ギリアドとBHPビリトンの含み損が解消! – 長期投資でのんびり資産運用

ギリアドとBHPビリトンの含み損が解消!

ギリアド・サイエンシズの株価が急騰しています。

理由は、カイト・ファーマの買収が合意されたからのようです。

数日前にも、もしかしたらギリアドは豊富なキャッシュを利用して買収があるかもと書いたら、本当に買収が合意されてしまいました。

ビックリ!また、金額もビックでその額は約119億ドルです。

全て現金での支払いだそうですが、ギリアドは340億ドルほどキャッシュがあるので可能なのでしょうね。

関連記事 含み損銘柄が増えてきた米国株、どう対処する?

スポンサーリンク

ギリアド&BHPビリトンの含み損からの脱却!

現時点では、今まで受け取った配当金も込みで考えると、BHPビリトンもギリアド・サイエンシズも含み損が解消しました。

新規投資したときにはBHPビリトンもギリアド・サイエンシズももっと高い株価で買い付けています(初回投資)。

その後、両社とも株価が低迷していたのだけど倒産の恐れはないだろうし、いつになるかはわからないけれども、長い目でみて復活もありうるだろうということで低迷時に買い増ししていました。

それが、現時点ではたまたま吉と出ました。

今後はまた下がるかもしれないし、どうなるかはわからないのだけれども…。

BHPビリトンの株価推移

BHPビリトンの株価推移は上記のように悲惨な状態になっています。

新規投資したのは2013年なので高値の時なんですよね。

そこからしばらくして下がり始め、2016年初頭にかけて下落し続けます。

そこから株価も底を打ち、反転して今に至っています。

BHPビリトンへの追加投資

株価低迷時にはこのような記事を書いて反省していたようです。

関連記事 BHPビリトンへの投資タイミングを完全に間違えた

でも、あの記事を書いた頃に追加投資できていたのが今は少しは報われた形となりました。

でも、BHPビリトンへの投資は完全に失敗です。

資源関係のサイクルなんてよくわからないのにも関わらず、高配当利回りにつられて投資して失敗したということ。

でも、いつかはBHPビリトンも復活する時がくるのではないかと思っています。

その時まで辛抱強く我慢して、サイクルの一巡を確認したいと思います。

ギリアド・サイエンシズの株価推移

2年ほど前はギリアド・サイエンシズは個人投資家の間でもてはやされていました!

そう、グロース株として超人気株だったのです。

その頃は、C型肝炎治療薬のハーボニーが発売から1年未満でブロックバスターとなり、株価もうなぎのぼりでした。

関連記事 製薬会社の売上ランキングとブロックバスター

2013年から2015年の株価の急上昇を見れば、誰でも心惹かれると思います。

私がギリアドに新規投資したのは、2015年末。

完全に落ち目になりつつある時ですね(泣)

2016年には日本での薬価が30%ほど引き下げられたり、患者数の減少などもあってハーボニーの売れ行きに陰りが出てきました。

でも、ギリアドはC型肝炎治療薬だけでなく、HIVの薬なども売れてますし、何よりも豊富なキャッシュがありますから、売却することなく数回にわけて買い増ししてました。

買い増しも、中途半端な株価で何回も買い下がっていて、そのたびに下落するという悲劇もあったのですが…。

ギリアド・サイエンシズへの追加投資

それにしても何回もナンピンという名の追加投資していますね。

個人投資家の間では、ギリアド・サイエンシズは終わったというような風潮がありましたし、今もそうなのかもしれません。

今後もどうなのかはわからないですけどね。

今回のカイトの買収でガンの免疫療法分野でのがん治療薬がギリアドに追加されることになります。

キメラ抗原受容体T細胞(CARーT)として知られる療法だそうです。

先日、このキメラ抗原受容体T細胞と呼ばれる新しい免疫治療薬キムリア(ノバルティス)が米国で承認されました。

対象は小児・若年者の急性リンパ性白血病で、臨床試験では83%に効果があったのだとか。凄いですね!

ガンの免疫治療で有名なのは、ブリストル・マイヤーズと小野薬品のオプジーボやメルクのキイトルーダがあります。医療費高騰という意味でも世間の注目を集めていますね。

オプジーボやキイトルーダの保険適用されるガンの種類は増えていってますし、実際にこれらの売り上げは伸びていっていますし、将来有望な分野なのでしょう。

奏効率は2割程度らしいですが、キイトルーダはオプジーボと違って非小細胞肺癌でPD-L1発現率が陽性など、いくつかの条件を満たせばファーストラインで使えるというメリットもあります。

まとめ

米国株への投資は上手に運用できているとは言い難いですけれども、今のところは利益が出ています。

基本的には外国株への投資は、配当金に照準をおいて投資しているので長期的な視点で考えるようにはしているつもりです。

今後も株価が下がっているから売ろうとか、みんなが売っているから売ろうとか、そういう近視眼的な考えではなく、自分の考えをしっかりと持って運用していきたいと思います。

人に流されて売買していると、いつまで経っても投資のスキルはあがりません。

しっかりとした自分の考えを持って投資していれば、たとえ失敗したとしても得られるものがあるはずですから。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA