401Kのニッセイ外国株式インデックスファンドで老後資金を作る – 長期投資でのんびり資産運用

401Kのニッセイ外国株式インデックスファンドで老後資金を作る

2017年1月から個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)は、基本的に60歳未満の全ての人が利用できるようになります。

2017年1月から新たに加入資格が与えられる人

  • 第2号被保険者(勤務先が企業年金を実施している会社員、公務員)
  • 第3号被保険者

【注意点】

企業型確定拠出年金規約において、マッチング拠出を規定している場合はiDeCoへの加入を併用することはできず、マッチング拠出かiDeCoかを選ぶことになります。

掛け金を拠出するだけで、節税(全額所得税控除)になります(年間を通じて所得のない人は除く)ので未加入の人や来年から加入資格のある人は是非とも加入することをオススメします。

※運用時は非課税ですが、受け取り時に税金支払いがあります。

イデコ(個人型確定拠出年金)や企業型確定拠出年金の受け取り方
確定拠出年金は一般的にはあまり知られていないのかもしれないけれど、導入する企業も増えつつありますし、個人で加入することもできます。 イ...

関連記事 イデコ(個人型確定拠出年金)や企業型確定拠出年金の受け取り方

さて、ここで気になるのがどのような商品で運用していくのかということではないでしょうか。

60歳になるまで加入して掛け金を拠出し続けることになるので、投資対象はしっかりと選ばなければいけませんよね。

私なら、どうやって運用するかについて書いてみます。

スポンサーリンク

年金はアテにせず、老後資金は自分で作る!

money-549161_640 (1)

将来の公的年金の支払いに不安があるので、老後資金は自分で準備することを目標にしています。

老後資金準備の大きな柱は、連続増配企業に投資することによる配当金再投資で雪だるま式に受け取り配当金を増やすという投資法。

長期間かけて複利効果を最大限に発揮していこうという考えです。

そして老後資金準備の小さな柱として確定拠出年金の利用です。

ただし、確定拠出年金だけでは目標とする額には絶対に到達しないことがわかってるのであくまで保険という位置づけ。

確定拠出年金での資産運用は老後資金準備のメインには考えてません。

確定拠出年金は大きく増えることを期待していないけれど、どうせなら上手に運用したいですよね。

掛け金全額を100%株式に投資する投資信託に投入

確定拠出年金では数十年という長期間運用するので、一番増える可能性の高いものに掛け金は投入するべきだと考えるので、掛け金全額を100%株式の投資信託に投入します。

インデックスファンド、アクティブファンドどちらを選ぶ?

投資信託ではインデックスファンドとアクティブファンドがあります。

私が選ぶのはもちろんアクティブファンドではなく、インデックスファンド。

コストは非常に大事ですからね。

運用資金額がすくない間はたいしてコストは気にならないけれど、60歳になるまでの数十年間、掛け金を拠出するとなるとそれなりの額になってくるのでコストはできる限り低いものを選ぶとよいのではないでしょうか。

アクティブファンドの中では、インデックスファンドを大きく上回る成績をあげているものもあります。

例えばレオスのひふみ投信は非常に良いアクティブファンドだと思います。

2008年11月から2016年3月までこつこつと積立た場合、89万円が195万円にまで成長しているのですよ!!すごいですよね。

ひふみ投信は素晴らしい成績を収めているアクティブファンドで、独立系直販ファンドですが最近になってSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)でも積立が可能になりました。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)で積立できるのは、確定拠出年金(DC)専用投資信託の「ひふみ年金」です。

ひふみ年金は、ひふみ投信やひふみプラスと同じマザーファンドに投資を行い、運用します。

ちなみにひふみ年金の信託報酬は、0.76000%(税込みで0.82080%)になります。

アクティブファンドの中では比較的低コストだと思います。

現時点でのひふみ投信のリターンを見れば、インデックスファンドに比べて少々コストが高く付いたとしてもそれを大きく上回る投資成績を収めているので、あえてひふみ投信を選ぶ人もいるかもしれませんね。

確定拠出年金での投資対象は何にするのか?

100%株式のインデックスファンドとはいっても、投資対象はさまざまです。

日本株式、先進国株式、新興国株式など。

私が選ぶ投資対象は先進国株式のインデックスファンドです。

私なら、その中でも一番低コストなDCニッセイ外国株式インデックスファンド を選びますね。

ニッセイ外国株式インデックスファンドについての考察
ニッセイ外国株式インデックスファンドといえば、信託報酬が低く、個人投資家の間でも人気のある評判の良い投資信託です。 投信ブロガーが選ぶ...

関連記事 ニッセイ外国株式インデックスファンドについての考察

日本株を対象とするインデックスファンドを投資対象とするなら、ニッセイTOPIXオープンがいいですね。

確定拠出年金はどこで口座開設する?

ネット証券の確定拠出年金で、今回紹介したニッセイ外国株式インデックスファンドやニッセイTOPIXオープン、ひふみ年金の全てを扱っているのはSBI証券しかありません。

新たに個人型確定拠出年金に加入するなら、SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)がオススメです。

手数料のことも考慮すると、楽天証券 確定拠出年金も捨てがたいですけどね。

楽天証券で確定拠出年金口座を開設するなら、セゾン投信やたわらシリーズの積立ができますよ。

楽天証券とSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)を比較!どちらがおすすめか?
2017年1月からは公務員、専業主婦の方、企業年金のある会社員(ただし、条件あり※)も確定拠出年金に加入できるようになって注目されているよう...

関連記事 楽天証券とSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)の違い

個人型確定拠出年金(iDeCo)でどのような投資信託を選ぶのかは、好みの問題なので自分が良いと思った投信を積立でいくことが大事だと思います。
参考 SBI証券、楽天証券、ひふみ投信に興味のある方は、まずは資料請求から。

 SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 楽天証券 確定拠出年金

 月々1万円からの資産形成ひふみ投信

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA