お金がないけど投資を始めたい。そんな時どうする? – 長期投資でのんびり資産運用

お金がないけど投資を始めたい。そんな時どうする?

投資を始める時は、生活防衛資金を貯めてからやりましょうと巷では言われています。

本当にそうでしょうか?理想を言えば、生活防衛資金を確保しておいた方がいいです。

だけど生活防衛資金って人にもよると思うけど、だいたい1年~2年分の生活費のことで、不意なリストラなど、何らかの理由で収入が途絶えた時にも困らないように確保しておくお金のことです。

生活防衛資金を貯めるのって結構、大変だと思うんですよね。それを貯めた後でないと投資をしてはいけないとなると、投資を始める時期がかなり遅れてしまいます。

投資をしたいと思った時が始め時だと思っているので、すぐにでもやるべきだと思う。

そんな時はどうやって投資を始めればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

お金がなくても投資はできる

全くお金がなかったら、当たり前だけど投資はできません。

だけど少しでもお金があったら、投資ってできますよ。

少額からでも始められる投資

株式投資ってある程度まとまったお金が必要って感じがするかもしれないけど、今は昔のように1000株単位の銘柄ばかりではないし、5万円以下で株が買える企業もあります。

だけどもっと少額から始められる投資もあって、それが投資信託を利用した投資です。

楽天証券マネックス証券なら1000円から、SBI証券では500円から投資を始めることがきでます。

投資信託によっては10000円以上でないと申込みできないものもありますが。

この金額ならお金がなくても、気軽に投資を始めることができます。

1000円から買い付けできる投資信託には手数料の安いインデックスファンドも含まれているので、わずかな金額から世界中の株式や債券に分散投資することができるのです。

お金がないけど個別株に投資したい場合

個別株投資の場合はある程度、まとまったお金が必要になってきます。

だけど、単元株ではなくワン株やS株と言われるものなら数千円から投資できるのです。

1株から購入することができるんですよ。

任天堂は1単元が100万円以上だし、ファーストリテーリング(ユニクロ)は300万円以上しますから、値嵩株への投資は個人投資家には手を出しにくいです。

こういったちょっと手を出しにくい企業の株でもS株やワン株であれば、1株から買い付けできるのでコツコツと積立感覚で投資できるのです。

デメリットは

  • 手数料が高い
  • 指値ができない

ということ。それ以外は特にデメリットはないと思います。

SBI証券[S株]の手数料
約定代金×0.500%(税込0.540%) 最低手数料:50円(税込54円)

マネックス証券のワン株の手数料

手数料は業界最低水準の約定代金の0.5%(最低手数料48円)(税抜)

残念ながら楽天証券では単元未満株を買うことはできません。

本格的な資産運用は生活防衛資金を貯めてから!

投資を始めたいと思ったらすぐにでも始めるべきだと思うけど、まずは少額から始めてみて投資ってどういうものなのかを知ることが大切。

投資開始してしばらくは、日々の値動きが非常に気になります。

少なくとも、私は毎日のように株価のチェックしていました。騰がれば喜び、下がれば悲しみ…。株価なんて毎日ふらふらと変わるのに一喜一憂してましたね。

今はもう株価の変動には慣れたので、株価が下がったからといって特に何の感情もありません!

値動きに慣れるというのは、投資をしていく上では大事なことだと思うのです。

お金がない時は毎月1000円の積立から始めたとしても1年間では12000円になります。

12000円の元金なら、なくなってしまってもそんなに困らない金額なので投資に慣れるという意味では、おすすめかもしれません。

だけど、本格的に投資(資産運用)を始めるならばある程度は生活防衛資金を貯めた後にした方がいいと思います。

関連記事 生活防衛資金についての私なりの考え

生活防衛資金を確保していなかったら何かあった時に、困りますからね。

投資初心者向けに投資元金が100万円での資産運用の方法について書いてみましたので、参考にしてみてください。

オススメ 投資初心者向け!100万円の資産運用について考えてみた

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA