資産運用の成果、9月末でやっと年初来でプラス – 長期投資でのんびり資産運用

資産運用の成果、9月末でやっと年初来でプラス

2016年は資産運用で苦戦しています。

投資対象で主なものは、日本の個別株と外国(欧米)の個別株です。

それとほんの少しだけ教育費用の積立にしているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドもありますが、投資金額が少なすぎるので運用結果には全く影響しません。

9月末の資産を調べたところ、やっと今年もプラスの成績になりました。

正直なところ、今年は資産運用でプラスに持っていくのはもう無理かなぁと思っていたのですが、9月には盛り返してきました。7月頃にも一度、年初来で運用成績がプラスになりそうな時があったけれど、その時は駄目でした。

今回は、まさに想定外の出来事でラッキーとしか言えません。

スポンサーリンク

運用成績にはこだわる

資産運用をしている以上、投資成績にはある程度のこだわりがあります。

趣味や娯楽として投資しているわけではなく、資産を殖やすことを目的に投資しているので。

市場平均に負けることが数年も続くようであれば、素直に個別株投資は辞めてインデックス投資にでも切り替えるつもり。

だけど、今のところは個別株投資の方がリターンが良いので続けているだけです。

日本株の個別株投資

9月末で資産運用がうまくいったのは日本株のおかげといっても過言ではありません。

ポートフォリオではある程度は分散させているけれども、上位6銘柄に資金を多く振り分けています。

そしてこの上位銘柄の中で頑張ってくれた企業があったので、年初来でプラスの結果となりました。

まぁ、今年もまだ残り3ヶ月あるのでこのまま順調にいくのかどうかはわかりません。

ポートフォリオ上位の6銘柄の株価動向によってはまた、マイナスの成績になることも考えられますからね。

外国株の個別株投資

米ドル建ての資産でみると、2015年末よりも増えているけれども今年に入ってからの円高で日本円換算した場合の運用成績は低迷しております。

もちろん、外国株の個別株投資だけでみればマイナスです。

日本株に比べてまだまだ投資資金は少ないとはいっても、数年前よりかはドル建て資産も増えているわけなので、米国株(外国株)を無視することはできません。

だけど為替の動向はどうしようもないのでね・・・。

なるべく円高のときに米ドルに替えておくか、一定以上の円安になった時は米ドルに替えるのを控えるかしなければいけません。

とはいっても、長期で見た場合は外国株の運用成績に為替はほとんど影響しないということも株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすには書いてありますから、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんけど。

外国株投資における為替の変動リスク
外貨建ての商品に投資する時に気になるのが為替リスクです。 例えば=0の時に000(100万円)分の外貨建て資産を購入し...

関連記事:外国株投資における為替の変動リスク

ポートフォリオの理想的な割合

今のところは、日本株の個別株投資のリターンが外国株の個別株投資よりも圧倒的に高い。投資利益のほとんどは日本株からの利益です。

もしかすると、外国株への投資をせずに日本株に目一杯投資するほうがリターンは高いのかもしれません。

だけど日本株だけに投資するのはもう怖いので、外貨建て資産である外国株に投資します。

最終的には日本円と外貨建て資産を半分ずつくらいにしたいのです。

外国のエクセレントカンパニーは本当に素晴らしいですからね。

だけどそういった企業に投資して大きな利益を得るのは難しい。

だから外国株への投資は、基本的には誰もが知っている優良企業の株式に投資して配当金を再投資させていく投資法を実践しています。

実際に外国株は一度買ったら、買ったままで売ることはあまりありません。

私が老後を迎える頃には、どれだけ大きな配当金の雪だるまができているのかとても楽しみなのです(笑)

外貨建て資産に投資することの不都合といえば、外国株は詳しく調べるのがとても難しいこと。

いつも情報をチェックしているわけではないし、簡単に手に入る情報には限りがありますから。

かといって、片っ端から興味ある企業のアニュアル・レポートを読みまくるのは無理なので、どうしても有名な企業や、米国株会社四季報で見つけた興味のある企業しか調べられません。

そういえば、間もなく米国会社四季報 2016年 秋冬号が発売されますね。

時間が空いた時にでもまたチェックしてみるつもりです。

このまま順調にプラスの成績で2016年を終了させることができればいいなぁ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA