S&P500配当貴族指数の構成銘柄【2018年】 – 長期投資でのんびり資産運用

S&P500配当貴族指数の構成銘柄【2018年】

米国には25年以上連続増配している企業が数多くあります。

日本企業では25年以上連続増配している企業というものは花王しかありませんから、米国企業の凄さがわかると思います。

S&P500配当貴族は、25年以上連続増配しており、S&P500構成企業であり、かつ優良大型株で構成されています。このS&P500配当貴族指数を構成する企業は適宜見直しされるので、毎年数銘柄の入れ替えがあることが多いです。

では、2018年のS&P500配当貴族指数を構成する企業を見ていきましょう。

S&P500配当貴族指数の構成銘柄

構成銘柄 ティッカー 増配年数 セクター
Dover DOV 62 Industrials
Emerson Electric EMR 61 Industrials
Genuine Parts GPC 61 Consumer Discretionary
Procter & Gamble PG 61 Consumer Staples
3M MMM 59 Industrials
Cincinnati CINF 57 Financial Services
Johnson & Jhonson JNJ 55 Healthcare
Coca-Cola KO 55 Consumer Staples
Lowe’s LOW 55 Consumer Discretionary
Colgate-palmolive CL 54 Consumer Staples
Homerl Foods HRL 52 Consumer Staples
Federal Realty Investment Trust FRT 50 Real Estate investment trust
Stanley Black & Decker SWK 50 Industrials
Target TGT 50 Consumer Staples
Sysco SYY 48 Consumer Staples
Becton Dickinson BDX 46 Healthcare
W W Grainger GWW 46 Industrials
Leggett & Platt LEG 46 Consumer Discretionary
PPG Industries PPG 46 Basic Materials
Kimberly Clark KMB 45 Consumer Staples
Nucor NUE 45 Basic Materials
Pepsico PEP 45 Consumer Staples
VF Corporation VFC 45 Consumer Discretionary
AbbVie ABBV 45 Healthcare
Abbott Laboratories ABT 45 Healthcare
S&P Global SPGI 44 Industrials
Wal-Mart Stores WMT 44 Consumer Staples
Automatic Data Processing ADP 43 Industrials
Consolidated Edison ED 43 Utilities
Illinois Tool Works ITW 43 Industrials
Archer Daniels Midland ADM 42 Consumer Staples
McDonald’s MCD 42 Consumer Discretionary
Pentair PNR 42 Industrials
Walgreens Boots WBA 42 Consumer Staples
Clorox CLX 40 Consumer Staples
Medtronic MDT 40 Healthcare
Sherwin-Williams SHW 39 Basic Materials
Franklin Resources BEN 38 Financial Services
Aflac AFL 35 Financial Services
Air Products & Chemicals APD 35 Basic Materials
Cintas CTAS 35 Industrials
Exxon Mobil XOM 35 Energy
Brown-Forman BFB 34 Consumer Staples
AT&T T 34 Communications
McCormick &  Co MKC 32 Consumer Staples
T.Rowe Price TROW 31 Financial Services
Cardinal Health CAH 30 Healthcare
Chevron Corp CVX 30 Energy
Chevron CVX 30 Energy
Ecolab ECL 26 Basic Materials
General Dynamics GD 26 Industrials
Praxair PX 25 Basic Materials
Roper Technologies ROP 25 Industrials
A.O. Smith AOS 25 Industrials

2018年時点での配当貴族指数の構成銘柄ですが、適宜入れ替わります。

2018年は配当貴族指数の構成銘柄に入れ替えがありました。

新規組み入れ
構成銘柄 ティッカー セクター
Praxairt PX Basic Materials
A.O. Smith AOS Industrials
Roper Technologies ROP Industrials

除外
構成銘柄 ティッカー セクター
CR Bard BCR Healthcare

BCRはベクトンビッキンソン(BDX)に買収されたため、配当貴族からは除外されました。

前年までの配当貴族指数の構成銘柄については、下記の記事をご覧ください。

関連記事 S&P500配当貴族指数の構成銘柄

スポンサーリンク

配当貴族は長期間増配を続けてきた優良企業である

25年以上連続して増配するというのは、簡単な事ではありません。

それをやってのけるような企業なので、質の高いビジネスであることがわかりますし、バフェットのいうところの競争力のある企業ともいえるでしょう。

関連記事 経済的な堀(競争における優位性)を持つ企業

配当貴族銘柄の属するセクター比率トップ3

配当貴族指数を構成する企業が属しているセクターのトップ3を調べてみました。

  1. Consumer Staplesで約26%
  2. Industrialsで約17%
  3. Health Careで約14%

となり、2016年に調べたときと変化はありませんでした。

関連記事 配当貴族(連続増配25年以上)の配当利回りとセクター

配当貴族銘柄の配当利回りについて

2016年に配当貴族の配当利回りを調べた時は、3%以上の株がわりと多くあったのだけど、2018年の現時点では株価の値上がりのために、利回りは低くなってしまいました。

AT&Tだけが配当利回りが5%以上ありますが、それ以外の企業では配当利回りが高くても3%代になっています。

配当金には税金がかかります。米国で10%、日本でさらに約20%課税されることを考えると、少なくとも3%以上は欲しいところです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA