ジュニアNISAの口座開設を検討 – 長期投資でのんびり資産運用

ジュニアNISAの口座開設を検討

2016年4月から開始されたジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)。

我が家ではまだジュニアNISAの口座を開設していません。

なぜ、口座開設していなかったのか?というと、NISAとは違ってジュニアNISAは一度口座を開設すると、金融機関の変更ができないからです。

ジュニアNISA口座は(同時に)一人につき1つの口座のみ開設できることとされているため、ある金融機関でジュニアNISA口座を開設した後に、他の金融機関でジュニアNISA口座を開設したい場合は、既存の口座を廃止する必要があります(払出し制限が解除される年より前に口座を廃止する場合は、災害等やむを得ない事由により口座廃止する場合を除き、非課税で受領した全ての配当金・売買益に課税されることとなります)。
そのため、口座を開設される金融機関の選択にはご留意ください。

出典元:金融庁

できるだけ手数料のお得なところを選びたかったし、ジュニアNISAでの対象商品も出揃ってない感じがしていたので様子見していました。

関連記事 ジュニアNISAのメリットとデメリット

スポンサーリンク

どの金融機関でジュニアNISA口座を開設するか?

ジュニアNISA口座を開設するなら、慣れ親しんでいる証券会社で開設する方がよいと思うのでネット証券のどこかになると思います。

そこで口座開設のポイントとなるのが下記の2点。

  • ジュニアNISAでの対象商品
  • 売買手数料

売買手数料に関しては、そこまで気にしなくてもいいのかもしれないけれど、無料のところも多いです。こういったお得なことは利用できるならば利用した方がいいので。

 SBI証券でのジュニアNISA口座

 SBI証券

国内株式

  • 売買代金にかかわらず、買付、売却ともに0円
  • 2017年分の取引手数料無料

海外ETF

  • 買付代金に関わらず0円
  • 2017年分の取引手数料無料

ジュニアNISA口座の対象商品

  • 国内株式(単元未満株S株もOK)
  • 投資信託
  • 外国株式(米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、海外 ETF を含む)

※取扱商品は今後変更の可能性があるそうです。

楽天証券でのジュニアNISA口座

 楽天証券

国内株式

  • 国内ETF・ETN・REITを含む国内株式の売買手数料は無料

ジュニアNISA口座の対象商品

  • 国内株式(現物取引)
  • 投資信託(外貨建てMMFは対象外)

マネックス証券でのジュニアNISA口座

  マネックス証券

国内株式

  • 2016年以降、現行制度下において恒久的に株式売買手数料実質無料(単元未満株除く)

ジュニアNISA口座の対象商品

  • 国内株式(現物取引)
  • 投資信託(外貨建てMMFは対象外)

ジュニアNISA口座、どこにするか悩む

SBI証券だけは、手数料無料が今年いっぱいの設定になってます。

2016年も2016年は手数料無料となってました。

もしかすると、2018年以降は手数料無料ではなくなる可能性もあるのかと勘ぐってしまいます。

マネックス証券はきちんとその点に関しては明言されているので安心できます。

そもそもジュニアNISAでの年間利用限度額(非課税投資枠)は年間80万円で、売買手数料は含まないのであまり神経質になる必要はないのかもしれませんが。

手数料のみで考えると、きちんと名言されているのはマネックス証券。

ただ、ジュニアNISAでの取り扱い商品の種類が多いのがSBI証券なのです。

楽天証券とマネックス証券は国内株と投資信託のみですが、SBI証券だけは海外ETFや米国をはじめとした外国株も対象となっています。

できるだけ投資対象は広い方がいいので、この点で考えるとSBI証券に軍配があがります。

そうなると、やっぱりSBI証券がいいのかもしれませんね。

たかが80万円ほどでしかないので、仮に来年から手数料が発生したとしても大したことないですし…。

ジュニアNISA口座での運用対象は何にするか?

これも特には決めてません。

投資信託の積み立てでもいいのですけどね。何といっても楽ですから!!

最初に積み立てする投資信託を決めてしまえば、あとは毎月の積立設定をするだけなので本当に手間がかかりません。

でも、おそらく個別株で運用することになるでしょう。

配当金も非課税になりますし。

注意が必要なのは、受取配当金や分配金を非課税にするためには、証券会社で株式数比例配分方式を選択しなければなりません。

この設定をし忘れて、せっかくのNISA口座で配当金が非課税になってらっしゃらない方もいるのではないでしょうか。

一度、確認してみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA