老後資金の準備に個人年金保険を利用している人は多い – 長期投資でのんびり資産運用

老後資金の準備に個人年金保険を利用している人は多い

最近になってライフネット生命CEOの出口さんの著書である働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義を読みました。

保険についてだけでなく公的年金などの社会保障や投資についてもわかりやすく書かれてあります。

将来を不安に感じている20代の若い人が読んでみるとお金に関する基本が理解できるのではないでしょうか。

読んでみて損はないと思います。

この本の中で保険について、家族構成によって掛けるべき保険は違ってくるのだと書かれてありました。

そもそも独身の人は死亡保障なんて必要ないとか、子供が小さい間はそれなりの死亡保障が必要であるとか、当たり前に思われることも書いてあります。

そこでまた少し保険について調べてみたのだけど、老後資金を準備するにあたって個人年金保険を利用している人が多いのだということを知りました。

スポンサーリンク

老後資金をまかなう手段

H25年度の生活保障に関する調査より老後の生活資金をまかなう手段として、公的年金や預貯金、企業年金、退職金を除くと個人年金保険を利用している人の割合が30%を超えていることがわかりました。

H10と比べると割合は低くなってはいるけれども、30%の人が個人年金を利用している。

さらに変額個人年金保険というものを併せると40%のもの人が利用しているということ。

すごく多いなぁという印象。

%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e7%94%9f%e6%b4%bb%e8%b3%87%e9%87%91%e3%82%92%e3%81%be%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%86%e6%89%8b%e6%ae%b5

%e8%80%81%e5%be%8c%e4%bf%9d%e9%9a%9c%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e7%a7%81%e7%9a%84%e6%ba%96%e5%82%99

保険についてはまるで知識がないので何とも言えないのだけど、個人年金保険は利用する価値のあるものなのでしょうか。

それとも保険会社の人に上手く言いくるめられて(?)加入したとか?

先ほど紹介した働く君に伝えたい「お金」の教養: 人生を変える5つの特別講義でも書いてあったし、以前に読んだ生命保険の罠にも書いてあったけれど、必要ない保険を薦めてくる保険外交員はいるそうです。

あの人達は保険のプロですし、契約を取らなければいけないので不安を助長させるように話をするのかもしれません。

何でも鵜呑みにしてはいけませんね。

話を聞いた後は、自分でじっくりと考える時間が必要なのではないでしょうか。

個人年金保険とは?

個人年金とは掛け捨て型の保険ではなく貯蓄型の保険で、掛けたお金が将来受け取ることができるというもの。基本的には公的年金の不足分を個人年金保険でカバーするという使い方になるのかな?

最近の低金利の影響なのか、新規募集を停止している保険会社もあるようです。

中には公的年金の不足分を補う役割だけでなく、子供の教育費を個人年金保険で準備しましょうと書いてある保険会社もありました。

個人年金保険のデメリット

注意する点としては途中で解約する場合には多くの場合、既に払い込んだ金額は返ってきません。

契約する時には最後まできちんと掛けれるかということを考えてからの方がいいということ。

あとは、こんな怖い事をさらりと書いてある保険会社もありました。

保険会社の業務もしくは財産の状況の変化により、年金額、給付金額等が削減されることがあります。

出典元:東京海上日動あんしん生命のみらい応援歌

個人年金保険のメリット

個人年金保険のメリットは何でしょう?

強制的に掛金を支払うことになるので、自分ではなかなか貯められない人には有難いのかもしれません。

あとは老後資金として公的年金の不足分をいくらか個人年金保険でまかなえるということでしょうか。

別に個人年金保険に加入しなくても、自分で預貯金で保有していても変わりないような気もするけれど…。よくわかりません。

老後資金は自助努力で準備したい

先ほどの調査で老後保障は公的保障充実志向か自助努力志向かを調べたところ、自助努力志向の人の方が多かったようです。

%e8%80%81%e5%be%8c%e4%bf%9d%e9%9a%9c%e3%80%80%e5%85%ac%e7%9a%84%e4%bf%9d%e8%a8%bc%e5%bf%97%e5%90%91vs%e8%87%aa%e5%8a%a9%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e5%bf%97%e5%90%91

私はもちろん自助努力志向です。

高額の税金を納めるよりも、その分を自分で運用する方がいいです。

運用は失敗するかもしれないけれど、それは自己責任。

経済や社会についても真剣に勉強もするようになるし私は絶対に自助努力志向です。何でも人任せは嫌な性格なので。

公的年金だけでは老後資金は不足するだろうから、やはりある程度は準備しなければいけません。

目標とする金額は各人で違うにしろ、何らかの方法で貯めなければいけない。

老後資金を貯める方法は個人年金保険でもいいし、自分で運用するのもいいし、預貯金でも何でも、自分で納得した形なら大丈夫でしょう。

公的年金のみに依存するような状態にだけにはならないようにしたいです。

ちなみに私は自分で運用する道を選んでます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA