マイナス金利導入で生活防衛資金を何で保有するか。預金、国債? – 長期投資でのんびり資産運用

マイナス金利導入で生活防衛資金を何で保有するか。預金、国債?

とうとう日本もマイナス金利が導入されることになりました。

マイナス金利政策がとられることによって、三菱UFJ銀行は大企業などの普通預金に口座手数料を導入することを検討しているそうです。

また個人や中小企業には口座手数料の導入はせずに定期預金の金利の引き下げを検討しているとか。

ネット銀行では早速、預金金利が下がったところもありますしね。対応がすばらしく早いです。

必要であれば、今後も金利はさらに引き下げられる可能性もあり、生活防衛資金(無リスク資産)としての資金をどうすればいいのかについて考えなければいけない時期がやってきました。

スポンサーリンク

マイナス金利政策とは

日本銀行のHPに2016/1/29付けでマイナス金利についてのポイントを説明した資料が掲載されています。

>金融機関が保有する日本銀行当座預金に▲0.1%のマイナス金利を適用する。(2016/2/16からの準備預金積み期間から適用)
今後、必要な場合、さらに金利を引き下げる。
具体的には、日本銀行当座預金を3段階の階層構造に分割し、それぞれの階層に応じてプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する。

2016年1月29日 日本銀行発表資料より

わかりやすい図もありましたので載せておきます。

マイナス金利の決定のポイント20160129

2016/2/16からの銀行の余剰資金を日本銀行当座預金に預けると金利をもらうのではなく、支払わなければいけないということなので、個人には直接的には関係ないということでしょうか。

でも間接的には銀行の手数料が今まで無料だったものが有料になったりする可能性もありますよね。実際に検討している銀行もあるとのことですし。

今回のマイナス金利導入を受けてMMFの販売停止、銀行預金の金利の低下などがすでに実施されています。

生活防衛資金は銀行預金においておくべきなのか

我が家は生活防衛資金(無リスク資産)は全額を銀行で定期預金にしてあります。

だけど金利が一斉に下がり始めました。現時点で定期にしてあるものは満期がくるまでは大丈夫だけど、一旦満期になれば次回は低下した金利で預入しなければいけなくなるような気がします。

メガバンクはどこも金利はとても低い(1年もので0.025%)です。

今後はどうなっていくのかはわかりませんが、現時点ではネット銀行はまだ0.2%や0.25%つくところがありますよ。

マイナス金利導入で銀行の預金利率が次々に引き下げへ

関連記事:マイナス金利導入で銀行の預金利率が次々に引き下げへ

そして少しでも有利になるように我が家はなるべくボーナス時期に実施している金利キャンペーン期間中に満期がくるようにしています。

変動金利の個人向け国債の金利

個人向けに販売されている10年変動の個人向け国債ですが、2016/2/4から募集される第71回の初回適用利率が下限の0.05%に設定されました。

半年ごとの見直しになりますが、0.05%以下になることはありません。

証券会社でも買う事ができますし、キャンペーンを利用すると現金がもらえたりするので少しはお得ですよ。

SBI証券では変動10年、固定5年、固定3年の個人向け国債を購入するとキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施しています。

SBI証券個人向け国債キャッシュバック

50万円購入すると0.2%分がキャッシュバックされることになるので、銀行預金よりもお得ですね。

だけど今は個人向け国債を買うよりもまだ金利の高いネット銀行の1年ものに預けた方がいいかもしれません。

変動10年個人向け国債の注意点

注意しなければならないのは個人向け国債を解約するとき。

個人向け国債は購入後1年以上経過しなければ解約できません。しかも解約時には直近2回分の利息を差し引いて返還されます。

生活防衛資金は、いざという時のためのお金ですから、解約したくても解約できないというリスクは避けなければいけませんから、ある程度は銀行に預けておかなければいけませんね。

低金利だからといって生活防衛資金を投資へ廻さない

低金利なのは今に始まったことではありません。今までも雀の涙ほどしか利息はつかなかったはずです。

それなのに、マイナス金利という言葉に惑わされて大事な生活防衛資金を安易に投資に振り向けるべきではないと思います。

生活防衛資金はいざという時のための大事なお金。利息がほとんど付かなくても安全に確保できるなら、それでいいじゃないかと思うのです。

投資に振り向けてしまったら、増えるかもしれないけれど減るかもしれませんよ。

投資に廻すお金と生活防衛資金はきちんと分別管理するべきです。

まとめ

ネット銀行の1年ものの定期預金の利息はまだ0.25%(オリックス銀行2016/2/4時点)など高いところがありますから、今のところはネット銀行に預けておくのが良いかもしれないと思っています。

【追記 2016/2/9】

オリックス銀行も定期預金の金利が引き下げられました。詳細はHPで確認してくださいね。

個人向け国債は金利が0.05%を下回ることはないので、ネット銀行の定期預金の金利が0.05%を下回るようになってきたら生活防衛資金は個人向け国債で運用していこうかと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA