増ししました。

JTは一体どこまで下がるのやら。

 

 

JTの底値は近い?

 

JTの決算は無事に通過しましたが、どこまで売られ続けるのでしょうね。

 

去年の年末にも大きく売られましたけど、配当利回りが6%あたりで下げ止まりましたが、今回はもっと下げるのかなぁ。

 

下がるのであれば、まだ買い増したい。

去年もJTではかなりの損失を出しているのだけど、懲りもせずに買い増してしまった。

今年の年末もまたJTを節税売りすることになるかもしれません(^^;)

 

 

次の買い増しポイントはJTの配当利回り6.5%の水準

 

どこまでJTが下がるのかはわからないけど、次の買い増しポイントは利回りが6.5%の水準が目安。

株価でいうと、2370円を下回ると配当利回り6.5%に到達します。

 

7%だと、株価は2200円。

さすがにここら辺りまで下げると怖くなってきますけど…。

 

 

大型株の高配当利回りの株が増えてきた

 

今は大型株も利回りの高い株が増えてきましたね。

キヤノンも高配当だけど、キヤノンの決算はちょっと悪いので買う気になれません。

関連記事 配当利回り4%超えの高配当株は狙い目?JTは6%もある!

 

 

まとめ

 

JTの買い増しにより、また6月権利の配当金額は増える見込みだけど複雑な気持ちですね。

 

そろそろ下げ止まって欲しいものです。

 

JTが下落を続ける理由を考えてみました。

関連記事 JTはなぜ下がり続けるのか?考えられる5つの理由

 

 

 

モトリーフール米国株をはじめとした海外株式の情報(決算や株式投資の心得など)が無料で得られるのでおすすめです!  

\記事を読む/

  モトリーフールは米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからの評価も高いです。 株式の長期投資(優良企業の株を長期で忍耐強く保有)の重要性を知ることができますし、バフェットの売買やさまざまな企業の動向の紹介など、情報も豊富です。
[記事公開日]: 2019/05/07
[最終更新日]: 2019/08/15
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事