とうとうフィリップモリスが含み損になる… – 長期投資でのんびり資産運用

とうとうフィリップモリスが含み損になる…

dividend-catch

米国株ポートフォリオを眺めていると、含み損銘柄が増えておりました!

4月中旬から急落していたフィリップモリス(PM)が含み損の仲間入りです。

今年の4月までは100ドルを超えていた株価も6月の今では70ドル台にまで下落しております。

含み益がある状態での買い増しは抵抗があって、なかなかできないのですが、含み損に突入したことですし、少しずつ買い増ししていこうかと思います。

スポンサーリンク

フィリップモリスへの投資履歴

PMチャート20180606

上記グラフはフィリップモリス(PM)の2013年7月からの5年チャートです。

取引履歴を見てみると、新規購入が2013年末で、80ドル台前半での投資でした。

そこから下落するのにあわせて、2015年までに70ドル台で数回買い増しております。

2016年からは株価がスルスルと上昇したため、買い増しをやめて配当金を受け取るだけとなっていました。

2018年になってからは100ドルを超えていた株価も下落し、今では約76ドルとなって、とうとう含み損へ…。

年初からは約27%も株価が下落しており、ポートフォリオの足を引っ張っている状態。

2018年タバコ株は全て軟調な株価推移

タバコ株チャート20180606

青:PM  紫:MO  赤:BTI  緑:JT

2018年の主なタバコ株のチャートです。

軒並み年初から下落しています。中でも下落率が高いのはBTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)とPM(フィリップモリス)です。

比較的マシなのが、JT(日本たばこ産業)ですが、それでも17%のマイナスです。

これら4企業は全て保有株なので、株価が下落するのはうれしいことではありません。

ただ、長期的に保有しておこうと考えている企業ですし、配当利回りも約5%あります。

そして、MOもPMもBTIもJTもかなりの高収益企業ですので、配当株としてはかなり魅力的なのです。

関連記事 長期間にわたる資産運用でのパフォーマンス

タバコ株の配当利回り5%超えは買い時か?

先ほど書いた、タバコ株は決して割安だとは思いませんが、減配がないと仮定するなら配当だけ考えても買いたいと思える水準です。

関連記事 JT(日本たばこ産業)の配当利回り5%は魅力的

関連記事 配当利回り5%超のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)に新規投資

関連記事 株価下落でたばこ株の配当利回りが高くなってきた。買い増しのチャンス到来か?

JTに関しては、それなりの株数を仕込みましたので、次は含み損であるPMやBTIを買い増していこうかと思います。

PMやBTIは現地での源泉徴収がないために、外国株でありながら配当金にかかる税金は日本での約20%のみなので、ちょっとお得感があります。

いくら高配当とはいえ、以前に保有していたアンハイザーブッシュ・インベブ(BUD)のように、現地での税金が高すぎると受取配当金で考えた場合の利回りはかなり下がってしまい、魅力が半減してしまいます。

関連記事 外国税額控除制度を利用しよう。BUDの外国所得税が高すぎてビックリ!

過去にはタバコ株は圧倒的なリターンを叩き出していた

クレディスイスの超長期資産運用(1900年から2014年までの115年間)でのリターンに関する資料では、米国においてタバコ株は他のセクターを圧倒するリターンを叩き出しています。

タバコセクターの超長期リターン

出典元:クレディスイス

このことは、シーゲル博士の株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすにも書かれてあることなので、知っている方も多いと思います。

イギリスにおいては、アルコールセクターのリターンが高いです。

アルコールセクター超長期リターン イギリス

出典元:クレディスイス

関連記事 長期間にわたる資産運用でのパフォーマンス

まとめ

タバコセクターのリターンが他に比べて高かったのは、あくまでも過去の結果についてです。

タバコをめぐる環境も昔と違って、目まぐるしく変化していますし、将来的にはどうなるのかはわかりません。

だから、タバコ株に集中投資するのではなく、幅広いセクターに分散投資させています。

成熟した高配当企業だけでなく、V(ビザ)やMA(マスターカード)、NKE(ナイキ)などの成長企業への投資もしながら、将来の配当金生活に向けたポートフォリオを作っていきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA