大統領選挙でトランプ氏が勝利。投資方針は? – 長期投資でのんびり資産運用

大統領選挙でトランプ氏が勝利。投資方針は?

アメリカの2016年の大統領選挙は髪型に違和感のあるドナルド・トランプ氏(共和党)が勝利でした。

前評判ではクリントン氏が優勢だったのに、まさかの結果に!!

Brexit(ブレグジット)が思い出されますね(笑)

トランプ氏が優勢との情報によって日本の株式市場も下げ幅を広げて、結局全面安で引けています。

一時は1062円安まで急落したようです。

株価の動向が不安で仕方ない投資家もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

トランプ氏が勝利でもパニックになってはいけない

株式投資で最も大切なことの一つが常に冷静であることだと以前にも書いています。

冷静で忍耐強い投資家になろう
投資で成功するために必要な事って何でしょうか? 財務諸表が読めることや定性分析ができることは投資をする上で重要だし、有利であることは確...

関連記事 冷静で忍耐強い投資家になろう

ブレグジットの時もパニック売りで株式市場はひどいことになってましたけど、一時的なもので、結局は何事もなかったかのように株価は短期間で元に戻ってさらに上昇しました。

今回の大統領選挙で政治経験のないトランプ氏が勝利したことで経済に影響が全くないとも言い切れず、多少の不安はありますけどね。

トランプ氏は不動産王だそうで、資産総額が37億ドルでフォーブスの米国長者番付で156位の富豪です。うらやましいですね~。

バフェット氏はクリントン氏の支持を表明していて、トランプ氏については2016年の株主総会で下記のように発言しています。

数百年にわたって米国経済はうまくやってきた。ビジネスは社会に適応し、社会もビジネスに適応してきた。

どんな大統領候補も米国の高い成長を止めることはできない。

バフェットの発言は心強いです。

リーマンショックの時も「Buy American, I am.」と発言してましたし、あの時にバフェットの発言を信じて勇気を出して株式を買えた人は数年後に報われました。

投資方針に変更はありません

ブレグジットの時もそうであったように、アメリカの大統領がトランプ氏であったとしても私の投資方針に変更はありません。

株価が下落するなら、少しずつ買っていきます。

もちろん、将来の配当金生活のためのポートフォリオを作り上げなければいけないので、連続増配企業が主な買い増し候補になります。

市場が混乱している時は、通常なら考えられないほどの株価で超優良企業が投げ売りされることもありますから、チャンスです。

さらに下げ続ける可能性もゼロではないけれど、持ち株数を増やす良い投資機会なのではないでしょうか。

優良企業の株価は保有していれば、いつかは騰がってきます。いつになるかはわかりませんが…。

市場の混乱時はポートフォリオをいじらずに、眺めておくだけというのも賢い考えだとは思うけれども、私の性格上なかなかできません。

一定以上下げれば、買うことになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA