貸株サービスはメリットとデメリットを理解してから利用しよう – 長期投資でのんびり資産運用

貸株サービスはメリットとデメリットを理解してから利用しよう

個別株投資をしている人ならば貸株サービスというものがあるのをご存知の方が多いと思います。

貸株サービスとは、お客さまが保有している株式を当社に貸出すことで、銀行にお金を預ける(貸す)と利息がもらえるように、 貸出した株式に応じた貸株金利を受取ることができるサービスです。

SBI証券

肝心の貸株金利ですが、SBI証券では、最低でも0.1%の金利が付くようです。

楽天証券では、1%のボーナス金利がつく銘柄や、何と20%もの貸株金利がつく銘柄もあります。時期によっても異なるようなのでご利用の際はご自身で確認してください。

マイナス金利が導入されて以降、銀行の預金金利は下がりっぱなしですから、銀行預金に比べて一見お得なように思えます。

だけど、この貸株サービスはメリットばかりではありません。

スポンサーリンク

貸株サービスのメリット

買付以降、保有しているだけでは通常は金利もつきません。権利取りをした後に企業から配当金が振り込まれたり、株主優待を実施している企業からは優待がいただけるだけです。

保有株を貸し出すだけで貸株金利がもらえる

証券会社に貸株しておけば、貸した分に応じて貸株金利がいただけます。

プレミアム金利がつく銘柄を貸し出すとさらにお得になるというわけです。

権利日に貸し出すのを中止すれば、企業の株主名簿に記載されることになるので配当金や株主優待も支払われます。

一方で権利日にも貸出ていた場合は、証券会社から配当金に相当する額も口座に振り込んでもらえます。この場合、名義が書き換わっているので株主優待はもらえません。

証券会社では、塩漬けになっている銘柄の有効利用にもなると書かれてあります。

確かに、僅かではあっても保有株で貸株サービスを利用しておけば金利が付くのならば利用したいと思うのが普通でしょうね。

貸株サービス利用中でもいつでも売却可能

貸株サービスを利用中もいつでも好きな時に売却することができるので、売却するのに絶好のタイミングが訪れた場合でもきちんと売却できますから、利益の取りこぼしがありません。

貸株サービスのデメリット

hand-1030551_640

貸株サービスはもちろんデメリットもあります。各証券会社にも貸株サービスについてのリスクが記載されていますから、熟読しましょう。

証券会社の信用リスクを負うことになる

通常、株式を保有している場合は株券は分別管理の対象となるので、証券会社が倒産しても投資家の資産は保全されます。

一方で貸株サービスを利用していた証券会社が倒産した場合には、貸株設定していた株式は分別管理の対象ではないので保全されません。

長期保有していた場合の株主優待をもらえないかもしれない

貸株サービスを利用していた場合は、おそらく名義が書き換わるので3年以上の長期保有した場合に株主優待が手厚くなる場合でも、この基準を満たさないかもしれません。

保有株の一部だけを貸株している場合はセーフかも?

心配な方は証券会社に問い合わせすることをおすすめします。

配当金相当額は雑所得で総合課税の対象

権利日にも貸株サービスを設定していた場合は、配当金相当額が証券会社から口座に振り込まれますが、これは雑所得になります。

また、配当金相当額は配当所得ではないので、配当控除の対象になりません。

確定申告が必要になる場合があるので注意が必要です。

まとめ

貸株サービスを利用する場合は、メリットだけでなくデメリットもきちんと理解した上で利用するのをおすすめします。

私は貸株サービスは利用していません。

貸株サービスを実施している証券会社が倒産する可能性は低いとは思いますけど、わずかな金利のために証券会社の信用リスクを負うなんてことはできないからです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA