FXでスワップ投資は儲かるのか? – 長期投資でのんびり資産運用

FXでスワップ投資は儲かるのか?

個人投資家に人気があると思われるFXですが、リーマンショック前はスワップ投資というものが流行っていた時期がありました。

高金利通貨を低レバレッジで買って、保有しておくというもの。

保有している間はチャリンチャリンと毎日のようにスワップ金利が受け取れるのです。

もう10年ほど前のことなので、あまり覚えていないけれども生活費をスワップで補っていた人もいたようでした。

その後、リーマンショックが発生して超絶円高に!!

残念なことに多くのスワップ投資家のブログの更新が止まってしまいました。

買値にもよるのだろうけれども、レバレッジ3倍とかでもロスカットされていた人もいたようっでした。

あの時に思ったのが、やっぱりレバレッジをかけた取引はFXに関わらず、株式の信用取引なども怖いなということです。

スポンサーリンク

10年間ほぼ右肩下がりの怖いチャート

ドル円やユーロ円などの先進国通貨ではなく、新興国通貨はちょっとしたことで為替が乱高下します。

中でも最近、個人投資家に人気があると思われるトルコリラ円のチャートが悲惨なことになってるのですよ。

出典元:楽天証券

このチャート、怖すぎです。

スワップを得ることを目的とするなら、継続保有しているはずです。

もし、10年前にトルコリラを買って持ちっぱなしにしておくと悲惨な結果になっているでしょう。

高値が100円くらいで、最近は30円を割りました。

約3分の1になってます。

ということは、私が過去に損失率で最悪の結果を出した個別株と同じくらいトルコリラも値下がりしているのです。

関連記事 株式投資での苦い損切り経験、半値八掛け二割引以下になった株

しかもFXは通常はレバレッジをかけて取引を行うもの。

レバレッジが高くなればなるほど含み損は雪だるま式に増えていきます。

怖いですね。

トルコの政策金利

トルコリラが個人投資家に人気があるのは、おそらくスワップ金利が高いからでしょう。

ゼロ金利の日本と比べれば雲泥の差というのが、下記のグラフを見てもわかります。

出典元:外為ドットコム

これだけ政策金利が高いと、スワップも増えます。

現在の1日あたりのスワップどれくらいなのでしょうか?2017/1/11付のスワップ金利を見てみると、

  • 115円(ヒロセ通商)
  • 72円(SBI FX)
  • 68円(楽天証券FX)

という感じになってます。

FX会社によってもスワップ金利は全然違うし、スプレッドも違います。

1万トルコリラ保有でもらえるスワップ金利

1トルコリラが30円だと仮定すると、1万通貨だと30万円必要。

スワップ金利は日々変わるものだけど、仮に70円固定でもらえるとすると1年間で25550円になります。

利回りで考えると8.5%になります。

これがレバレッジ2倍で取引すると、1年間で受け取るスワップ金利は51100円で利回りは17%に。

利回りだけで考えると、とても魅力的です。

個別株への投資では配当利回りが8%超えてるなんてことは、まずないですから。

だけど、利回りに惑わされずにトルコリラなどの新興国通貨への投資は慎重に行った方がよいでしょうね。

まとめ

トルコリラのスワップ金利の利回りは確かに魅力的ではあるけれども、私は投資することはないかな。

FXはリスクが高いと思うし、やっぱり個別株投資が好きですから。

よく調べて納得して買った株を長期で保有して、のんびりと配当金をもらい続けるほうが私には合ってると思うし。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA