配当金生活のためのポートフォリオのセクター比率 – 長期投資でのんびり資産運用

配当金生活のためのポートフォリオのセクター比率

英国のEU残留か離脱かを問う国民投票が今週、行われます。

その結果によっては世界中の株式市場や為替の比較的大きな変動が予想されるわけですが、下落するようなことがあれば株式を購入するチャンスかもしれません。

チャンス到来となれば、コツコツと持ち株を増やしていこうと考えてはいるけれど、資金に限りがあるので手当たり次第に買うことはできません。

そのためにどの銘柄を買うのかを予め決めておかなければいけないのです。

そこで将来の配当金生活に向けたポートフォリオの点検を行いまして、現時点での保有株のセクター別の比率をチェックしてみました。

スポンサーリンク

配当金生活ポートフォリオのセクター別比率

日本株以外のポートフォリオでセクター毎の比率については、調べたことはありませんでした。

そこで調べてみた結果、このような比率になっていました。

2016 portfolio in June

時価総額順に書いてみると

  1. Consumer Staples(29%)
  2. Health Care(21%)
  3. Industrials(12%)
  4. Consumer Discretionary(11%)
  5. Information Technology(10%)
  6. Energy(9%)
  7. Telecommunication Services(6%)
  8. Materials(2%)

生活必需品セクターとヘルスケアセクターでポートフォリオの半分を占めます。

その次が一般消費財やサービスになります。

金融セクターや公益事業セクターの保有株はなしです。

金融セクターは配当利回りが高い企業も多いですし、シンシナティ・ファイナンシャル(CINF)やアフラック(AFL)のように連続増配企業もいくつかありますからポートフォリオに組み入れてみたいですけれども、どこがいいのかよくわからないので購入には至ってません。

S&P500配当貴族指数の構成銘柄
配当金生活のためのポートフォリオを組む時には、なるべく今後も配当が成長していく企業を組み入れたいと思っています。 なぜなら保有している...

関連記事:S&P500配当貴族指数の構成銘柄

今後買い増しする予定のセクターは?

基本的には好不況に関係なく業績が安定している企業をポートフォリオの中核にすることに変わりはありません。

Consumer Discretionaryセクターが保有比率が11%となっていて、私が想定していたよりも割合が低いので、このセクターを中心に買い増し、もしくは新規投資していこうかと思います。

あとはIndustrials(資本財)セクターでも1銘柄欲しい企業があるのだけど、買いたい価格まで下がってこないので、なかなか買うことができません。

でも基本的には買い増し or 新規投資するなら生活必需品セクターか一般消費財・サービスセクターでしょうか。

過去のセクター別リターンを見ても、一般消費財・サービスセクターや生活必需品セクターは安定したリターンがありますからね。

2015年S&P500セクター別パフォーマンス
S&P500は米国の大企業で構成されている指数です。米国企業に投資する時には、日本株ほどの情報を得ることもできないのでS&P...

関連記事:2015年S&P500セクター別パフォーマンス

米国の個別株を調べるならば、米国会社四季報2015年春-夏号はおすすめですよ。何も知らない状態から投資先を調べるのは至難の業ですが、四季報があれば今まで知らなかった企業を知ることができますからね。

春夏号と秋冬号と年2回発売されます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA